入学祝いで気を付けたい
「のし」の選び方と書き方・渡し方

知っておくべき「のし・水引」について

公式な贈り物にはのし紙や掛紙をかけましょう。慶事にはのしがついているのし紙を、弔辞にはのしがついていない掛紙を使います。のしや水引の有無や色、形などによって意味や用途が異なるため、入学祝いは慶事なので、のしをつけましょう。

水引にはいくつか種類があり、代表的なものに「蝶結び」と「結び切り」があります。蝶結びは何度も結ぶことができるため、繰り返しあってもよいことに使う結び方です。結び切りは片方を引いてもほどけないため、二度繰り返すことを望まないときに使います。

のし紙は入学祝いを受け取った際、品物より先に目にするものです。相手に気持ちよく受け取ってもらうためにも、マナーをしっかり覚えておきましょう。

「のし・水引」のマナー

入学は人生に何度もある喜ばしい慶事です。水引は蝶結びを選びましょう。赤と白が5本、もしくは7本結びのものを使います。のしは「縦長六角形」がついていることを確認しましょう。表書きには「御入学祝」や「祝御入学」などと記入します。名前は上段より少し小さな文字でフルネームを書きましょう。

現金を包むためにのし袋を使う場合は、金額によってグレードを変えます。10,000円以内であれば、封筒に水引が印刷されているものを使いましょう。20,000円以上であれば、水引が取り外せて、上包みと中袋が分かれるのし袋を選びます。

入学祝いのメッセージ文例集

ここでは、中学校の入学祝いを例として、親に向けたメッセージと子どもに向けたメッセージを紹介しましょう。

・子ども宛ての例

ご結婚おめでとうございます 心よりご祝福申し上げます

これからはお二人で 仕事に家庭生活に

さらなる飛躍をされますようお祈りいたします

・親宛ての例

この度は、○○君のご入学、おめでとうございます。

ご家族皆様、さぞお喜びのことでしょう。

部活に勉強にと充実した3年間を過ごせるよう、

これからも○○君の健やかな成長を心より願っております。

カタログギフトのハーモニック

▲カタログギフトのハーモニック公式サイト

入学祝い関連記事

入学祝いの贈り物の金額相場は?渡し方のマナーもご紹介

入学祝いの贈り物の金額相場は?渡し方のマナーもご紹介

入学祝いは、小学校や中学校などに入学した際に贈るお祝いです。しかし、入学といっても、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校とさまざまな段階があり、それぞれで子供の年齢も異なります。「子供の進学先によって金額は変えるべき?」「何を贈れば喜んでもらえるの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 この記事では、入学祝いの相場や贈り方など、関連するマナーをまとめてご紹介します。

→記事を読む

入学祝いのお礼状の書き方・例文を紹介

入学祝いのお礼状の書き方・例文を紹介

入学祝いをいただいたらお礼状を送りましょう。この記事では、入学祝いのお礼状の書き方や例文を紹介していきます。

→記事を読む

入学祝いのタブーとは?贈って良いもの、悪いものをご紹介

入学祝いのタブーとは?贈って良いもの、悪いものをご紹介

子どもの健やかな成長を願って贈る入学祝いにどんなものを贈れば良いか、迷う方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の年齢に合わせてよく贈られているアイテムをご紹介します。

→記事を読む

入学祝いを贈る時期とタイミングはいつが良い?

入学祝いを贈る時期とタイミングはいつが良い?

この記事では入学祝いを贈るタイミングについてご紹介します。

→記事を読む

入学祝いの記事一覧

入学祝いの記事一覧

「入学祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「入学祝い」も紹介します。

→記事を読む

入学祝いでよくあるご質問(FAQ)

入学祝いでよくあるご質問(FAQ)

「入学祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングなど、「入学祝い」でよくあるご質問(FAQ)をご紹介します。

→記事を読む

入学祝いに人気のカタログギフト

入学祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