1. カタログギフトのハーモニック
  2.  >  結婚祝い
  3.  >  結婚祝いのマナー
  4.  >  兄弟へ贈る結婚祝いとは?相場やおすすめのプレゼントを紹介

兄弟へ贈る結婚祝いとは?
相場やおすすめのプレゼントを紹介

幼いときから一緒に過ごしてきた兄弟が結婚するということは感慨深いものです。しかし、兄弟同士では「結婚祝いはどうすればよいのだろうか」と思う方もいるのではないでしょうか。

基本的には家族であっても結婚祝いを贈るのが一般的です。相場や贈るときのマナーを理解しておくことで、兄弟への結婚祝いを戸惑わずに用意できます。

そこでこの記事では、兄弟への結婚祝いの相場や、おすすめのプレゼントをご紹介します。

兄弟の結婚祝いに贈るおすすめのテーブルウェアとは?

食器は日常生活で使うものですから「あると便利なもの」として結婚祝いでも人気です。結婚をするとお互いの親戚が訪問したり友人がお祝いに来たりして来客が増えるため、特別なテーブルウェアがあると重宝します。自分たちではあまり買わないような上質なブランドの食器を結婚祝いで贈ると喜ばれるでしょう。ここでは兄弟の結婚祝いにおすすめのテーブルウェアを紹介します。

ケデップのプレートセット13ピース

「ケデップ」のプレートは一般的な磁器に比べ強度が2倍、熱衝撃強度が1.5倍と割れにくいのが特徴です。大きさや深さが違うプレートがセットになっているため、料理のメニューに合わせて使い分けができます。清潔感のある真っ白のプレートが料理を引き立てます。使い勝手のよいシンプルなテーブルウェアは、これから新生活を始める二人におすすめの結婚祝いです。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」ブッドレア
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。20,800円(税抜)

ダンスクのディナーセット30ピース

「ダンスク」はデンマーク王室御用達のトータルライフスタイルブランドです。材質にはステンレスを使用しているため、傷が付きにくく丈夫で長持ちします。シンプルながらも上品なリーフデザインにデザイナーのセンスを感じます。カトラリーは一度購入すると買い替える機会も少ないので、高級なものを結婚祝いに贈ると喜ばれるでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」セントポーリア
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。25,800円(税抜)

彩花鳥 組湯呑

夫婦お揃いのテーブルウェアは結婚祝いで人気があります。「彩花鳥」の湯呑セットは京都の京焼・清水焼の陶磁器です。京焼・清水焼は京都で江戸時代から続いており、経済産業省や京都府知事から伝統工芸品の指定を受けています。「彩花鳥」の湯呑は鮮やかな色彩と四季折々の花々の文様が特徴です。高級感があり、一生ものとして長く使えるでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」セントポーリア
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。25,800円(税抜)

兄弟の結婚祝いに贈るおすすめのキッチン用品とは?

キッチン用品は実用性が高く長く使えることから、結婚祝いの定番として人気があります。結婚を機に引っ越しをする夫婦も多いので、新居に映える新しいキッチン用品は喜ばれるでしょう。新生活は何かと忙しく、調理時間の短縮ができるキッチン用品があると便利です。ここでは兄弟の結婚祝いにおすすめのキッチン用品をご紹介します。

象印のマイコン炊飯ジャー

「象印」のマイコン炊飯ジャーは熱効率のよい厚窯がしっかりとお米に熱を伝えるため、芯までふっくらとしたご飯が炊きあがります。保温機能は「うるつや保温」と「高め保温」の2種類を搭載し、ご飯がカサカサにならずおいしい状態をキープできるのが特徴です。

コンパクトながら容量は一升炊きで、家族が増えても対応できます。実用的なキッチン家電は結婚祝いとしてもおすすめです。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」セントポーリア
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。25,800円(税抜)

タツヤ・カワゴエのキッチンツール8点セット

「タツヤ・カワゴエ」のキッチンツールは5種類の鍋と3種類のフライパンがセットになっており、あらゆる料理で活躍するでしょう。本体は熱伝導率のよいアルミ製で、熱がムラなく伝わるので料理がおいしく仕上がります。

内面はフッ素加工でお手入れがしやすく、ガス、IHの両方で使えるのもポイントです。料理好きな夫婦への結婚祝いにいかがでしょうか。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」セントポーリア
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。25,800円(税抜)

タイガーのブレンダー

「タイガー」のブレンダーは、まぜる、つぶす、おろす、刻む、泡立てる、の1台5役で毎日の料理に活躍します。材料に合わせて速度が変えられる5段階速度調節機能付きです。

ブレンダーがあれば時間がかかりがちなまな板作業を機械に任せられるので、料理の時短にも役立つでしょう。離乳食作りにも使えて、子どもが産まれてからも役立つアイテムです。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」セントポーリア
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。25,800円(税抜)

兄弟の結婚祝いに贈るおすすめのグルメとは?

