出産祝いで商品券を贈る前に必読!
商品券よりも喜ばれる代替案とは?

出産祝いで商品券を贈る前に必読!商品券よりも喜ばれる代替案とは?

商品券は、お祝い用のギフトとして定番の商品となっているものです。そんな中、親戚や友達への出産祝いに代えて、商品券を贈ろうと考えている方もいるかもしれません。

しかし、出産祝いに代えて商品券を贈る際におけるマナーがわからないという方もいるのではないでしょうか。商品券以外のギフトもあわせて検討したいと考えている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、出産祝いで商品券を送る場合のメリットとデメリットを整理した上で、商品券の代替ギフト案もご紹介します。

出産祝いに商品券を贈るメリット

出産祝いに商品券を贈るメリット

出産祝いではベビー服やおもちゃなどが人気ですが、親や親戚からは現金を贈ることも少なくありませんし、商品券を贈ることもマナー違反ではありません。では、出産祝いに商品券を贈るメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

相手が好きなものを選べる

商品券を贈るメリットとして、相手が好きなものを選べるということが挙げられます。贈り手が自分で出産祝いを選んだ場合、相手がすでに持っているものや使う予定がないものを贈ってしまうおそれもあります。商品券であれば相手がほしいものを買うことができるため、そのような事態を避けられます。

また、産後はなにかと忙しく相手がお祝いを細かくチェックする時間がない場合もあります。低月齢の赤ちゃんが主に使うようなものを贈ると「気付いたら使える時期が過ぎてしまっていた」ということにもなりかねません。商品券は自分のタイミングで使えるため、子育て中の相手への気遣いにもなるでしょう。

相手の好みが分からないときに便利

商品券は相手の好みにかかわらず贈れるため、相手の迷惑になることが少ないというメリットもあります。

友人など親しい間柄の方に贈るのであれば好みやニーズを知っていることも多く、失敗するリスクは低いでしょう。一方、会社の同僚や取引先といったプライベートを詳しく知らない方に贈る場合、好みがわからず見当違いのものを贈ってしまうおそれがあります。

商品券は使用できる店舗であれば現金とほぼ同様に利用できるため、相手を困らせずに済みます。好みに合わない品物で相手をがっかりさせることもありませんので無難な贈り物ともいえるでしょう。

相手の居住スペースを圧迫しないこと

贈りものをする場合、贈る相手の居住スペースを圧迫するのではないかと、心配になるかもしれません。特に大型の贈りものをする場合は気になってしまう点でもあります。

しかし、出産祝いに代えて商品券を送る場合では、贈りたい相手の保管場所などのスペースを心配する必要はありません。封筒に入れて引き出しなどに簡単に保管できる品のため、受け取った側の負担は少ないといえるでしょう。

たくさんの贈りもので生活の邪魔にならないか心配なときや、相手の家が狭いことがわかっている場合などは商品券を贈ってみることを検討するのもおすすめです。

出産祝いに商品券を贈るデメリット

出産祝いに商品券を贈るデメリット

出産祝いとして商品券を贈ることには「相手が好きなものを選べる」「好みがわからなくても贈れる」といったメリットがあります。現金と同じように利用できるので、商品券は実用的な贈り物といえるでしょう。

しかし、相手の性格によっては「品物のほうがよかった」と思われてしまうなどといったデメリットもあります。ここでは、出産祝いで商品券を贈るデメリットについて詳しくみていきましょう。

心がこもっていないと思われる可能性があること

商品券を利用できる店舗では商品券を現金と同様に使えるということもあり、「現金を渡される感覚に近い」と考える方や「品物をきちんと選んでもらえなかった」と思う方もいます。商品券の出産祝いは、このようなとらえ方をする相手に「心がこもっていない」と冷たい印象を与えてしまうおそれがあります。

子どもが産まれて大きな喜びを感じている相手にとっては、心をこめて選んでくれた品物のほうがうれしいと感じる方もいます。たとえ同じ金額でも、商品券よりギフトのほうがよいと考える方もいるという点を心に留めておくとよいでしょう。

利用できる場所が限られていること

商品券には多くの店舗で利用できるものもあれば、それほど多くの店舗で使えるわけではないものもあります。いずれにしても、近隣に利用できる店舗がなければせっかくの商品券を上手に活用できないかもしれません。

また、普段あまり利用しない店舗の商品券だと相手を困らせてしまうこともあります。お住まいの地域やライフスタイルによっては、商品券があまり喜ばれないこともあるという点に注意が必要でしょう。

相手に嬉しいと感じてもらいたい方へ!出産祝いにおすすめの代替案ベスト7

出産祝いに商品券を贈るメリット

出産祝いとして、商品券ではなく心を込めた贈りものを贈りたいと考えている方もいるかもしれません。しかし、実際に贈るとなると、どのようなものを贈ればよいのか迷ってしまうこともあります。ここでは出産祝いとしておすすめの贈りものを7種類紹介しますので、商品券以外のものを贈りたいと思っている方はぜひ参考にしてみましょう。

