1. カタログギフトのハーモニック
  2.  >  結婚祝い
  3.  >  結婚祝いのマナー
  4.  >  結婚祝いを職場の人に贈るときの選び方・相場は?

結婚祝いを職場の人に贈るときの選び方・相場は?

職場の人の結婚が決まったら何かお祝いをしたいものです。普段お世話になっている分、よいものをプレゼントして盛大に結婚を祝いたいと考える人も多いのではないでしょうか。結婚祝いの相場や避けたほうがよい品を知っていると相手に失礼なく贈ることができ安心です。

この記事では、結婚祝いを職場の人に贈る場合の選ぶときに気を付けたいポイントや予算別、男女別のおすすめの品を紹介します。

職場の人への結婚祝いを選ぶ際のポイント

日ごろお世話になっている職場の人への結婚祝いは、マナーを守って喜ばれるものを選びましょう。結婚はどちらか片方ではなく、新郎新婦双方が主役のライフイベントです。二人が喜ぶものを贈ることができれば、自分に持たれる印象もよくなります。ここからは、職場の人への結婚祝いを選ぶ際のポイントを紹介しましょう。

夫婦ふたりとも使えるものを選ぶ

結婚祝いを選ぶときは、夫婦二人で使えるものを選ぶとよいでしょう。新郎新婦どちらか一方しか使えないものは避けたほうが無難です。職場でどちらかとしか知り合いでない場合もその人だけを対象とする贈りものは控えましょう。

ペアのグラスやお箸、夫婦茶碗などの一緒に使えるものを選ぶと喜ばれます。新郎新婦の中には、昔からいわれてきた結婚祝いのマナーを気にする人もいるかもしれません。特に食器は割れものであり、縁起が悪いと感じる人もいるので注意が必要です。食器を結婚祝いに贈る場合は、誤解が起きないように選んだ理由を本人に伝えるとよいでしょう。

すぐ使えるアイテムを選ぶ

結婚祝いは実用性が高く、新生活ですぐ使えるものが喜ばれます。使用頻度が低いものは、収納されて活用されにくいので避けたほうがよいでしょう。実用性の高さから、コーヒーメーカーなどのキッチン家電や高級タオルセットなどが喜ばれやすく人気です。

キッチン用品や家電など、日ごろの家事が楽しくなるような品を贈るのもおすすめです。鍋やホームベーカリーなどは、料理好きな新郎新婦に喜ばれます。新居での生活に向けて家電をそろえている二人には、掃除機や空気清浄機などが適しているでしょう。

できれば本人たちに欲しいものを聞いてみる

結婚祝いは本人たちが欲しいものを贈りたいと考える人も多いでしょう。何が欲しいか相手に聞くことで、新郎新婦のニーズを満たしやすくなります。「実用性の低いものは贈りたくない」と考える人にはぴったりの方法です。

自分がもらってうれしい品と相手がもらってうれしい品は違うこともあるでしょう。ニーズ重視で結婚祝いを贈ることができれば、失敗もしにくくなります。しかし、職場の中でも親密度の高い相手にのみ失礼にならない方法であることは忘れないようにしましょう。

職場の人に結婚祝いを贈るときの相場は?

結婚祝いを贈るときは、まず相場をチェックしましょう。贈りたいと思う品であっても、相場をあまりにも大きく上回ってしまうのはマナー違反になります。相手が用意する返礼品にも影響することなので注意しましょう。ここからは、職場の人の結婚祝いの相場について解説します。

3,000円~1万円程度が目安

職場の人への結婚祝いの相場は、3,000~10,000円です。式に参列するかしないかで金額も変わります。式に参列せず、挨拶程度のコミュニケーションをとるくらいの間柄であれば3,000円程度で十分でしょう。

式に参列しなくても、日ごろの感謝の気持ちを込めて結婚を祝いたいと考える場合もあります。そのようなときは、10,000円程度の現金または贈りものを渡しましょう。式に参列し、ご祝儀も包むのであれば5,000円程度が相手に失礼のない金額です。職場のほかの人との金額のバランスも見ながら調整することも忘れないようにしましょう。

連名にすると豪華なプレゼントを贈ることが可能

職場では複数の仲間と連名で結婚祝いを贈ることも少なくありません。お金を出し合い、ひとつプレゼントを贈ることで一人ずつが贈るよりも豪華な品をプレゼントしやすくなります。ただし、品物選びは人数が増えるほど自分の希望どおりのものが選ばれない可能性も高くなるので、これと思うものがある場合は単独で贈るほうが無難です。

職場の人の結婚祝いは、日ごろの感謝も込めてよいものを贈りたい場合は連名にして少し高めのプレゼントをするのもよいでしょう。結婚式に参列しご祝儀も包む場合、連名のプレゼント相場は10,000円程度が適しています。

