1. カタログギフトのハーモニック
  2.  >  結婚祝い
  3.  >  結婚祝いのマナー
  4.  >  実用的で喜ばれる「カタログギフト」が結婚祝いにおすすめのわけ

実用的で喜ばれる「カタログギフト」が
結婚祝いにおすすめのわけ

結婚祝いを選ぶ基準は、何といっても贈られた人が喜ぶ物を贈ることでしょう。ただ、そうはいっても、相手が何を喜ぶかをきちんと把握するのはなかなか難しいことですし、「何を贈ったらいいのか迷ってしまう」という人が多いのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、カタログギフトのプレゼントです。

「カタログギフトは引き出物じゃないの?結婚祝いにあげてもいいの?」と思われるかもしれませんが、最近、現金に次いで、実用的で喜ばれる結婚祝いとして人気が高まっています。

そもそもカタログギフトとは?

カタログギフトは、1980年代後半、まさに「何を贈ったらいいか迷ってしまう」という贈り主の悩みを解決するために生まれた、比較的新しいサービスです。

贈り主は、予め価格帯別・ジャンル別にさまざまなアイテムが掲載されたカタログの中から1冊を選び、カタログを贈られた人は、中に載っている多くのアイテムの中から自分の好きな物を注文するという仕組みです。

数多くのアイテムが揃っていますので、誰でも自分のほしい物を見つけやすく、食器などの物に比べれば場所をとらないために、披露宴の引き出物によく使われるようになりました。

最近では「旅行」や「グルメ」など、特定の分野をテーマに、貴重な体験や珍しい食材を扱うカタログも登場しています。ほかにはない贈り物として、出産祝いや内祝い、お中元・お歳暮、お礼、結婚祝いなど、さまざまな場面で使われるようになっています。

カタログギフト最大のメリットとは?

相手の趣味や生活環境に合わせて、喜んでもらえそうな品物を選ぶことは、贈り物の醍醐味です。

しかし、「アロマが好き」とか「引っ越したばかりだから生活用品は必要だろうな」ということがわかっていても、具体的にどんな香りが好きかとか、今本当に必要な物は何なのかとなると、なかなかわかりません。

せっかくプレゼントをしても、好みと少し違っていたり、すでに同じ物を持っていたりすれば、あまり喜んでもらえない可能性もあります。

そんな心配がなく、本当に必要な物を贈れるのが、カタログギフトの一番のメリットといえます。

普通の品物に比べて味気ないと思われるのではと心配になりますが、例えば、相手が旅行好きなら、ホテルの宿泊券やレジャー施設利用券がたくさん入っているカタログを、グルメな人なら、産地からのお取り寄せ品がたくさん入っているグルメカタログをと、贈る相手に合わせてプレゼントを吟味することは、普通の品物を選ぶときと変わりません。

「私が旅行好きだから、宿泊券が多いカタログを贈ってくれたのかな?」など、気遣いは十分に伝わりますし、受け取った人自身も、自分の趣味や好みに応じて、自由に品物を選ぶ楽しみがあります。

元々、結婚祝いは品物を贈ることとされてきましたが、時代が進むにつれ、準備が便利な現金を贈ることが増え、今では現金か品物(またはその両方)を贈るのが一般的になりました。

カタログギフトは現金とまではいきませんが、それに近い便利さがありながら、「物」の側面も持っていますので、「現金や商品券を贈るのはなんだか素っ気ないようで気が引ける」という場合にも使える、便利なアイテムなのです。

カタログギフトのご購入はこちらから
カタログギフトのハーモニック公式サイト
カタログギフトならハーモニックの人気カタログギフト。ネットで頼めるおすすめのギフトを多数ご紹介。友人・親戚等どなたに贈っても喜ばれるカタログギフトを全国送料無料でお届けいたし…


結婚祝いでカタログギフトを選ぶ際のポイント

ここからは、実際に結婚祝い用のカタログギフトを選ぶ際に注意したいポイントについてみていきます。基本的には予算と、どのようなギフトや品物が掲載してあるかで選んでいくことになります。

結婚祝いは、相手との親しさや人間関係によって、贈る金額の相場も変わってきます。自分で足を運んで購入するよりも、豊富なラインナップがあるカタログギフトサイトの方が選びやすいのではないでしょうか。