グルメ商品は食べるとなくなる「消えもの」として人気のジャンルです。兄弟の好みはわかっても、兄弟の結婚相手の好みがわからず困ることもあるでしょう。グルメ食材であれば味付けや調理法である程度自分好みにできます。

グルメは商品数も多く、ほかの人とギフトが被っても「消えもの」ですから困ることはないでしょう。ここでは兄弟の結婚祝いにおすすめの高級グルメ商品を紹介します。

松阪牛

松阪牛は日本三大和牛のひとつで、きめ細かいサシと柔らかい肉質が特徴です。「肉の芸術品」とも呼ばれ、高級和牛ブランドとして人気があります。食べることが好きな夫婦へ、グルメ商品を贈れば2人の食事の時間がより楽しくなるでしょう。贅沢な気分を味わえる高級肉は結婚祝いにもおすすめです。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」ミモザ
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。12,800円(税抜)

姿ズワイガニ

カニは「金運が上がる」、脱皮を繰り返すことが「成長を暗示する」として縁起がよい食材のひとつです。なかでもズワイガニは身に甘味があり、濃厚なカニ味噌を堪能できます。水分が多く、火を通しても身がパサパサにならずにおいしく食べられます。夫婦二人で食べるのはもちろん、来客時のおもてなしとしても重宝するでしょう。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」ミモザ
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。12,800円(税抜)

とらふぐ料理セット

とらふぐはフグのなかでも高級店で扱うものとして人気です。鍋、刺身、唐揚げ、ひれ酒と食べ方のバリエーションも豊富で、夕食のおかずからお酒のおつまみまで幅広く楽しめます。賞味期間は冷凍で75日間あるため、量が多くても少しずつ食べられます。

「結婚の記念にふさわしい食べものを贈りたい」と考えるなら、高級食材の定番であるフグを贈ってはいかがでしょうか。

この商品が掲載のカタログギフト
結婚祝い用のカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」ミモザ
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。12,800円(税抜)

兄弟に結婚祝いを贈るタイミングとは?いつ渡す?

結婚祝いは「結婚式」に対してではなく「結婚」に対するお祝いのため、結婚式よりも前に渡すのが正式なマナーです。結婚が決まった段階、もしくは結婚式よりも入籍を先に行っていたらそのタイミングで渡すのがよいでしょう。

渡す日は六曜の吉凶に沿って「大安(たいあん)」もしくは「先勝(せんしょう)」「友引(ともびき)」を選びましょう。「仏滅(ぶつめつ)」「赤口(しゃっく)」「先負(せんぶ」は慶事のお祝いを避けるのが無難です。

兄弟への結婚祝いは一般的に手渡しで贈ります。離れて住んでいたり都合がつかなかったりして、結婚式までに会える日がなければ結婚式当日に渡すようにしましょう。

現金ではなく、ギフトを結婚祝いとして贈るときは結婚式当日を避けます。プレゼントの大きさ次第では帰りに荷物が増えて兄弟が困るかもしれません。ギフトを手渡しで贈るときはできるだけ結婚式の1週間前までに贈るようにして、結婚式に間に合わなければ式が終わって落ち着いたタイミングで贈ります。

兄弟に対して結婚祝いのプレゼントを贈る意味とは?

兄弟への結婚祝いには「結婚」に対するお祝いと、兄弟のパートナーへの挨拶の意味があります。結婚とは今まで他人だった二人が家族になるだけでなく、互いの家同士がつながりを持つことです。兄弟への結婚祝いには兄弟のパートナーに対して「これからよろしくおねがいします」という気持ちも込めて贈るようにします。

兄弟のパートナーは「義理の家族とうまくやっていけるだろうか」と不安に思っていることでしょう。結婚祝いをもらうことで相手から歓迎されたと感じ、安心できるかもしれません。兄弟へ結婚祝いのプレゼントを贈ることは互いの家族関係を良好に保つ役割もあるといえるでしょう。

兄弟へ結婚祝いやご祝儀を贈る際に気を付けることとは?

