1. ハーモニック公式サイトトップページ
  2.  >  お返しのマナー
  3.  >  出産内祝い

出産内祝い

出産内祝いについてのマナー

出産内祝いの「時期」と「金額の目安」について

出産祝いをいただいた方へお贈りする出産内祝い。無事に出産できたことを周囲の人がお祝いしてくれるのは、うれしいものですね。贈るタイミングはいつなのか、どのくらいお返しするべきなのか、悩まれる方も多いと思います。

出産内祝いの基本について事前に調べておくと、出産後にあわてなくて済みます。この記事では、一般的な出産内祝いの「時期」と「金額の目安」についてご紹介します。

※地域の慣習などにより異なる場合もあります。ご両親や身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。

▼ カタログのご購入はこちらから ▼出産内祝い(お返し)のカタログギフト

【目次】

出産内祝いとは

内祝いは本来、「内々の祝い」「身内の祝い」という意味があり、お祝い事のあった方がその喜びを分かち合うため、親しい方や身内へ贈り物をすることでした。

現在は「お返し」の意味が強くなり、出産内祝いも「出産祝いをいただいた方へのお返し」という意味で使われるのが一般的です。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼カタログギフトのハーモニック

出産内祝いを贈る時期

赤ちゃんの生後1ヵ月の頃にお贈りするのが一般的とされています。地域によって異なりますが、ちょうどお宮参りの頃が目安になります。遅くても生後2ヵ月頃までには贈りましょう。

産後はなにかと忙しいので、贈り物選びや贈り先の確認などの準備はゆとりのある産前にしておくと安心です。

遠方の親戚や友人など、直接手渡しすることが難しいお相手には当サイトのようなギフト専門店などを通して配送しても問題はありません。ただし、そうした場合には事前にお返しの品をお贈りすることをお伝えしましょう。

出産内祝いにおすすめ商品はこちら
ハーモニック出産内祝いギフトショップ 「Happy Baby」
ハーモニックの出産内祝い用カタログギフトは有名ブランドや名店はもちろん、温泉旅行やエステといった体験型ギフトも多数掲載……


贈るのが遅れてしまった場合

育児に手一杯で内祝いの時期を過ぎてしまった場合や体調が整わず贈るのが遅れてしまう場合、内祝いの品をお贈りする際にお詫びの言葉を添えたお礼状を一緒に贈ります。

お贈りする前には連絡を入れ、遅れたことのお詫びと内祝いの品をお贈りしたことを伝えるとより良いでしょう。

関連記事
出産内祝いに添えるお礼状の書き方、文例をご紹介
この記事ではお礼状の書き方やお礼状にまつわるマナーをご紹介します。


出産祝いをあとからいただいた場合

出産祝いは産後1ヵ月頃までに贈るのが一般的ですが、赤ちゃんの誕生をあとで知った方などに後からお祝いをいただくこともあります。

そういった場合は、その都度個別に内祝いを贈ります。
いただいてから1ヵ月くらいまでにお贈りすると良いでしょう。

出産内祝いの金額の目安

出産内祝いは、お祝いにいただいた額の半分程度を目安にお返しするのが一般的です。

いただいたお祝いの金額に関係なく、一律で品物を統一してもかまいません。金額が大きく異ならない場合は、一番多い金額の半分程度の品物を贈ってはいかがでしょうか。

出産内祝いとお祝い金額の早見表

以下に、お祝い金額に対する出産内祝いの金額の目安をご紹介します。出産内祝いの金額を決める時の参考にしてみてください。

お祝い金額 お返し金額の目安
3,000円 1,500円前後
5,000円 1,700~2,500円
10,000円 3,500~5,000円
20,000円 7,000~10,000円
25,000円 8,500~12,500円
30,000円 10,000~15,000円
50,000円 17,000~25,000円
100,000円 35,000~50,000円

いただいた出産祝いの約半分程度の金額になっていれば、あまり細かい価格まで気にする必要はありません。出産内祝い用に販売されている品物も、お返しに適した幅広い価格帯のものが用意されていますので、あまり心配する必要はありません。

