職場の先輩・後輩に出産祝いを贈る際に
知っておきたい最低限のマナー

お世話になっている人に子どもが産まれた際には、出産祝いとしてプレゼントを贈ります。人生において複数回お祝いするケースもありますが、「職場の先輩や後輩にどのように渡すべきかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、出産祝いを贈るときに知っておくべきマナーを解説します。プレゼントの選び方や相場について理解を深めることも可能です。職場に出産予定の方がいる場合は、なるべく早い段階からマナーをおさえておきましょう。

出産祝いにおすすめのカタログギフト「えらんで」▲ カタログのご購入はこちらから

職場の先輩・後輩に出産祝いを贈るうえで必要なマナー

「出産祝いに何を贈るべきか」を考える前に、まずは必要最低限のマナーを知ることが大切です。何気なく贈ったものに「常識がない」と思われたり、残念な気持ちにさせてしまったりするかもしれません。プレゼントの相場や贈る時期など、相手に喜んでもらえるように心がけましょう。出産祝いを贈るうえでのマナーを解説します。

出産祝いの相場を理解すること

職場の仲間に渡す出産祝いの相場は3,000円~1万円です。関係性によって大きく変動するため、仕事上どのくらいお世話になっているかを基準にすると決めやすいでしょう。

たとえば、直接的な業務のかかわりがなく、ともに過ごす時間が少ない場合は3,000円~5,000円が相場です。直属の上司にあたる方や、仲の良い同僚であれば5,000円~1万円の価格帯から選びます。

同僚と連名で贈る場合は、1人あたり2,000円~5,000円を相場とするとよいでしょう。一般的にはお返しを用意するケースが多いため、あまりに高額な商品は相手に気を使わせてしまいます。できれば1万円以下に抑えられると安心です。あくまでも相手の立場に配慮しながら金額を決めましょう。

職場の人に喜ばれるものを贈ること

気持ちを込めたプレゼントは何をもらってもうれしいものですが、出産祝いとしてふさわしい商品を贈ることも大切です。

さまざまなシーンで贈られるお菓子やタオルなどの商品よりは、スタイ(よだれかけ)、おくるみといったベビー用品のほうが活躍を期待できます。出産後は子ども優先の生活になるため、両親が使えるような商品を贈るのも喜ばれるでしょう。

育児のために一時的に休職する場合は、相手の不安をぬぐうメッセージを添えるのもおすすめです。自分自身が出産した立場を想像し、相手の気持ちに寄り添いながらメッセージを考えましょう。

周りの人と相談

職場全体に出産を報告している場合は、周りの先輩や後輩と相談してお祝いの用意を進めます。連名で贈る場合は、予算や商品の内容なども案を出し合って決めましょう。

出産経験がある方が職場にいる場合は、プレゼントも選びやすくなります。もらってうれしかったものをリストアップし、予算に合う商品を選ぶのもひとつの方法です。1人で贈る場合も、周りに相談してみると安心です。

家族や友人など、職場以外の方に相談するのもおすすめです。自分の親や祖父母には深い話まで聞きやすいため、「これは必要なかった……」と感じた商品も知ることができます。役立つ情報を複数集め、少しでも喜んでもらえるようなプレゼントを選びましょう。

贈る時期

出産祝いを贈る際、タイミングを考慮するのは重要なポイントです。生後1週間~1か月の間を目安に贈りましょう。報告を受けたあとはすぐにでも祝いたいものですが、母子の体調を優先しなければなりません。

プレゼントを贈る前に、あらかじめ「贈ってもよい状態かどうか」を確認することも大切です。母親や子どもの体調が優れないまま贈るのは避けましょう。相手側の希望であれば、生後1か月を過ぎてからでも問題ありません。

「予定日に贈りたい」という方もいますが、出産報告を受ける前から祝うのはマナー違反です。郵送・手渡しの方法を問わず、母子が健康であるとわかってから贈りましょう。

渡し方

出産祝いの渡し方は、郵送か手渡しのいずれかを選びます。自分が贈りやすいかどうかではなく、相手側の負担を少しでも減らせる方法を選びましょう。郵送の場合は、手続きを済ませる前に到着日と相手の予定を調整することも必要です。

手渡しの場合は、入院している病院または自宅に訪問して受け取ってもらいます。家族やほかの訪問者がいるケースもあるため、突然押しかけるのは好ましくありません。事前に日時を共有し、「体調が悪ければ連絡してほしい」という旨も伝えておくと安心です。訪問直前に体調が悪化した場合は無理をさせず別の日に改めましょう。

また、母子ともに周囲の環境に敏感になっている可能性があります。大きな声や音はストレスに感じるかもしれません。小さな子どもがいる方は、可能であれば連れて行かないほうがよいでしょう。

職場の先輩・後輩に贈る出産祝いの選び方

出産祝いの定番は多数あるものの、実際に喜んでもらえるのか不安に感じる方もいるでしょう。周りの方にも相談しながら候補を決めることが大切です。ここでは、職場の先輩や後輩に贈るプレゼントの選び方を解説します。

贈る相手の立場になって考えること

プレゼント選びでとくに重要なのは、受け取る側の気持ちに配慮することです。たとえば、性別が判明していない段階から女の子向け・男の子向けをはっきりさせるのはよくありません。部屋を圧迫するような大型の商品も迷惑になる可能性があるため、不安な方はあらかじめ確認しておくと安心です。

