結婚祝いに現金を贈っても失礼にはあたらない?
知っておきたいマナーと相場

結婚祝いに現金を贈っても失礼にはあたらない?

友人や同僚が結婚するなら、何かお祝いを贈りたいと考える方もいるのではないでしょうか。その場合は、ご祝儀として現金を贈っても問題ありません。

この記事では、結婚祝いで現金を贈る際の相場やマナーについて詳しくご紹介します。現金を包む場合の相場や現金を贈るときの注意点を理解しておけば、相手に失礼のない形でお祝いが伝えられるでしょう。


▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

結婚祝いはいくら包む?気になる相場

結婚祝いはいくら包む?気になる相場

結婚式と一言でいっても、友人・親族・上司など関係性がさまざまでしょう。必ずしも関係者全員が挙式に招待されるとは限りませんし、都合によって参加できないこともあります。そのようなとき、お祝いとしていくら包めばよいのでしょうか。ここでは、挙式で渡すご祝儀ではなく、お祝いギフトとしての現金相場について解説します。

結婚祝いの相場は10,000円

一般的に、挙式に招待されていない場合の結婚祝いの相場は10,000円とされています。結婚式のご祝儀相場が30,000円とすると、3分の1です。ただし、自分の挙式にご祝儀をいただいた場合は、その額と同額を贈っても失礼にはなりません。

目上の方には10,000円以内がマナー

結婚祝いを贈る相手が上司や恩師など目上の方の場合、10,000円以内におさえるのがマナーです。目上の方に高額な現金を贈ることは失礼にあたる場合もあります。金額よりもお祝いの気持ちをしっかりと伝えることが大切です。

親しい相手には「気持ちよく出せる金額」でもOK

友人や親しい相手には、マナーやルールにとらわれすぎず、自分が気持ちよく出せる金額を贈りましょう。相手との関係性や自分の経済事情などを考えて、出したい金額を贈ります。

関連記事
結婚祝いプレゼント選び方のポイントとマナー おすすめギフト10選も併せて紹介
結婚祝いプレゼント選び方のポイントとマナー おすすめギフト10選も併せて紹介

結婚祝いに現金を贈るときの注意点

結婚祝いに現金を贈るときの注意点

結婚祝いに現金を贈る際には、ご祝儀袋の選び方や渡すタイミン・、郵送での送り方など注意したいことがいくつかあります。知らずに恥ずかしい思いをしないよう、確認しておきましょう。

表書きは「寿」を選ぶ

結婚祝いとして現金を贈る際には、結婚式などで使うご祝儀袋と同じものを使います。表書きは「寿」、結び切りの水引がついた袋を選びましょう。ご祝儀袋は包む金額の100分の1程度の価格のものを選ぶのがよいとされています。

社内で渡す場合は休憩時間に

会社の同僚や上司などに社内で渡す場合は、休憩時間や始業前・退社後に渡しましょう。結婚はあくまでもプライベートなイベントです。就労中に渡すのは、社会人として非常識と思われるので注意しましょう。

郵送の場合は現金書留を使う

結婚祝いは直接相手に渡すのが理想かもしれませんが、手渡しが難しい場合は郵送でもかまいません。その際には現金書留を使います。現金書留用の封筒は郵便局の窓口で購入が可能です。封筒に宛先など必要事項を書き、中にご祝儀袋を入れて送りましょう。

現金とギフト両方送ってもOK

「現金だけではそっけないかな」と感じる場合や、何か贈りたい品物がある場合は現金とギフトの両方を贈るのもおすすめです。贈られる側は、時間を割いてギフトを選んでくれたことにも喜びを感じるでしょう。

結婚祝いに現金を贈るメリット

結婚祝いに現金を贈るメリット

結婚祝いとして現金を贈ることには、さまざまなメリットがあります。一番は相手の必要なもの、好きなものにお金を使ってもらえることです。贈る側が不安なく贈れるという点でも、現金は安心です。

好みが分からなくても安心

結婚祝いにギフトを贈ろうと思っても、何を贈ろうか迷う方もいるでしょう。相手の好みに確信がない限り、不安はつきものといえます。そのような場合、相手の自由に使ってもらえる現金はおすすめです。

ほかの人と被る心配がない

自分と同じように、相手に結婚祝いを贈る方はほかにもいるでしょう。現金であれば、ほかの人と被る心配がありません。相手にとって必要なものに使ってもらえます。

使い道が幅広い

結婚後はライフスタイルの変化によって何かと出費が重なりがちです。新居に必要な家具や電化製品などをそろえるのにも、お金が必要になります。現金を贈ることは相手の新生活を応援することになり、喜んでもらえるでしょう。

