双子ちゃんへの特別な出産祝い!
プレゼント選びのポイントと人気商品を徹底紹介

 双子ちゃんへの特別な出産祝い!プレゼント選びのポイントと人気商品を徹底紹介

友人や親戚に双子が産まれたものの、赤ちゃんが二人となるとどんな出産祝いが喜ばれるかわからないという方もいるのではないでしょうか。双子用の色違いアイテムや、育児を楽にするアイテムは双子ママに喜ばれやすいギフトです。双子育児は大変なことも多いため、実生活に役立ったり、子育てを楽しめたりするようなアイテムを選びましょう。

この記事では、双子への出産祝いの相場、ギフトを選ぶポイント、人気の出産祝いギフト、出産祝いを現金で渡す際の注意点などについてご紹介します。

双子ちゃんへの出産祝いを選ぶポイント

双子への出産祝いは、一人への出産祝いとは異なる部分があるため注意が必要です。金額相場だけでなく、ギフトの場合は二人分を用意することになるため、双子用のアイテムを選ぶなど工夫してみましょう。また、双子育児をサポートするアイテムを選ぶという選択肢もあります。ここでは、双子への出産祝いの相場や、ギフト選びのポイントを解説します。

【ギフト選びのポイント1】出産祝いの相場は1人の時の1.5~2倍の間

  相場 双子の場合(1.5倍)
友人 5,000円~10,000円 7,500円~15,000円
甥 姪 7,500円~15,000円
10,000円~30,000円
7,500円~15,000円
7,500円~45,000円
30,000円~100,000円 50,000円~150,000円
兄弟 姉妹 7,500円~15,000円
10,000円~30,000円
15,000円~50,000円
会社
関係
(上司)
5,000円~10,000円 7,500円~15,000円
10,000円~15,000円
会社
関係
(同僚)
3,000円~10,000円 7,500円~15,000円
5,000円~15,000円
会社
関係
(部下)
3,000円~5,000円 7,500円~15,000円
5,000円~15,000円

男・男の場合

濃いブルーと薄いブルー、濃い緑と薄い緑などの同系色の濃淡での組み合わせがおすすめです。

男・女の場合

ピンクとブルーなど、男女それぞれ異なるカラーを選ぶとよいでしょう。異なるアイテムでも柄を揃えるといったリンクコーデも最近の注目です。

女・女の場合

赤とピンクなど女の子らしい暖色系カラーで揃えるのが適しています。最近はペールブルーやライトグリーンも上品さが出る色合いで人気です。

【ギフト選びのポイント2】全く同じ商品に名入れをする

出産祝いのギフトには、商品に名入れができるものがあります。同じ商品でも名前が入っていれば双子でも間違えることがないうえに、見た目の統一感も出るので双子ならではのギフトと喜ばれるでしょう。名入れができる商品の例としては、巾着袋、リュック、タオル、スタイ、ポンチョなどがあります。

産まれてからすぐに使えるもの、長く使えるものなど、使う時期なども考慮して選ぶとよいでしょう。

【ギフト選びのポイント3】ママの育児を助けるグッズも好評

出産祝いというと「赤ちゃんへのプレゼント」というイメージが強いかもしれません。しかし、ママが双子育児で使えるお助けアイテムを出産祝いとして贈ることもおすすめです。一度に二人を育てる双子育児は非常に大変で、ママへの負担も大きくなります。また、赤ちゃん向けのギフトばかりをもらっていた場合は、特に喜んでもらえるでしょう。

たとえば、双子用の授乳クッションや双子用のマザーズバッグなど、双子育児に特化したものがおすすめです。

双子ちゃんに贈る出産祝い。実用性・かわいさを兼ね備えた人気商品11選

双子ちゃんに贈る出産祝い。実用性・かわいさを兼ね備えた人気商品11選

出産祝いは、実用性に優れたものであったり、思い出として長く飾っておいたりできるアイテムを贈ることで、より相手に喜んでもらえます。双子の場合は、色違いや柄違いで揃えるなど、双子ならではのアイテムを選んでもよいでしょう。ここでは、双子におすすめの人気出産祝いアイテムについて解説します。