また、金額によっては半額ではなく、3分の1程度のお返しが適していることもあります。相手との関係性なども考慮したうえで検討しましょう。

出産祝いを現金でいただいた場合は、その金額の半分から3分の1程度の価格の出産内祝いを用意し、品物でいただいた場合はインターネットなどで金額を調べ、同じく半分から3分の1程度の価格の出産内祝いの品物を用意します。

いただいた出産祝いが現金だった場合、お返しを現金にするのは避けましょう。また、商品券を出産内祝いにする方法もありますが、いただいたお返しの半分以下の金額だったり、商品券をいただいたお返しに商品券を贈ったりするのは失礼にあたります。出産内祝いは、基本的には品物を贈ることをおすすめします。

高額のお祝いをいただいた場合

ご親戚などから高額のお祝いをいただくことがあります。その場合は3分の1程度を目安にお返しします。

返しすぎるとかえって失礼になる場合があるので、気を付けましょう。贈る相手との関係や地域の慣習など状況に応じてそれぞれ対応しましょう。

出産内祝いの「のし」の作法

出産内祝いを贈る際には、品物にのしをつけるのがマナーです。のしの種類や書き方などはマナーにしたがって準備すれば、問題はありません。ただし、出産内祝いの「のし」には自分たちの名前でなく赤ちゃんの名前を書くなど、他のお祝いを贈る時のルールとは異なる部分もあります。出産内祝いの「のし」の作法についてご紹介します。

蝶結びののしをチョイスする

のしを選ぶ際は、水引の部分がどのような形状になっているかで意味が変わります。

出産は、何度あってもおめでたいことです。そのため、結びなおせるという意味合いの蝶結びののしを選びます。出産内祝いに結び切りの「のし」を選んでしまうと「二度と起きてほしくない」という意味合いになってしまいます。マナー違反になってしまいますので注意が必要です。「出産内祝いは蝶結びののし」と覚えておきましょう。

郵送の場合は内のし、手渡しの場合は外のし

のしには、内のしと外のしがあります。内のしは商品の上にのしをかけたもので、外のしは包装紙の上からのしをかけたものです。そのため、内のしは外からは見えない状態になります。

出産内祝いの場合、郵送する際は内のし、相手に直接会って手渡しをする際は外のしにするのがマナーです。理由としては、出産内祝いは相手を祝うのではなく、お祝いしてもらったことに対するお返しのため、控えめな内のしが好まれているからです。

一方で、出産内祝いを直接渡す場合は、品物を渡す目的が相手にはっきりとわかるため、外のしにします。

水引の選び方とのしの書き方

のしの水引には、蝶結びと結び切りの2種類があります。水引は一度結ぶとほどけないことから、結婚祝いやご祝儀、香典、快気祝いなどの際に用いられます。一方で、蝶結びは何度でも結びなおすことができるため、出産や進学などのお祝いに用いられます。

のしを書く時は、蝶結びの水引の上に「内祝い」「内祝」「出産内祝い」「出産内祝」のいずれかを書きます。出産内祝いは赤ちゃんから感謝を伝える目的のため、水引きの下には赤ちゃんの名前のみを記入し、読み方がわかるようふりがなをつけます。

出産内祝いを手渡しするときの流れ

出産内祝いを渡す際には、郵送と手渡しの2種類の方法があります。どちらでも良いのですが、出産祝いをくれた方に会える場合には、手渡しをしても良いでしょう。相手の顔を見ながら直接渡すことで、感謝の気持ちを伝えることもできます。

出産内祝いを手渡しするときの基本的な流れとポイントをご紹介します。

出産内祝いを紙袋などにいれる

出産内祝いは、紙袋などに入れて持っていきます。小さかったり軽かったりする品物であっても、袋に入れずに持っていくのは失礼にあたりますので避けましょう。マナー面だけでなく、そのまま持っていくと途中で品物が壊れたり傷ついたりしてしまう可能性もあるからです。

出産内祝いを販売している店舗やインターネットサイトでは、希望すれば紙袋をつけてくれることも多いようです。購入の際に確認しましょう。

相手側と面会できる日を確認する

出産内祝いを贈る相手と会える日を事前に確認しておきましょう。特に目上の方の場合には、事前に都合の良い日程を聞いておき、前日になったら「明日、〇時頃にお伺いさせていただきます」と伝えておくとていねいです。