兄弟という比較的気を遣わない間柄であると、マナーについてそこまで深く考えない人もいるのではないでしょうか。しかし、兄弟への結婚祝いは夫婦二人に贈るもののため、兄弟のパートナーの気持ちも考えて贈る必要があります。

兄弟へ結婚祝いやご祝儀を贈る際にわからないことがあれば自己判断せず、家族やほかの兄弟に相談することも大切です。ここでは、兄弟へ結婚祝いやご祝儀を贈るときの注意点を解説します。

欲しい物のジャンルをあらかじめ確認しておく

結婚祝いでプレゼントを贈るときは先に欲しいものを確認することがおすすめです。兄弟であれば比較的気を遣わずに要望を聞き出せるでしょう。

何が欲しいか聞いても、具体的なものを答えてもらえないかもしれません。欲しいものを聞くときはいくつか候補を考えて、その中から選んでもらうという手もあります。家電、インテリア用品、家具、食べものといったようにジャンルをあげて、カテゴリーを絞っていくと欲しいものを聞き出しやすいでしょう。

プレゼントの金額の相場を知っておく

結婚祝いでプレゼントを贈るときは、ご祝儀とプレゼントの合計金額が相場の範囲内となるようにしましょう。ご祝儀の相場が50,000円であれば「ご祝儀が30,000円、プレゼントが20,000円」といったように金額を調整します。

プレゼントの金額の相場は、結婚式の有無で変わります。結婚式があって出席する場合は10,000円〜30,000円、欠席する場合は30,000円〜50,000円が目安です。結婚式をしない場合は、プレゼントの相場は30,000円〜50,000円となっています。

既にほかに結婚した兄弟がいるときは、予算を合わせて金額に差が出ないようにします。三人兄弟であれば、一人目の兄弟が30,000円であれば二人目が結婚したときも30,000円です。家族のなかで自分だけお祝いの金額が高すぎないか、安すぎないかも確認しておく必要があるでしょう。

ご祝儀とプレゼントを相場の範囲内でおさめようとすると、プレゼントの額が縁起の悪い数字となることもあります。ご祝儀と違い、プレゼントは金額の数字を気にする必要はありません。現金が縁起よい数字となるようにプレゼントの金額を考えましょう。

結婚祝いを贈るか贈らないかの判断基準を知っておく

兄弟の結婚祝いを贈るか贈らないかについては「未婚」「既婚」を基準に考えます。自身が未婚の場合は親と同一世帯とみなすため、個別にお祝いを用意しなくてもよいでしょう。自身が既婚者であれば、別の世帯としてお祝いを贈るのが一般的です。

未婚でも兄弟の結婚を喜ばしく思い「何か贈りたい」と思う人もいるでしょう。お祝いの気持ちがあれば現金ではなくプレゼントだけを贈る方法もあります。また、贈る側が20代であれば兄弟の結婚で相場以下のご祝儀を包んでもマナー違反ではありません。未婚でお祝いを贈るか贈らないか迷ったら、親やほかの兄弟とも相談して判断するとよいでしょう。

再婚の場合でも適切なご祝儀を渡すのが無難である

再婚の場合でも、一般的な相場の金額にするのがマナーです。お祝いは1回目も2回目も関係なく、同様にめでたいという考えがあるからです。
初婚のときは自身が独身で5万円を包み、再婚となったときに自身が既婚者になっていた場合は70,000円〜100,000円が相場となります。1回目のときよりも安くなるのはマナー違反の懸念がありますが、高くなるのは問題ありません。
家族間のご祝儀は一般的な相場に従わず、家庭内のルールを優先することもあります。家庭によっては「再婚ならお祝いの額を変える」ということもあるかもしれません。親やほかの兄弟がいくらのご祝儀を渡すのか相談してみましょう。
何度もご祝儀をいただくのは申し訳ないということで、再婚のときは結婚式をしなかったり、ご祝儀を辞退したりするケースもあります。兄弟が「ご祝儀は必要ない」といっていれば、お祝いの気持ちを込めてプレゼントを贈るのがおすすめです。

兄弟の結婚式におけるご祝儀の金額の相場とは?