双子専用品も用意されている「おむつケーキ」

子育ての必需品であるおむつをケーキのようにデコレーションしたおむつケーキは、出産祝いに人気のアイテムです。最近のおむつケーキはおむつだけでなく、スタイやおもちゃなどのベビー用アイテムがついているなどギフトセット代わりになっているものも多いため、それだけでも十分に喜んでもらえます。

双子専用おむつケーキは、色違いのテディベアや、おしゃぶり、離乳食用スプーンなどが二つずつついているため、ひとつで二人分のギフトになります。ハンドタオル、ミトン、ソックスなどもセットになっているものもあり、産まれてすぐから活用できるアイテムが二つずつ揃えられて便利です。

双子・三つ子でも問題なし!色違い・ペアでかわいい「スタイ」

スタイは産まれて間もない時期から歩けるようになってからも活用できるため、たくさんあっても困らないアイテムです。よだれやミルク、離乳食などで汚れることも多く、洗い替えがあると重宝します。また、双子だけでなく三つ子などの多胎児への出産祝いとしても便利なギフトです。

たとえば、リバーシブルで使えるスタイは少し汚れても裏返して使えるだけでなく、柄によってファッションとのコーディネートも楽しめ、お揃いコーデも印象を変える装いも思いのままです。名入れができるスタイもあり、それぞれの赤ちゃんの名前を入れたオリジナルギフトとして喜ばれるでしょう。

双子ちゃんの出産祝いの定番「お揃い・ペアのベビー服(ロンパース)」

赤ちゃんは産まれて1ヶ月程度はほぼ外出しないことが多く、また生後3ヶ月程度までは検診や帰省などの用事がない限り外出の機会はそれほど多くありません。双子の場合は一人よりもさらに外出が大変になるため、お出かけできるまでに時間がかかることもあります。

洋服を贈るなら、外出が多くなる生後3か月ごろから着られる60センチ以上のベビー服を選ぶとよいでしょう。サイズだけでなく、着る時期にも注意しましょう。服と一緒にベビーソックスなどもセットにすると、トータルでそろえられてかわいらしい印象になります。

キャラ違い・色違いでかわいい「おくるみ」「バスタオル」

おくるみは、あると便利なアイテムのひとつです。寝ているときにかけてあげるだけでなく、肌寒い日にくるんだり、おむつを替える際のマットとして使ったり、ベビーカーの上からかけたりと、幅広い用途に利用できます。バスタオルも、お風呂上がりのみならず、プールや水遊び、タオルケット代わりにも使えます。

おくるみのギフトセットには同素材で作られたぬいぐるみが付いているものや、名入れできるものもあります。産まれた双子の性別によって、色を変えたり、違うぬいぐるみをチョイスしたりでき、双子ギフトにぴったりです。

双子だから2人一緒の特別な「手形・足形フォトフレーム」

フォトフレームやフォトアルバムなどのメモリアル系アイテムは、赤ちゃんの誕生を一生の思い出に残すことができるためおすすめです。特に双子の場合、産まれたときの両親の想いも一段と強いことも多く、形として残すことができ、飾ったり見返したりできるアイテムは喜ばれます。

インクなどでとった赤ちゃんの手形・足形を、彫刻してくれるコルクスタンドなどは出産祝いに定番の人気です。二人分の名前や産まれたときの体重・身長、誕生日なども入れられるものもあります。二人が写った写真とともに飾ることができるメモリアルグッズは双子の絆を感じさせる思い入れのあるギフトになるでしょう。

特別な2人に贈るおしゃれな「ベビーリング」

ベビーリングとは、赤ちゃんが産まれたことを祝って作る指輪です。赤ちゃんの指に入る小さなリングのことで、赤ちゃんの指にはめて写真を撮ったり、飾ったりして使います。

ネックレスに通して親が使ったり、子どもが大きくなったときに贈ったりすることもできるため、長く使えるアイテムです。双子の誕生記念としても、喜んでもらえるでしょう。

赤ちゃんのリングとはいえ、高級感のあるデザインが人気です。中には誕生石を組み込んだものもあり、4石タイプを選べば両親と双子の赤ちゃんの四人の誕生石を入れられます。多くのもので刻印を入れられるサービスがあるため、赤ちゃんの名前などを入れてプレゼントすることも可能です。