1位:えらんで きらきらコース

1位:えらんで きらきらコース

えらんで きらきらコースとは、ハーモニックが提供している出産祝い用のカタログギフトのひとつです。出産祝いとして貰うとうれしいベビー用品や育児用品がそろっているので、贈りやすいカタログギフトといえるでしょう。

価格は3,800円なので、比較的手ごろな贈りものといえるかもしれません。受け取った方にとってもカタログから必要なものを選べるため、うれしいと感じるでしょう。何を贈ればいいのか検討がつかない方は、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

この商品が掲載のカタログギフト
出産祝い用カタログギフト「えらんで」きらきらコース
出産祝い用カタログギフト「えらんで」きらきらコース
3,800円(税抜)

2位:ミキハウス おむつケーキ 3段

ミキハウスのおむつケーキは、新生児用のおむつにタオルやラトル・スタイなどをセットにした出産祝い用のプレゼントです。メッセージカードやのし・ギフトボックスなども用意されているため、クオリティの高い贈りものになるでしょう。

おむつは赤ちゃんが産まれると必要になるアイテムなので、受け取る側が持て余すことはないと考えられます。実用的なものは喜ばれやすいので、ぜひ検討してみるのはいかがでしょうか。

3位:だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

だるまさんシリーズ「が・の・と」は、乳児向けの絵本として人気がある作品です。文章が少なく直感的に読める絵本なので、教育に役立つでしょう。一般的な出産祝いとはちょっと違った贈りものをしたいと考えている方は、一度チェックしてみるのがおすすめです。

絵本は長く使えるアイテムなので、きっと相手の心に残る贈りものになるでしょう。購入しやすい価格で販売されているので、予算が限られている場合にもおすすめです。

4位:えらんで わくわくコース

4位:えらんで わくわくコース

わくわくコースは、前述したきらきらコースと同様に、ハーモニックが提供しているカタログギフトです。価格は5,800円なので、予算に余裕がある場合に最適といえるでしょう。

ラインナップされている商品は新生児向けのベビーアイテムや育児用アイテム、タオルなどの日用品などさまざまです。受け取った方が必要に応じてアイテムを選べるので、きっと喜んでもらえるでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
出産祝い用カタログギフト「えらんで」わくわくコース
出産祝い用カタログギフト「えらんで」わくわくコース
5,800円(税抜)

5位:babybuba ベビーギフトセット

babybuba ベビーギフトセットは、ベビーローションと赤ちゃん向けのシャンプーのセットです。有機栽培にこだわった原料を使って製造しているため、安心して利用できるでしょう。

スキンケア成分や香り成分など、赤ちゃんが利用することを考えて成分を配合しています。プレゼント用のギフトボックスも用意されているので、手軽に贈れるでしょう。実用的なアイテムを贈りたいと考えている方におすすめです。

6位:ル・クルーゼ ベビー・ベアー・プレート・セット

赤ちゃんが産まれると、離乳食やおやつのために食器が必要になるものです。出産祝いとして赤ちゃん用の食器を贈るのもよいでしょう。出産前後の準備はしていても、その先は成長に応じて揃えていくことが一般的です。成長の過程で使えるアイテムは、喜ばれる商品のひとつでもあります。

そのなかでも特におすすめなのが、ル・クルーゼ ベビー・ベアー・プレート・セットです。クマの形をした食器なので、赤ちゃんもきっと喜んでくれるでしょう。食器は一度貰えば長く使えるアイテムなので、贈りものとして最適です。

7位:えらんで にこにこコース

7位:えらんで にこにこコース

ある程度のコストをかけてでも、高品質な贈りものをしたいと感じる方もいるかもしれません。そのような方におすすめのカタログギフトが、ハーモニックのにこにこコースです。

価格は10,800円と高めに設定されているものの、その価格に見合った高品質なベビーアイテムや雑貨が揃っているので、贈られた方も満足できるでしょう。特に親しい相手への出産祝いなど、品質重視のギフトを探している方におすすめです。

この商品が掲載のカタログギフト
出産祝い用カタログギフト「えらんで」にこにこコース
出産祝い用カタログギフト「えらんで」にこにこコース
10,800円(税抜)

出産祝いで商品券を友人などに贈る前に知っておきたい知識

出産祝いを贈るタイミング

出産祝いとして商品券を贈る場合には、覚えておきたいマナーがいくつかあります。最初に、出産祝いの適切なタイミングやメッセージカードの書き方など、押さえておくと便利な基本的なポイントを見ていきましょう。

初めて出産祝いを贈る方や、念のために基本的なマナーを確認したいという方は、ひととおり確認しておくことをおすすめします。

出産祝いを贈るタイミング

出産祝いを初めて贈る場合、いつ贈ればよいのか悩んでしまうかもしれません。一般的に出産祝いを贈るタイミングとして最適だといわれているのは、出産後2週間~3週間の間です。一般的には、出産後7日~1か月の間にお祝いをします。しかし、出産後は何かと忙しいため、少し落ち着いたと予想される2週間~3週間後がおすすめです。