結婚祝いのご祝儀の相場は贈る相手との関係性や自身の年齢、立場によって違います。「兄弟」といっても相場の金額に幅があるため「いくら包めばよいのだろうか」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

家族でルールを決めていればルールに則り、ほかの兄弟とのつり合いを考えて金額を決めましょう。ここでは兄弟の結婚式でのご祝儀の相場を解説します。

式に出席する場合

式に出席する場合、兄弟へのご祝儀の相場は未婚か既婚かによって変わるので注意が必要です。未婚の場合は学生か社会人で相場が違い、未婚の学生であればご祝儀は渡さなくていいこともあります。理由は学生であれば親の扶養に入っている場合が多く、親がご祝儀を出す場合は別で用意する必要がないという考えがあるからです。

未婚の社会人だと、ご祝儀の相場は50,000円です。既婚で妻と式に出席するときは70,000円〜100,000円が相場です。

式に出席しない場合

出席しないときは、結婚式でかかる食事と引き出物の費用を引いた金額を贈ります。披露宴の食事は一人あたり10,000円〜20,000円が相場です。引き出物は一人あたり5,000円程度かかるでしょう。自身が既婚で100,000円が相場だとすれば、式に欠席するときは70,000円〜80,000円を贈ります。

「80,000円では偶数になるので縁起が悪いのではないか」と思う人もいるかもしれません。数字の8に関しては末広がりで縁起がよいとしてご祝儀で贈っても喜ばれることもあります。

未婚の社会人では相場は50,000円となるため、式に欠席する場合は25,000円程度です。兄弟という比較的近い親族ならば、お祝いの気持ちを込めて30,000円にしてもよいでしょう。

ご祝儀の額において最優先すべきは家庭内のルール

兄弟へのご祝儀については家族間で話し合い、家庭のルールに従って金額を決めてもよいでしょう。兄弟がほかにもいると、兄弟間でご祝儀の金額が異なってしまうこともあります。あとでトラブルにならないように兄弟で金額を揃えたり、連名でご祝儀を贈ったりするのもおすすめです。

兄弟の年齢が離れていると、学生や社会人になったばかりで高額なご祝儀を用意できないこともあります。「学生の場合、ご祝儀はなくてもよい」「20代なら〇万円にする」といったルールを決めてもよいでしょう。

入籍のみで結婚式なしの兄弟に対するご祝儀や結婚祝いはどうすべき?

最近は結婚式を挙げず、入籍のみで済ます夫婦も珍しくありません。基本的には「結婚式がなくても兄弟であればご祝儀を用意する」と考えましょう。結婚式をしないときの金額は慎重に判断し、両家にわだかまりが残らないようにする配慮も必要です。ここでは兄弟が入籍のみだった場合の結婚祝いやご祝儀について解説します。

結婚式の有無に関わらずご祝儀は渡すべき

式の有無に関わらずご祝儀は用意しましょう。結婚式をしないときのご祝儀の金額については「相場の金額を贈る」と「減額して贈る」という二つのパターンがあります。

相場の金額を贈るのは「ご祝儀は『結婚』に対するお祝いのため減額しない」という考えからです。結婚式をしなくてもお祝いの気持ちは変わらないということで、式でかかる食事代や引き出物代は引かずに渡します。

減額するパターンでは「兄弟や兄弟のパートナーに気を遣わせる」という考えがあります。なかには「結婚式をしないからご祝儀は必要ない」と考える人もいるでしょう。兄弟がこのような考えを持っていれば50,000円や100,000円の高額なご祝儀を渡すと恐縮してしまうかもしれません。

ほかにも、義理の家族が結婚式をしなければご祝儀を減額することも考えられます。お互いの家族で金額を合わせるため、ご祝儀を減額する人もいるでしょう。結婚式をしない場合でもご祝儀は準備し、金額については家族で話し合って考えると安心です。

ご祝儀や結婚祝いを渡すタイミングについて

入籍のみで結婚式をしないときは、入籍を終えたタイミングで渡しましょう。基本的に本人に入籍の報告を受けてからご祝儀を渡すようにします。親やほかの兄弟から伝え聞いただけで、本人に聞かずにご祝儀や結婚祝いを渡すのはあまりよくないでしょう。

一般的に、贈る時期は入籍の報告を受けてから1か月以内です。1か月以内に兄弟と会えるのであれば、できるだけ早めに渡すとよいでしょう。手渡しのときは吉日の午前中、夕方、夜を選び、兄弟の自宅にご祝儀や結婚祝いを持参します。無理に吉日にする必要はなく、吉日に都合が合わなければ兄弟間で話し合って日時を決めましょう。

遠方に住んでいるなどの理由で1か月以内に渡せないときは郵送でもよいでしょう。郵送のときはお金をご祝儀袋に入れて現金書留で送ります。メッセージカードや手紙を添えるのもおすすめです。現金をそのまま送ると味気なく、お祝いの気持ちが伝わりにくいかもしれません。

兄弟から結婚祝い10万円をもらった場合のお返しはどうすべき?