歩けるようになってからも使える「ベビーリュック」

ベビーリュックは産まれてすぐは使えませんがベビー時のおでかけにはもちろん、保育園などに通うようになってからも長く使えるアイテムです。1歳祝いでは一升餅をベビーリュックに入れて背負わせて使うこともあります。

ベビーアイテムは子どもが成長するとすぐに使えなくなってしまうものも多いため、長く使えるベビーリュックは重宝です。シンプルなデザインを選べば、どんなファッションにも合わせられます。双子の場合、色違いや柄違いで贈ってもよいでしょう。

2人の名前が一冊の本に入った「名入りの本」

本の中に赤ちゃんの名前が入ったり、誕生日や産まれた病院、体重や身長などを入れたりできる名入りの本は、思い出として長く取っておけるアイテムです。ある程度成長して字が読めるようになってから見せることで、子どもにも喜んでもらうことができ、親も産まれた日のことを振り返ることができます。二人で1冊ではなく、1冊ずつでもよいでしょう。

中には双子用のベビーブックもあり、そうしたものを選べば1冊の本の中に二人の名前を登場させることができます。自分が主人公の物語を紡ぐ名入りの本は、子どもの想像力を育てるギフトとして喜ばれるでしょう

2人で仲良く遊べる「おもちゃ」

ベビー用のおもちゃは、部屋の中で楽しく遊べるおすすめのギフトアイテムです。双子の場合はひとつのおもちゃを取り合うことにもなりかねないため、出産祝いとして贈る場合は同じものを二つプレゼントするか、二人で一緒に遊べるおもちゃを選ぶとよいでしょう。

すべり台とジャングルジムがセットになったおもちゃは、部屋で元気いっぱい遊べる双子にもってこいのおもちゃです。中には使わないときに畳んでコンパクトにできるジムもあり、ママにも子どもにも喜ばれるものもあります。サイズが大きいおもちゃを贈るときは、相手の住環境にも配慮しましょう。事前に贈ってもよいか確認するのがおすすめです。

必要な物はママが良く知っているから「カタログギフト」

産後は出産祝いをもらう機会が多いため、場合によってはすでにあるものを贈ってしまう可能性もあります。また、相手の状況や好みによっては使ってもらえないこともあるでしょう。カタログギフトならば、相手にとって本当に必要なものを選んでもらうことができます。相手のタイミングで注文できるため、双子育児で忙しいママへもおすすめです。

ハーモニックのカタログギフト「えらんで」は、出産祝い用のカタログギフトです。ダブルチョイス&トリプルチョイスコースの場合、1冊のカタログギフトから二つまたは三つの商品を選べます。双子用にひとつずつ選んだり、赤ちゃん用とママ用のアイテムを選んだりと、自由に組み合わせができるのもメリットです。

出産祝いで当社人気No.1! ベビーとママに贈る 選べるカタログギフト「えらんで」

出産祝いにおすすめのカタログ
えらんで
えらんで
全5コース
4,180円~35,640円 (税込・システム料込)
出産祝いの決定版!ベビーもママもうれしい選べる出産お祝いカタログギフト「えらんで」は、話題のブランドアイテムや定番のベビーアイテムがいっぱい!

離乳食に役立つ「ベビー食器」

離乳食が始まると、双子ちゃんの育児はさらに忙しくなるでしょう。双子の赤ちゃんの場合は、2人分のご飯を食べさせなくてはならないので倍の時間がかかります。そのため、ベビー食器を出産祝いに贈る場合は、時短にもつながるよう電子レンジ対応の食器がおすすめです。

また、赤ちゃんが自分で食べられるようになると、食器で遊んでしまうこともあります。赤ちゃんが遊んでいるうちに、食器ごとご飯をひっくり返してしまうなんてことも珍しくありません。ベビー食器の中には、お皿の裏に吸着パッドや吸着シートが付いていて、テーブルにくっ付けられる食器もあります。さらに、シリコン製の食器であれば割れる心配もないので出産祝いにぴったりです。

双子ママへの出産祝い!育児お助けアイテム4選

双子ママへの出産祝い 育児お助けアイテム4選

双子育児は一人の育児より時間や労力が必要です。育児に役立つアイテムは重宝するでしょう。ただし、すでに買い揃えている可能性や、デザインや機能などによっては好みに合わず使わない場合もあります。お助けアイテムを贈るときは事前に確認してから購入するとよいでしょう。ここでは、双子ママへの育児お助けアイテムについて紹介します。