いつ贈れば迷っている方は、出産から2週間~3週間後の余裕がある時期を考えて贈れば、相手への思いやりも伝わるでしょう。

のし袋の書き方

出産祝いを贈る場合には、「御祝」と書かれたのし袋を使うのがおすすめです。あらかじめ「御出産祝」と、印刷されているものを使っても問題はありません。一般的なお祝い用ののし袋として使われている、蝶結びの水引の品を選びましょう。

水引の上に「御祝」または「御出産祝」と記し、水引の下には自分の名前を記して贈ります。筆記用具は毛筆を使うのが基本なので、ボールペンやサインペンではなく筆ペンなどを利用して記入しましょう。

「寿」と記されているものや、結び切りの水引がついたものは出産祝いとして用いるには不適切なため、うっかり使わないように注意する必要があります。

メッセージカードの書き方

出産祝いを贈る際には、基本的にメッセージカードを添えるのがおすすめです。メッセージカードを書く際に覚えておくとよい重要なポイントもいくつかあるので、ここでチェックしておきましょう。

メッセージカードに書くのは「無事に出産できたことに対するお祝いの言葉」と「赤ちゃんの健やかな成長を願う言葉」がおすすめです。お祝いの場に渡すという前提を忘れずに、礼儀をわきまえたメッセージを贈りましょう。

手紙のように長い文章を書くのではなく、簡潔にメッセージを記入することも大切です。冗談などのお祝いの場に不適切な言葉を記入しないように注意します。

出産祝いの金額の目安

出産祝いの金額の目安

出産祝いにかける金額は相手と自分の関係、自分の年齢によって相場が変動します。一般的な出産祝いの相場をご紹介しますので参考にしてください。

・家族(兄弟姉妹など):10,000円以上
・親族(いとこ・甥・姪など)5,000〜10,000円程度
・友人:10,000円程度(共同で出産祝いを渡す場合は10,000〜30,000円程度)
・会社関係者・知人:3,000〜10,000円程度

品物を贈る場合も現金や商品券を贈る場合も上記の金額を目安に考えるとよいでしょう。相手との親しさの度合いや地域の習慣などによっては、多少異なっても問題ありません。ただし、相場と大きく異なる金額は相手によっては非常識だととらえられるケースもあるので避けたほうがよいでしょう。

まとめ

まとめ

この記事では、出産祝いとしてふさわしいギフトを選ぶ方法を見てきました。どのようなものを贈ればいいのか悩んだ場合には、商品券を選ぼうと思うかもしれませんが、出産祝いに最適なギフトにはさまざまなものがあります。

相手に喜んでもらえる出産祝いを贈るためにも、安易に商品券を選択するのではなく、自分が相手を想う気持ちを表現できるギフトを探すのがよいでしょう。

もし、それでも何を贈ればよいのかわからない場合は、相手が必要なものを選択できるカタログギフトがおすすめです。ハーモニックでは出産祝い用のカタログギフトとして、きらきらコース・わくわくコース・にこにこコースの3種類のカタログギフトを用意しています。

予算に応じて最適なプランを選べるので、ぜひカタログギフトをご検討ください。ほかにもアイテムを2つ選べるダブルチョイスコースや、3つ選べるトリプルチョイスコースも提供しています。特に親しい相手に送る場合は、こちらを検討してみるのもいいかもしれません。

▼ カタログのご購入はこちらから ▼出産祝いのカタログギフト

出産祝い関連記事

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

出産のお祝いを贈る場合、どのくらいの金額を贈ればいいか悩む人も多いのではないでしょうか。出産祝いの金額の相場は、贈る相手や自分の年齢、相手との関係によって変わってきます。ここでは兄弟や友人、職場の方へなどケース別の出産祝いの金額相場について紹介します。また、出産祝いを渡すときのマナーもあわせて知っておきましょう。

→記事を読む

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

【文例あり】出産祝いのお礼状の正しい書き方とマナーは?

出産祝いのお礼状の書き方と送るタイミングについて解説します。お礼状の書き方とともに内祝いの品を贈りたい人におすすめのギフトも紹介しますので、祝福してくれた人に言葉とギフトで感謝の気持ちを伝えましょう。

→記事を読む

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産祝いを贈る前に知っておきたいタブーとマナー

出産のお祝いを贈る場合、どんなものを贈ればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、出産祝いで気をつけるべき常識やマナーを説明した上で、どんな品物がよく贈られ喜ばれているのかご紹介していきます。

→記事を読む

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

出産祝いの「のし」はどうやって書く?正しいのしの書き方とマナー

この記事では、出産祝いの正しいのしの書き方を解説します。贈り主の人数で変わる名前の書き方など、マナーについて知ることも可能です。渡した相手に失礼のないよう、早い段階から理解を深めておきましょう。

→記事を読む

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝いを渡すタイミングや渡し方などといった出産祝いのマナーについて詳しく解説します。お祝いの品物選びで悩んでいる方におすすめのギフトもご紹介しますので、相手に喜ばれるギフトを最適なタイミングで贈るための参考にしてください。

→記事を読む

出産祝いの記事一覧

出産祝いの記事一覧

「出産祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「出産祝い」も紹介します。

→記事を読む

出産祝いに人気のカタログギフト

出産祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