兄弟への結婚祝いの相場は親の次に高く、100,000円をもらうこともあります。「身内にお返しは必要だろうか」と悩む人もいるのではないでしょうか。

一般的に結婚祝いは結婚式に出席した人には不要と考えます。兄弟が式に出席していても、100,000円と高額な結婚祝いを贈ってくれた場合には相場の範囲内でお返しを贈って感謝の気持ちを伝えてもよいでしょう。ここでは兄弟から100,000円の結婚祝いをもらったときのお返しについて解説します。

お返しを贈らなくて良い場合について

お返しを贈らないケースのひとつ目は結婚式に出席していた場合です。一般的に結婚式は引き出物や食事のおもてなしが内祝いの役割を果たすため、あらためてお返しをしないことがほとんどです。兄弟でも結婚式で引き出物を渡していればお返しは贈らなくてもよいという考えもあります。

ご祝儀は結婚式でゲストにかかる費用を引いた金額を「お祝いの気持ち」としていただきます。100,000円をいただくと引き出物や食事代をさし引いてもおおよそ70,000円〜80,000円受け取る計算です。

想定していたよりもご祝儀の金額が高く「何かお返しをしたい」と考えるのなら、新婚旅行でのお土産を奮発するなど兄弟に気を遣わせない程度の金額でお返しを贈ってもよいでしょう。

お返しを贈らないケースの二つ目は家庭内のルールに従う場合です。兄弟間で話し合い、引き出物も内祝いもなしにすることもあるでしょう。未婚の兄弟からご祝儀をもらったときは、内祝いをなくしてその兄弟が結婚するときに同額のご祝儀を渡すという方法もあります。

お返しの金額と相場について

兄弟へのお返しの相場はもらった金額の3分の1かさらに低めがよいでしょう。一般的に、知人や友人に結婚祝いをもらったときは半額〜3分の1程度でお返しを贈ります。5,000円をもらったときは2,500円、10,000円をもらったときは5,000円という計算です。半額、3分の1というのはあくまで目安と考え、多少前後しても構いません。

50,000円、100,000円といった高額な結婚祝いでは、半額で返すと失礼にあたるケースがあります。高額な結婚祝いに半額程度で返すと相手を恐縮させてしまったり、「お祝いは結構です」という意味に捉えられたりするかもしれません。

結婚祝いのお返しは目上に少なく、目下に少なくという考えがあります。兄と弟から100,000円ずつもらっている場合、それぞれの兄弟に金額の差はつけず同額で返しましょう。ご祝儀と同じくお返しでも家族のルールがあればそちらを優先します。

お返しとして何を贈るかについて

結婚祝いのお返しはグルメ商品、消耗品、テーブルウェア、キッチン用品と選択肢が数多くあります。結婚祝いのお返しに悩んだときはカタログギフトにするのもおすすめです。

カタログギフトは贈りたい相手にカタログを贈り、受け取った人が好きな商品を選べるシステムです。1冊のカタログギフトの中でもジャンルが豊富なため、本当に欲しいものが見つかりやすいでしょう。カタログギフトなら贈る側もギフト選びの時間を短縮できるというメリットもあります。

ハーモニックでは2,800円〜100,800円まで予算に合わせてカタログを選べます。お返しの予算が30,000円であれば「テイク・ユア・チョイス」の「オンシジウム」がおすすめです。アイテム掲載数は約1,480点となっており、国内外の有名ブランドのアイテムを多数取り揃えています。

お返しの予算が20,000円なら「テイク・ユア・チョイス」の「ブッドレア」が適しています。総ページ数は282ページ、アイテム掲載数は約1,660点です。デイリーに役立つ小物から贅沢な気分を味わえる高級食材までバランスよく掲載しています。

結婚祝いにお勧めのカタログギフト

仲のよい友人や親族であっても、きちんとした贈り物である結婚祝いを贈るとなると、何を選ぼうか悩んでしまいますよ。そこまで親しくない相手であれば、なおさらのことです。ハーモニックのカタログギフトには、おすすめギフト10選をすべて満たせるようなたくさんの品物が掲載されています。