現金は失礼にあたりそうで不安……というときの対処法

現金は失礼にあたりそうで不安……というときの対処法

昔は上司に現金を渡すのはタブーとする風習があったことから、現金を贈るのに抵抗を感じる方もいるかもしれません。不安なときは周囲に相談してみましょう。商品券やカタログギフトを贈るのもおすすめです。

周囲に相談する

目上の方に贈る場合、まずは周囲に相談してみるのもひとつの方法です。贈る相手と同年代の方や、同じ地域に住む方に相談してみると考え方の傾向が分かるかもしれません。ほかにお祝いを贈った方がいる場合は、どのような形にしたか聞いてみましょう。

商品券などを贈る

「現金は生々しく感じてしまう」という場合には、商品券などを贈るのもよい選択です。百貨店などで使用できる商品券だけではなく、インターネットショッピングで使用できるギフトカードも多数販売されています。

カタログギフトを贈る

相手が欲しいものを自由に選べるカタログギフトは、現金とギフトのよいところを集めた商品です。欲しいものに使ってもらえる安心感、ギフト選びの楽しさを贈れます。最近では品物以外に温泉やエステなど、より自由なチョイスが可能です。

関連記事
結婚祝いプレゼント選び方のポイントとマナー おすすめギフト10選も併せて紹介
結婚祝いプレゼント選び方のポイントとマナー おすすめギフト10選も併せて紹介

まとめ

まとめ

結婚祝いとして現金を贈る際は、10,000円が目安です。同僚に渡すときは休憩時間にするなど、渡すタイミングをきちんと考慮しましょう。現金を贈ることに抵抗がある方にはカタログギフトがおすすめです。

ハーモニックのカタログギフトは、美食グルメから有名ブランドアイテム・温泉やレストランでの食事まで幅広い品ぞろえが特徴です。商品の質の高さにも定評があるため、安心して贈れるでしょう。価格帯も2,000円台~100,000円を超えるものまで用意しています。結婚祝いに迷った際はぜひご利用ください。

結婚祝いにおすすめのカタログ
テイク・ユア・チョイス
業界トップクラスのカタログギフト
「テイク・ユア・チョイス」
全16コース
2,800円~50,800円(税別)
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼
カタログギフトのハーモニック

結婚祝い関連記事

友人への結婚祝いの相場はどのくらい?

友人への結婚祝いの相場はどのくらい?

慶事でのマナー違反を避けるためにも一般的な相場を知ることが大切です。そこでこの記事では、結婚祝いの相場についてご紹介します。結婚祝いの形式やおすすめの贈り物についても解説します...

→記事を読む

結婚祝いには手紙を添えよう!送り先ごとの例文でわかりやすく書き方を解説

結婚祝いには手紙を添えよう!送り先ごとの例文でわかりやすく書き方を解説

結婚祝いの手紙は新郎新婦への祝福の気持ちを伝えることが大切です。相手ごとに書き方のポイントや例文を知っていると、よりお祝いの気持ちの伝わる手紙が書けるでしょう。この記事では、実...

→記事を読む

結婚祝いを渡す際のマナーは?おすすめのプレゼントも紹介します!

結婚祝いを渡す際のマナーは?おすすめのプレゼントも紹介します!

友人や同僚の結婚に際して、特に親しくしている相手にはご祝儀以外にもプレゼントを用意したいという方もいるのではないでしょうか。この記事では結婚祝いを贈ろうと考えている方に向けて、...

→記事を読む

結婚祝いの「のし」書き方のポイント

結婚祝いの「のし」書き方のポイント

結婚祝いを贈る際、のしをかける際の水引の色や本数、書き方なども正しい知識を身に付ける必要があります。 この記事では、結婚祝いの「のし」のポイントについてご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

結婚祝いを贈る時期は?マナーを知って失礼のないお返しを。

挙式する場合と挙式しない場合によって、贈るタイミングが異なるので注意しましょう。この記事では、結婚祝いを贈る時期についてご紹介します。

→記事を読む

結婚祝いの記事一覧

結婚祝いの記事一覧

「結婚祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗(のし)のマナー、金額の相場など基本のマ...

→記事を読む

結婚祝いに人気のカタログギフト

結婚祝いに人気のカタログを価格帯から選ぶ