友人など気のおけない相手の場合は、次回会える日を聞いておき、当日に間に合うように出産内祝いを準備しておきます。

一言添えてから出産内祝いを渡す

出産内祝いを渡すときは、一言添えながら紙袋から取り出し、相手に渡します。このとき、「お返しを持って来ました」などと伝えることはやめましょう。出産内祝いは、現在は出産祝いのお返しとして贈られていますが、本来は幸せをおすそわけするという意味合いですので、「お返し」という表現は避け、以下のような言葉を添えましょう。

例:「心ばかりの品ですが、どうぞお受け取りください。」
「先日は出産祝いをいただきましてありがとうございました。こちら、お礼の品でございます。今後ともよろしくお願いいたします」
「出産祝いを贈ってくれてどうもありがとう。これからもよろしくね。」

のしの向きに注意して手渡しする

出産内祝いを手渡しする場合、紙袋から出して相手に直接品物を渡します。その際に、品物についているのしの向きに気をつける必要があります。まず、のしの向きを自分の方に向けたまま渡してしまわないように注意しましょう。また、片手で持って渡すのではなく、必ず両手を添えて渡しましょう。

相手と向かい合って座っている場合などは、まず自分の方に品物の正面を向けて置きます。その後、のしが相手に向くように回して手渡します。

直接渡せない場合は郵送で出産内祝いにメッセージを添えよう

産後、里帰りをして地方にいたり体調が優れなかったりして、出産祝いを贈ってくれた相手に直接会えないということもあります。出産内祝いを郵送で贈る場合には、以下のようなメッセージを添えて感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

例:「このたびはお祝いをありがとうございました。子どもの名前は、〇〇という願いを込めて△△と名付けました。心ばかりの品をお贈りさせていただきます。」
「このたびは素敵なお祝いをありがとうございました。おかげさまで、母子ともに元気です。心ばかりですが、お礼の品をお贈りいたします。お身体にはご自愛くださいませ。」

出産内祝いに向かない「切れ物」と「ハンカチ」

出産内祝いに贈ることができる品物には数多くの種類があります。しかし、出産内祝いには向かない品物もあります。知らずに以下の品物を贈ってしまうとマナー違反と受け取られる可能性があるため、注意しましょう。

・刃物などの「切れ物」
包丁やはさみなどの切れ物は、「関係を切る」という意味合いを持つため、出産内祝いの品物には向いていません。

・ハンカチ
ハンカチは「手布(ぎれ)」と書くため、相手との縁を切るという意味があり、やはり出産内祝いには向きません。

まとめ

出産内祝いは、贈る時期や金額の目安に注意しつつ、相手が喜びそうなものを贈るのがベストです。しかし、出産内祝いを贈る人数が多い場合、準備が大変になることもあるでしょう。

ハーモニックのようなギフトサイトであれば、無料発送・ラッピング無料などのサービスも使うことができるためとても便利です。通常はあまり見られないカタログギフトの無料サンプルもありますので、万全の準備ができます。

喜ばれる出産内祝いを贈りたい方は、ぜひハーモニックのサイトをご覧ください。

▼ カタログギフトのハーモニック ▼カタログギフトのハーモニック

出産内祝いについてのマナー 関連記事

出産内祝いの「のし紙・表書き」について

出産内祝いには紅白蝶結びの水引ののし紙を使用し、 内祝いと表書きします 出産内祝いの品物を、贈り先様のご自宅へ持参する場合は、紅白蝶結び…

→記事を読む

出産内祝いに「ふさわしい品物」について

出産内祝いにふさわしい品物は嗜好品や実用品 出産内祝いの品物は、最近では紅茶やコーヒー、焼き菓子をはじめとする嗜好品やお菓子などが人気です…

→記事を読む

出産内祝いの「贈り先」について

出産内祝いを贈る対象は、出産祝いをいただいた人 出産内祝いは、以前は無事な出産を知らせる品として、身近な人やお世話になっている人たち全員に…

→記事を読む

PAGE TOP ↑