品揃えが豊富な「テイク・ユア・チョイス」

ハーモニックには、品ぞろえが豊富なテイク・ユア・チョイスというカタログギフトがあります。グルメやブランド、体験型、お食事券、温泉券などさまざまな種類の中から選ぶことができます。性別や趣味を問わず喜んでもらえるようなアイテムが揃っています。

グルメのジャンルの中でも、チョコレートや焼き菓子、牛肉、中華料理などの中から選ぶことができます。体験型ではエステやクルージング、乗馬など幅広く揃っているので、趣味に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。

結婚祝いにおすすめのカタログ
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

全16コースの価格帯が素晴らしい

結婚祝いは相手との関係性によって相場が異なりますが、カタログギフトでは設定した価格帯に合わせた商品が掲載されています。贈りたい相手によって価格帯を選べるというメリットもあります。中でもテイク・ユア・チョイスは、価格帯のラインナップが広く素晴らしいと定評があります。

コース価格(税抜)掲載アイテム数
フリージア2,800円約1,045アイテム
アマリリス3,300円約1,890アイテム
ガーベラ3,800円約2,490アイテム
チューリップ4,300円約2,030アイテム
ローズ4,800円約2,290アイテム
カーネーション5,800円約2,580アイテム
ネリネ6,800円約840アイテム
カランコエ7,800円約830アイテム
ポピー8,800円約1,040アイテム
カルミア10,800円約1,350アイテム
ミモザ12,800円約1,050アイテム
リリー15,800円約1,780アイテム
ブッドレア20,800円約1,660アイテム
セントポーリア25,800円約1,660アイテム
オンシジウム30,800円約1,480アイテム
ジャコビニア50,800円約1,330アイテム

ハーモニックはラッピング・メッセージでもフルサポート

結婚祝いや引出物などの贈り物に特化したハーモニックのカタログギフトは、サポート体制が整っています。例えば包装紙やリボンを無料で選ぶことができ、内のしや外のしの希望にも対応してもらえます。挨拶状や手提げ袋も選べるというのも嬉しいポイントです。

まとめ

兄弟への結婚祝いの相場は自身の年齢と「未婚」「既婚」によって目安が異なります。未婚の社会人なら50,000円、既婚で別の世帯を持っていれば70,000円〜100,000円が相場です。

渡すタイミングは結婚式があるなら式よりも前に、入籍のみの場合は本人から入籍の報告を受けたあとにしましょう。金額や結婚祝いを贈るか贈らないかについては家庭内のルールを優先し、家族とよく相談して決めることが大切です。

結婚祝いやそのお返しに何を贈るか悩んだときはカタログギフトがおすすめです。ハーモニックは業界トップクラスの品揃えで、贈る側も受け取る側も満足度の高いカタログを取り揃えています。結婚のお祝いにはブライダルに特化したカタログギフトのラインナップもあり、おすすめです。

兄弟への結婚祝いやお返しにカタログギフトを検討の際は、ぜひハーモニックをご利用ください。

結婚祝いにおすすめのカタログ
業界トップクラスのカタログギフト「テイク・ユア・チョイス」
業界トップクラスの品揃え、時代を反映した高品質な商品ラインナップが魅力。全16コース 2,800円〜50,800円(税抜)

結婚祝い関連記事

結婚祝いのプレゼント人気ランキング!
選ぶ際のポイントは?

家族や友人といった親しい人の結婚が決まったら、結婚祝いのプレゼント選びを始める人も多いのではないでしょうか。家電や小物、調理器具などプレゼント候補になるものが多く、…

→記事を読む

結婚祝いプレゼント選び方のポイントとマナー
おすすめギフト10選も併せて紹介

友人や同僚、親族が結婚するとお祝いの気持ちを込めて結婚祝いを贈るのが大人の礼儀です。これまでお祝いを贈ったことがない人は、どれくらいの額でどのような品物を贈ったらよいか…

→記事を読む

結婚祝いのおすすめギフト10選!
選ぶ際のポイントとお祝いの文例についてもご紹介

新郎新婦に向けて贈る結婚祝いのギフトは、お祝いの気持ちが最大限に伝わるよう2人が喜んでくれるものを選ぶことが大切です。とはいうものの、いざ結婚祝いを選ぶとなると一体…

→記事を読む

結婚祝いに人気のカタログギフト