出産経験がある方は、プレゼントされてうれしかったものを基準に選ぶとよいでしょう。

贈る相手のニーズを把握

出産祝いでは、ベビーウェア、スタイ、おむつケーキなどの商品が人気です。これらは子どもの親だけでなく、子ども自身にもお祝いの気持ちを伝えられる商品といえるでしょう。母親を労うという目的であれば、大人用のルームウェアやアロマなども喜ばれます。

このように、「出産後は何が必要になるか」を考えて選ぶことも大切です。出産直後の家族のニーズを把握することで、適切な商品をピックアップできます。

出産祝いを贈った経験のある方に相談

「出産経験がなく何を贈るべきかわからない」という場合は、周囲の経験者に相談しましょう。出産を経験した方のなかには、友人や職場の仲間からプレゼントをもらったことがある方も多いでしょう。

実際に先輩や後輩に贈った経験がある方がいれば、より具体的なエピソードを聞くことができます。何を基準に選んだのか、どういったものであれば喜ばれるのかなど、なるべく詳しい情報を集めましょう。予算を伝えると相手もアドバイスしやすくなります。

通販サイトの売れ筋をチェック

出産祝いとして人気の商品を知るには、通販サイトを活用するのがおすすめです。商品単体だけでなく、出産祝いのギフトセットを販売しているケースもあります。ジャンルを絞って検索すると、人気の高い商品のなかから贈りたいものを選べるでしょう。

口コミの投稿がある場合は、よい評判・悪い評判どちらもチェックすることが大切です。どういった点が喜ばれているのか、何が不評なのかを理解して候補を絞りましょう。

最新のトレンドを把握

通販・実店舗を問わず、トレンドを把握しておきましょう。子育て世代に人気のブランドやメーカーをチェックするのがおすすめです。また、オシャレで人気のブランドからベビー用品やマタニティグッズが販売されていることもあります。

子育てに役立つ商品を贈るのであれば、実用性も重要なポイントです。使い勝手が悪いものやメンテナンスが面倒なものは活用頻度も減ってしまいます。トレンドを反映した商品かつ使いやすいものに焦点を当てて、相手や家族が喜んでくれるプレゼントを贈りましょう。

職場の人に贈る出産祝いに関してお店に問い合わせるのもポイント

商品に関して不明点や不安なことがある場合は、購入前に直接問い合わせることが大切です。とくにベビーウェアやスタイなど、子どもが身につけるものは健康状態にも影響する可能性があります。安心してお祝いができるよう、気になる点はすべて解決しておきましょう。

通販で購入する予定の方は、のし紙やギフトラッピングのサービス内容も確認しなければなりません。ラッピングがない場合は自分で包装し、のし紙には表書きを記載する必要があります。店舗側に問い合わせて、商品の到着後に何をするべきか把握しておくと安心です。

ハーモニックでは、出産祝いに適したカタログギフトを販売しています。ギフトラッピング・のし紙・挨拶状などの無料サービスも利用可能です。のし紙が不要な場合は、リボンのラッピングも選択できます。カタログギフトに関する質問もお気軽にお問い合わせください。

まとめ

職場の先輩・後輩に出産祝いを贈る際には、予算や贈るタイミングなどマナーを理解することが大切です。相手側の家族が不快な思いをせず喜んでもらうためにも、早い段階から知識を蓄えておきましょう。連名で贈る予定の方は、職場の仲間と相談して計画を立てることも大切です。

プレゼント選びは「何をもらったらうれしいのか」を考慮する必要があります。周囲の経験者にアドバイスをもらいながら素敵な商品を選びましょう。

「何がよいのかわからない……」という方にはカタログギフトがおすすめです。ハーモニックのカタログギフトは、価格別に5つのコースをご用意しています。掲載商品数は約180商品~約210商品と、幅広いジャンルを取り扱っている点も強みです。

子ども向けの商品だけでなく、家族で使える便利な商品・サービスも掲載しています。相手の状況に合わせて好きなものを選べるため、贈り主の負担も減らせるでしょう。出産祝いのプレゼントをお探しの方は、ぜひハーモニックのカタログギフトをご活用ください。

出産祝いにおすすめのカタログギフト「えらんで」▲ カタログのご購入はこちらから

出産祝い関連記事

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。ここでは兄弟や友人、職場の方へなどケース別の出産祝いの金額相場について紹介します。また、出産祝いを渡すときのマナーもあわせて知っておきましょう。

→記事を読む

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

出産祝いのお礼状の書き方と送るタイミングについて解説します。お礼状の書き方とともに内祝いの品を贈りたい人におすすめのギフトも紹介しますので、祝福してくれた人に言葉とギフトで感謝の気持ちを伝えましょう。

→記事を読む

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産のお祝いを贈る場合、どんなものを贈ればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、出産祝いで気をつけるべき常識やマナーを説明した上で、どんな品物がよく贈られ喜ばれているのかご紹介していきます。

→記事を読む

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

この記事では、出産祝いの正しいのしの書き方を解説します。贈り主の人数で変わる名前の書き方など、マナーについて知ることも可能です。渡した相手に失礼のないよう、早い段階から理解を深めておきましょう。

→記事を読む

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しますので、相手に喜ばれるギフトを最適なタイミングで贈るための参考にしてください。

→記事を読む

出産祝いの記事一覧

出産祝いの記事一覧

「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「出産祝い」も紹介します。

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト

出産祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