職場の人への結婚祝いで避けたほうがよいプレゼント

職場の人への結婚祝いで避けたほうがよい品物も中にはあります。いい伝えやマナーを重視する人に贈る場合は特に注意しましょう。人によっては、結婚祝いにもらうと不快な気持ちになるものが異なることもあります。ここからは、結婚祝いに避けたほうがよいプレゼントを紹介します。    

刃物

刃物は結婚祝いに贈る品には向いていません。包丁やはさみといった刃物は「縁が切れる」ことをイメージしやすく、古くからタブーだといわれています。いい伝えやマナーを気にしない人にはよいかもしれませんが、気にするか分からない場合は避けたほうがよいでしょう。よいだろうと憶測で贈ってしまうと、非常識だと思われる可能性があります。

刃物を贈りたいときは相手のことを考えて候補に入れるかどうか判断しましょう。本人たちが包丁やはさみを希望するケースも最近は増えてきました。相手が刃物を結婚祝いに希望するのであれば、喜んでもらえるものを選んで贈りましょう。

ハンカチ

ハンカチは柄がきれいなものも多く、夫婦ペアのものを贈りやすいと考える人もいるでしょう。しかし、ハンカチは別れを連想させるものであり縁起が悪いといわれています。ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書き、縁を切るという意味につながります。いい伝えやマナーを気にするかどうかによって、判断したほうがよい品です。

不快感を持たれないためにも、本人たちが希望しない限りは贈らないようにします。どうしてもハンカチを贈りたい場合は、ほかのタイミングで渡すのが好ましいでしょう。

【予算別】職場の人へのおすすめの結婚祝い

職場の人に結婚祝いを贈るとなると、何を贈ればいいか分からないと悩む人も多くいるでしょう。ここからは、予算別に職場の人への結婚祝いにおすすめのものを紹介します。結婚祝いに人気のものを比較しながら選ぶ際のヒントを見つけて、喜ばれる品を贈りましょう。

予算5,000円までの場合

有名タオルブランドである「今治タオル」は、生活必需品であり新生活でもすぐ使えるためギフトとして喜ばれるでしょう。その中でも「至福タオル」は、金や銀の糸を使った落ち着いたデザインと極上の手触りが特徴です。縁起がよいとされる「幸せを呼ぶ鈴」も一緒に入っているので、結婚祝いの品にするにはぴったりです。

上質な木箱に入った「至福タオル」シリーズは見た目もおしゃれで高級感があり、贈りものとして最適です。予算5,000円以内のものにはフェイスタオル2枚入り3,300円(税込)などがあります。

おしゃれなキッチン用品が人気の「ブルーノ」のペアグラスも結婚祝いにはおすすめです。インテリアにこだわる新郎新婦の特別な日の食卓を華やかに演出します。約370ミリリットルのたっぷりサイズです。飲み口がゆるやかに広がっていて口当たりもよく、デザインだけでなく実用性を重視する人にも喜ばれるでしょう。

4色のカラー展開でペアギフトセットではピンク×グリーン、グレー×ネイビーの組み合わせから選ぶことが可能です。グラスの底部分はカラーステム入りでポップな雰囲気を楽しむこともできます。

「ウェッジウッド」の「フェスティビティ」マグは、シンプルで落ち着いたデザインが特徴です。豊穣のお祭りの際に使用される花綱をモチーフにした型押しが施されています。電子レンジにも使えるので温かい飲み物を飲むときも便利です。お手入れもしやすく、食洗機での使用も可能なのも魅力のひとつといえます。

日常使いのマグカップをおしゃれなおそろいのものにしたいと考える新郎新婦にプレゼントすれば大変喜ばれるでしょう。

予算1万円までの場合

料理好きな新郎新婦には、「ティファール」の鍋セットがおすすめです。新婚生活には新しいフライパンや鍋を買いそろえたいと考える夫婦も少なくありません。「ティファール」の鍋セットは、フライパンと鍋が9点セットになっています。

「ティファール」の鍋をセットで使用する最大のメリットは収納のしやすさです。取手の取り外しができ、料理の作り置きを入れた鍋はそのまま冷蔵庫で保存できます。蓋はつまみ部分が平らになるため、嵩張りにくく収納の場所を選びません。

結婚祝いに有名ブランドの洗練されたアイテムを選ぶなら「ティファニー」のカップセットもおすすめです。「プラチナブルー バンド カップ&ソーサー」はカップ上部と小皿の外枠に、ティファニーらしさ漂う上品なデザインが施されており、来客時に重宝します。