双子ママを助ける画期的アイテム「双子用授乳枕」

双子の赤ちゃんに授乳をする場合、二人いっぺんに授乳させることも少なくないため、ママは大変です。姿勢を保つことが難しい、赤ちゃんが上手に飲んでくれないなど、一人の場合よりも授乳が難しくなってしまうこともあります。双子用授乳枕は、二人同時に授乳をさせやすい構造になっている優れものです。

双子に同時授乳を可能にする構造はママの腰や首への負担を軽減するほか、ポジションを安定させながら安心して授乳できます。タオルなどが入るポケットや、音がしないバックルなどが付いているものもあり、双子の出産祝いギフトに人気です。

2人一緒の抱っこは厳しいから「バウンサー」

泣き止まないときや眠ってほしいときなど、抱っこの代わりとなるバウンサーがあると便利です。バウンサーに乗せて揺らせておけば、赤ちゃんは気持ちよく眠りについてくれます。

双子育児で二人が同時にぐずり出すことはよくあることです。ぐずって暴れる二人を同時に抱っこすることは難しいため、そうしたときは一人ずつ順番になってしまいます。バウンサーに一人を乗せ、一人を抱っこしてそれぞれあやすことができるので、双子育児には強力な助っ人となるでしょう。バウンサーが2台あれば、同時に乗せてあやすことも可能です。

双子の出産祝いには電動タイプがおすすめです。スイングスピードを調整できるので、赤ちゃんの好みの揺れで心地よく眠りに導きます。

2人抱えての移動を可能にする「双子用ベビーキャリー」

日々のお買い物や乳児検診など、大人一人で双子赤ちゃんを連れて出かけるシチュエーションは少なくありません。ちょっとしたおでかけやベビーカーでは不便な場所にでかけるときに活躍するのが双子用のベビーキャリーです。

双子用ベビーキャリーは前で抱っこ、後ろでおんぶを同時にできます。ママの腰への負担を軽減するように前後のバランスを考えて作られているため、ママにも赤ちゃんにも優しい設計です。

ママと赤ちゃんのフィット感も抜群で赤ちゃんは安心できるので、家で使って抱っことおんぶで同時に寝かしつけにも重宝します。

2人分のベビー用品が入る「双子用マザーバッグ」

赤ちゃんグッズを入れられるマザーズバッグは、外出時に便利なアイテムです。通常のバッグよりもポケットが多い、収納力に優れているなどの特徴があります。

双子用に開発されたマザーズバッグは出産祝いギフトにぴったりです。哺乳瓶ポケット、おしゃぶりポーチ、おむつ替えマットなどが二人分付属しているなど、双子ママが使いやすい仕様になっています。また、重くなりがちなので専用フックでバギーに取り付けることができるものやリュックにできるものを選ぶと使い勝手もよく喜ばれるでしょう。

ギフトではなく現金を渡す場合

ギフトではなく現金を渡す場合

双子への出産祝いとして、ギフトではなく現金にすることもあるでしょう。何を贈ればよいかわからない場合や、すでに子どもがいて基本的なベビーアイテムは揃っているなどの場合、現金のほうが喜ばれることもあります。ここでは、出産祝いを現金で贈る際に注意したいことについて解説します。

ギフトは別々に、ご祝儀袋は1つにするのが良い

双子の出産祝いは現金を入れるご祝儀袋は二つではなく、ひとつにまとめましょう。出産祝いは赤ちゃんに向けて贈るものではなく、赤ちゃんが産まれた家庭に対して贈るものだからです。赤ちゃんが双子であっても家庭に贈るというかたちであるため、ご祝儀袋はひとつになります。

一方、ギフトはものによっては二つに分けて贈ります。セット商品や二人にひとつのものを贈るなどでない場合は、ラッピングを別々にして渡してもよいでしょう。

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋は、筆ペンか毛筆を使用して書きます。水引の上に「御祝」「御出産御祝」などと表書きを書き、水引の下にはフルネームで自分の名前を書きます。名前は、表書きよりもやや小さめに記入しましょう。友人同士や会社の同僚で二人、三人でまとめて渡す場合は、右から五十音順で書きます。四人以上の場合は「〇〇一同」とし、会社名などを入れます。