予算

ここでの予算とは、カタログギフトにかかる値段、すなわち贈り物の予算です。カタログギフトはギフトの種別や金額帯によって冊子が分かれていることが一般的です。ハーモニックでは、結婚祝いで使えるコースとして16種類ものカタログギフトを用意しています。

贈り物の価格は2,800円〜50,800円までと幅広いギフト商品を用意しており、贈る側との普段のつき合いや親しさ、1人で贈るのか複数の人による連名で贈るのかなど、用途によっても細かく使いわけることができます。

ラインナップ

カタログギフトを選ぶ際には、できるだけたくさんのラインナップの中から選べる方が、贈る相手への多様なニーズに対応できます。予算が幅広いだけでなく、贈り物用のカタログギフトや出産内祝い用ギフトなど、特定の贈り物に特化した冊子もあります。

結婚祝い用としてサイトで紹介しているカタログギフトを選べば、あとは予算にあわせて選ぶだけで完了です。カタログギフトのメリットは、予算内に納めやすいというメリットだけではなく、目的や用途に応じて選ぶことができます。

また、わざわざギフトを選びに足を運ぶ必要がないため手間がかからず、ギフトの中身も相手が好きなものを選ぶことができるため、よりニーズに合わせることができます。

ブランドアイテム

カタログギフトにある品物の中には、食品や衣類・雑貨などのさまざまなブランド品もあります。実際にカタログギフトを利用して結婚祝いを贈る前に、まずサンプルなどを見て、どのようなブランド品があるかどうかをチェックしておきましょう。

誰もが知っているメーカーやブランドの品であれば、選ぶ側も安心して品物を指定することができます。もちろんブランド品が必ずよいというわけではありませんが、贈った相手が選ぶときのひとつの基準になることは間違いないでしょう。

相手のライフスタイル

結婚祝いを贈る相手のライフスタイルをよく知ることで、相手が今必要としている物や、よりニーズが高いグッズが見えてきます。相手のニーズに合うカタログギフトを贈れば、きっと喜んで受け取ってもらえるでしょう。

贈る側が以前からよく知っている相手であれば、普段の相手のライフスタイルについてもよく知っているはずです。あまり親しくない人に贈る場合には、その人をよく知る周囲の人に聞いてリサーチをするなど、できるだけ相手の情報収集をしておきましょう。

結婚祝いでカタログギフトを利用する上で確認しておきたい事

カタログギフトを選ぶ際の基準となるのは、贈り物の価格帯や選択できる商品の中身でしょう。ここでは、それ以外に大事なポイントとなる「購入時に気をつけるべき点」についてみていきます。

サンプルを取り寄せてみて、実際のカタログの中身を確認し、ラッピングなどのギフトサービスや発送にかかる送料など、付属するサービスもくまなくチェックしておくことが大事です。この機会に便利で品物の数が豊富なカタログギフトを上手に活用してみましょう。

カタログのサンプル

ブランドの項目で取り上げたように、結婚祝いとしてカタログギフトを贈る前に、できるだけサンプルを最初に取り寄せて、実物のカタログを確認しておくようにしましょう。ハーモニックではサンプルを請求すると、無料で実際のカタログを送付するサービスも行っています。

インターネットサイト上でも、カタログの価格や掲載している品物を確認することができます。しかし、紙のカタログを手にとりチェックしてみると、ギフトをもらう側の気持ちがわかり、より適切なカタログを選ぶことができるようになるでしょう。

サービス

カタログギフトの発行会社の中には、ギフトを贈る以外のさまざまなサービスを提供しているところもあります。

例えば、贈り物の定番であるラッピングサービスや、頻繁に贈り物をする人にとってうれしいサイト独自のポイント還元システム。また、インターネットから注文するだけでなく電話での注文や問い合わせにも対応しているサービスがあります。

贈り物としてカタログギフトを購入する際には、付属サービスについてもチェックしておくとよいでしょう。

送料

結婚祝いの場合、親元を離れて暮らしている子供や、しばらく会っていない友人、遠方で暮らしている知り合いなどに贈るケースも少なくないはずです。このように遠くに住む多くの人に贈る予定がある場合、送料がかかり贈り物のトータル費用もかなりの額になってしまいます。できるだけ送料無料サービスのあるところで購入するとよいでしょう。

決済方法

ECサイト(販売サイト)でカタログギフトを購入する場合、どのような決済方法があるか確認することも必要です。クレジットカード払いはもちろん、カード情報を入力するのが心配な方は、コンビニ決済や後払い決済というようなサービスのあるところで購入するとよいでしょう。