オンライン限定商品で、日本限定の商品であることも特徴です。限定商品など特別感のあるものが好きな夫婦に向けてこちらの商品を選べば、大変喜ばれるでしょう。

料理にこだわりがある新郎新婦には、キッチン家電を贈るのもおすすめです。ドイツの家電メーカー「ブラウン」のブレンダーは、潰す、こねる、混ぜるなど七つの作業ができます。スマートスピードテクノロジーを搭載しているため、好みの仕上がりに調節可能です。飛び散り防止機能も付いているので、片付けも楽に行うことができます。

毎日の夫婦の食事をこだわりながら楽しんでもらいたいなら、多機能のキッチンツール家電をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

【男女別】職場の人へのおすすめの結婚祝い

結婚祝いを贈る職場の人が女性か男性かによっても選ぶプレゼントは変わってきます。自分と同性か異性かによっても、プレゼントの選びやすさは違ってくるものです。ここからは、男女別に職場の人へのおすすめの結婚祝いを紹介します。男性向け、女性向けのプレゼントとはいえ、二人で楽しめるものを選ぶとよいでしょう。

女性の同僚の場合

結婚する職場の人が女性の場合は「ル クルーゼ」の鍋はいかがでしょうか。結婚を機に料理にチャレンジする女性も多くいます。人気ブランドの定番の鍋は使いやすく、料理初心者へのプレゼントにも最適です。

「ルクルーゼ」はサイズやカラーも豊富にそろっており、キッチンインテリアとしてもおしゃれで、料理するのを楽しくしてくれます。料理初心者にも料理好きにも対応できる定番の「シグニチャー ココット・ロンド」の20センチサイズがおすすめです。

女性には食べて楽しめるオシャレな洋菓子を贈るのもおすすめです。「ラデュレ」のマカロンは見た目も可愛く、ティータイムを贅沢に彩ります。「マリーアントワネット(マカロン12個入り)」は、可愛い花柄の箱にカラフルなマカロンが入った可愛らしい商品です。季節により、詰め合わせの内容は異なるので事前に確認しましょう。

結婚前のゆったりした時間を二人で楽しむときのお茶菓子として選ぶのも喜ばれるでしょう。また、お菓子のギフトセットは気軽なプレゼントとしても重宝です。

男性の同僚の場合

結婚する職場の人が男性の場合は、こだわりのあるアイテムが喜ばれます。ビールを最高の味わいで楽しめる「リーデル」のペアグラスは男性の探求心をくすぐるビールグラスです。二人でビールを飲む機会が多い夫婦に贈ると喜ばれでしょう。

グラスの下半分は波状のすぼまりのあるデザインで、ビールの濃密な泡と味わいを最後まで保ちます。日本限定販売グラスであることも特徴です。グラスのデザインもユニークなので、ほかの人と差をつけたいときに贈ってみてはいかがでしょうか。

男性の場合はお肉のプレゼントもおすすめです。すき焼弁当で有名な「今半」の肉ギフトは、化粧箱に入っていて特別感があります。結婚前の二人の特別なときの贅沢な食卓のメインディッシュとして贈るのも喜ばれるでしょう。

「黒毛和牛しゃぶしゃぶ用(化粧箱入り)」は赤みと霜降りのバランスもよく、約20日間熟成させた黒毛和牛の旨味を堪能できます。消費期限は4日間と短めなので、週末前など渡すタイミングを考えて贈りましょう。

まとめ

職場の人へ結婚祝いを贈る場合、新郎新婦のどちらか片方の人としか知り合いでないこともあります。しかし、結婚祝いは二人をお祝いするものです。新郎新婦に心から喜んでもらうためには、夫婦二人で使えるものを選ぶのがよいでしょう。

選び方のポイントや相場、マナーなど参考にしても、迷ってしまうこともあるかもしれません。そのようなときはカタログギフトがおすすめです。ハーモニックのカタログギフトは、生活雑貨やグルメ、体験型ギフトといったこだわりのあるギフトラインナップで、贈る側も贈られる側も満足のいく結婚祝いになるでしょう。

結婚祝いにおすすめのカタログ
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

結婚祝い関連記事

結婚祝いのプレゼント人気ランキング!
選ぶ際のポイントは?

家族や友人といった親しい人の結婚が決まったら、結婚祝いのプレゼント選びを始める人も多いのではないでしょうか。家電や小物、調理器具などプレゼント候補になるものが多く、…

→記事を読む

結婚祝いを渡す際のマナーは?
おすすめのプレゼントも紹介します!

友人や同僚の結婚に際して、特に親しくしている相手にはご祝儀以外にもプレゼントを用意したいという方もいるのではないでしょうか。しかしご祝儀とプレゼント両方を渡すとなると、…

→記事を読む

親戚の結婚祝いの相場と品物選びの方法

親戚が結婚することになりお祝いを贈りたいけれど、何を贈ればよいかわからないという人もいるのではないでしょうか。親戚の結婚祝いにはある程度の価格相場があるため、事前に…

→記事を読む

結婚祝いに人気のカタログギフト