現金を入れる中袋には、表面の中央に包んだ金額を「壱」「萬」といった大字で書き、裏面に自分の名前と住所を記入しましょう。

ご祝儀袋へのお金の入れ方

ご祝儀袋へ包む現金は、新札を用意します。銀行や郵便局などで交換してもらえるため、事前に準備しておきましょう。お札は中袋の表側から見て、上に肖像画の人物が来るように入れます。

出産祝いなどのお祝いでは、「2で割ることができる数字」は縁起が悪いとされているため、偶数を包むのは避けましょう。何らかの事情で20,000円を贈る場合、10,000円札1枚と5,000円札2枚にするなど、枚数が奇数になるよう工夫します。

「4」や「9」といった忌み数も避けましょう。複数人で連名の場合も合計額が偶数や忌み数にならないようにまとめることが大切です。

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いを渡すタイミング

出産祝いは、出産後1週間から1か月ほどで渡すのが一般的です。出産の報告を受けたら、早めに渡せるように準備しておきましょう。産後は身体の疲れや慣れない双子育児で忙しくしていることも多いため、必ずしも直接会って渡す必要はありません。


里帰りで自宅にいないこともあるため、出産祝いを贈る場合は相手の都合を確認してからのほうが望ましいでしょう。また、早産などで赤ちゃんがNICUなどに入っている場合は、退院後に出産祝いを贈るようにしましょう。

双子ちゃんの出産祝いに添えたいメッセージ文例

双子ちゃんの出産祝いに添えたいメッセージ文例

双子ちゃんに限った話ではありませんが、出産祝いのメッセージにはいくつかのマナーがあります。出産後のママの体は、出産の疲れやなかなか眠れない環境でストレスを抱えているはず。そのため、相手の負担にならないようなメッセージを心がけることが大切です。

ここからは、双子ちゃんの出産祝いに添えたいメッセージのマナーやメッセージ文例を紹介します。

出産祝いのメッセージマナーとは?

出産祝いを贈る際は、まず赤ちゃんとママの健康状態を確認することが大切です。出産は、何が起こるかわかりません。無事に出産したかどうか、相手からの連絡を待ちましょう。母子ともに健康であることがわかったら、1週間から1ヶ月くらいのタイミングで出産祝いのメッセージを贈ります。

産後のママは、体力が低下していることもあるので長文のメッセージは控えましょう。お祝いの気持ちを簡潔にまとめると、産後のママにも読みやすいメッセージになります。

さらに、出産祝いのメッセージを作成する際は「失う」「苦しい」「流れる」「折れる」「消える」といった不吉な事柄を連想させる忌み言葉を使わないよう、注意が必要です。

【メッセージ文例】双子ちゃんの出産祝い

双子ちゃんの誕生は、一度に2人の赤ちゃんに会えるため喜びも2倍です。そんなお祝いの気持ちをメッセージにして伝えたいですよね。しかし、どのようなお祝いメッセージを贈ったらよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

ここでは、双子の赤ちゃんを出産した友達や親戚、会社の上司などに贈るお祝いメッセージの文例を紹介します。

友達・友人

赤ちゃんの誕生おめでとう!そして、出産お疲れさまでした。妊娠中、2人の命をお腹の中で守ってきた〇〇(相手の名前)、本当によく頑張ったね。大変だった分だけ、これからはたくさんの幸せが待っているね。落ち着いたら遊びに行くから、連絡ちょうだいね。赤ちゃんたちに会える日を心待ちにしています。

この度はご出産おめでとうございます。子どもの頃から「お母さんになるのが夢」だと言っていた〇〇(相手の名前)!念願叶ってかわいい赤ちゃんのお母さんになれたね。しかも、一気に2人のお母さんだなんて!双子だと初めて聞いたときは、本当にビックリしました。でも、〇〇がお母さんなら、きっと明るく楽しい家庭になるだろうね。赤ちゃんたちの健やかな成長を心から願っています。

親族(兄弟・姉妹)

〇〇(相手の名前)、出産おめでとう。とうとう私も叔母さんになっちゃったよ!でも、赤ちゃんたちには「叔母さん」ではなく「〇〇ちゃん(自分の名前)」と呼ばせたいと思っているのでよろしくね(笑)。一気に2人のママになった〇〇、これから大変だと思うけど何でも手伝うから連絡ちょうだいね。