トラブルが起きた際の対処法

人生で大切な節目となるお祝いの贈り物。仮にトラブルが発生したとしても、その影響は最小限にとどめることが理想です。カタログギフトはいったん贈ったらそこで終了ではありません。受け取り側が希望の品物を注文し、商品が手元に届いて初めてプレゼントを贈ったことになります。

もし、途中に何かトラブルが発生した場合に備え、販売元との連絡方法や連絡先などを事前に確認しておきましょう。連絡手段がメールアドレスなどだけでなく、電話でも連絡できる業者を選ぶと、安心して注文することができます。

結婚祝いはメッセージを添えることも大事

お祝いの品を贈るときには、品物だけではなくお祝いのメッセージや手紙も一緒にそえると相手に気持ちが伝わり、よりうれしい気持ちになるはずです。カタログギフトの会社によっては、ギフトにメッセージをそえて贈ることができるサービスもあります。

ギフトを贈る相手が職場の上司や仕事上のお付き合いがある人、目上の人の場合は、メッセージはフォーマルな内容にするとよいでしょう。親しい間柄であれば、少しくだけた感じの文面でもよいでしょう。長い文章にする必要はありませんが、お祝いの気持ちがこもったメッセージをそえるようにしましょう。

ご祝儀プラスアルファで贈るのもおすすめ

実際のカタログギフトは、ほぼ500円刻みで価格設定がされており、下は2,800円相当の物から上は10万円を超える物まで、さまざまな価格帯があります。

「女性に人気の商品を集めたカタログギフト」「お取り寄せグルメ専門カタログギフト」「雑誌やブランドとコラボしたカタログギフト」など多くの種類があり、カタログギフトだけを贈るのはもちろん、25,000円の現金と5,000円分のカタログギフトといったように、現金と物を組み合わせてプレゼントしたいときにも便利です。

ここでは、カタログギフトの一例をいくつかご紹介します。

●ナチュラル&オーガニックをテーマにした女性向けカタログギフト


やさしいきもち。

→「やさしいきもち。」3,800円〜10,800円(税抜)

<掲載商品例>
・季節のこだわり野菜セット
・ボディオイル&ハンドクリームセット
・オーガニックベビー肌着セット

●BEAMSならではの視点でセレクトした選べるギフト


BEAMS CATALOG GIFT

→「BEAMS CATALOG GIFT」3,800円〜10,800円(税抜)

<掲載商品例>
・カタログ限定のBEAMSオリジナル商品
・ひと味違う、ハイセンスなファッションアイテム
・とびっきりのリラックスタイムを演出するバスアイテム

●人気ブランドやスイーツの限定アイテムがそろったカタログギフト


テイク・ユア・チョイス

→「テイク・ユア・チョイス」2,800円〜50,800円(税抜)

<掲載商品例>
・高級チョコレートやマカロンなどのスイーツ
・有名レストランでのペアランチ券
・ペア日帰り温泉利用券

まとめ

品物と同じように、相手の趣味や好みに合わせて選ぶ楽しみがあり、受け取った人も自分の好みに合わせて本当に必要な物を選べるカタログギフトは、結婚祝いにもおすすめの贈り物です。

さまざまな価格帯・ジャンルの物がそろっていますので、「何を贈ればいいかな」と迷ったときには、ぜひハーモニックのカタログギフトをご検討ください。

結婚祝い関連記事

結婚祝いプレゼント選び方のポイントとマナー
おすすめギフト10選も併せて紹介

友人や同僚、親族が結婚するとお祝いの気持ちを込めて結婚祝いを贈るのが大人の礼儀です。これまでお祝いを贈ったことがない人は、どれくらいの額でどのような品物を贈ったらよいか…

→記事を読む

親戚の結婚祝いの相場と品物選びの方法

親戚が結婚することになりお祝いを贈りたいけれど、何を贈ればよいかわからないという人もいるのではないでしょうか。親戚の結婚祝いにはある程度の価格相場があるため、事前に…

→記事を読む

結婚祝いを職場の人に贈るときの選び方・相場は?

職場の人の結婚が決まったら何かお祝いをしたいものです。普段お世話になっている分、よいものをプレゼントして盛大に結婚を祝いたいと考える人も多いのではないでしょうか。結…

→記事を読む

結婚祝いに人気のカタログギフト