双子ちゃんの誕生、おめでとうございます。赤ちゃんの写真を送ってくれてありがとう!あまりのかわいさに、写真を見ながらニヤニヤしてしまいました。まだまだ本調子でないと思うけど、自分の体調に気をつけながら育児を楽しんでください。家族仲良く、笑いの絶えない明るい家庭を築いてくださいね!今度遊びに行きます。

目上の方(会社の上司・先輩)

〇〇様(相手の名前)、この度はご出産おめでとうございます。妊娠中、大きなお腹で〇〇さんが頑張っているのを見て、いつも陰ながら応援していました。本当にお疲れさまでした。これから先も育児は続きますが、私にできることがあったら何でも声をかけてくださいね。またお会いできる日を楽しみにしています。

双子の赤ちゃんを出産されたと聞きました。ご出産おめでとうございます。そして、お疲れさまでした。体調はいかがでしょうか。まだまだ体力が元に戻らない時期だと思います。赤ちゃんのお世話でなかなか難しいとは思いますが、休めるときに休んでくださいね。そして、栄養をしっかり摂って育児を楽しんでください。ご家族皆さんの健康とご多幸をお祈り申し上げます。

双子ちゃんへ贈る出産祝いは相手の状況にあわせて選ぼう

双子ちゃんへ贈る出産祝いは相手の状況にあわせて選ぼう

双子ちゃんに贈る出産祝いのプレゼントは、相手の置かれた状況によって喜ばれるアイテムが違います。そのため、相手との関係性によっては直接欲しい物を聞いてから贈るのもひとつの方法です。

しかし、会社の先輩や上司、あまり親しくない親戚など欲しい物を聞きづらい関係性の方もいるでしょう。そのような人たちに出産祝いを贈るなら、カタログギフトがおすすめです。

ハーモニックには、出産祝いに特化したカタログや、ギフトを2つ選べるコースなどさまざまなカタログギフトが揃っています。双子の出産祝いを贈るなら、ぜひハーモニックのカタログギフトをご検討ください。


▼ カタログギフトのハーモニック ▼
 カタログギフトのハーモニック

更新日:

新サービス登場! お急ぎ便 AM8時までのご注文で当日発送
メルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGETメルマガ登録で最大1,000円OFFクーポンGET
この記事を書いた人ハーモニックハーモニック編集部
「人と人の間に立ち、思いやりや感謝の気持ちをつなぐ。」というミッションの下、ギフトを贈る時に役立つ便利な情報を発信しています。
記事の内容は、20年以上、お客様のギフトに関する質問にお答えしてきた専門スタッフが監修しています。ぜひ、贈り物の参考にしてみてください。

出産祝い関連記事

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。ここで...

→記事を読む

出産祝いのお礼をメールで返信してもいい?お礼状の例文も紹介

出産祝いのお礼をメールで返信してもいい?お礼状の例文も紹介

出産祝いをいただいたらお礼状を添えてお返しを贈ることが一般的ですが、書き方がわからない方もいるのではないでしょうか。実際にお礼状には送るときに気を付けたいマナーがあります。そこ...

→記事を読む

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

親族や友人などが出産したときに喜びの気持ちを込めて贈る出産祝い。どんなものを贈ればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、金額やお札の枚数といった気をつけるべき...

→記事を読む

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

この記事では、出産祝いの正しいのしの書き方を解説します。贈り主の人数で変わる名前の書き方など、マナーについて知ることも可能です。渡した相手に失礼のないよう、早い段階から理解を深...

→記事を読む

出産祝いはいつまでに贈ればいい?選び方や渡し方のマナーもご紹介!

出産祝いはいつまでに贈ればいい?選び方や渡し方のマナーもご紹介!

赤ちゃんが産まれた時に贈る「出産祝い」。渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しま...

→記事を読む

出産祝いの記事一覧

出産祝いの記事一覧

「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマ...

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト

出産祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ

3,000円前後

4,000円前後

5,000円前後

6,000~7,000円

8,000~9,000円

10,000~20,000円

30,000~50,000円

50,000円~

ページ
上部へ