知っておきたい!はじめての贈り物・マナー講座

還暦祝いのお返しは必要? 贈る時期や相場、おすすめの品物とは


60歳の節目を祝う「還暦祝い」は、基本的に家族や親族で祝います。身内のお祝いですので、原則としてお返しは必要なく、「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えれば十分です。

とはいえ、還暦祝いも時代の流れとともに多様化し、現在ではホテルやレストランなどで豪華な食事会を開いたり、高価なプレゼントが贈られたりすることも珍しくなくなりました。また、身内だけでなく、知人や職場の同僚などからお祝いが贈られるケースも増えてきました。
それに伴い、高価なお祝いをもらったり、家族・親族以外からお祝いをもらったりした場合は、お返しをする人が多くなっています。
還暦祝いのお返しを贈る時期、贈り方、贈り物の相場、定番品やおすすめの品についてまとめてご紹介します。



この記事の続きを読む

古希祝いとは? お祝いの金額・相場、贈る時期、おすすめの品物


日頃から、両親や義理の両親の誕生日祝いを特にしていない場合でも、「古希」といった特別な長寿のお祝いはきちんとしておきたいものです。 そこで、古希のお祝いをしたいけれど、相場やどのように行うべきなのかがわからないという人向けに、古希の由来やお祝いの仕方についてまとめました。



この記事の続きを読む

開店祝いのお返しは必要?
お礼状の書き方や文例、おすすめの品物とは


自分のお店を開くというのは、おめでたいことであると同時に、多くの準備や手続きが必要となり、負担が大きいことでもあります。しかし、そんな目まぐるしい日々の中にあっても、開店祝いを贈ってくれた人への礼儀は忘れないようにしたいものです。

また、日頃からお世話になっている人や開店に際して力添えしてくれた人に対するお礼の気持ちを込めて、お披露目会を行うことについても考えておかなければいけません。
開店祝いのお返しや、お披露目会を行う場合のポイントを知っておきましょう。



この記事の続きを読む

出産内祝いのお礼状に適した便箋・封筒、書き方のマナーとは



<質問>
出産内祝いを贈ろうと思います。
品物に添えるお礼状は、どんな封筒に入れればいいのでしょうか?



<回答>

出産内祝いに添えるお礼状は、近年でははがきやメッセージカードで済ますことも多くなってきました。しかし、封筒に入ったお礼状を出すのがやはり丁寧ですし、相手を尊重する気持ちを表すことにもなりますので、おすすめです。便箋と封筒は、白無地で縦書きの物を用意します。
筆記具は、万年筆か毛筆、またはボールペンか筆ペンを使います。

文面には「感謝の気持ち」と「生まれた子供の名前と読み方」「自分たちの近況」「今後もよろしくお願いしますという挨拶」を盛り込むのが基本です。
本来、内祝いは身内のお祝いのお裾分けですので、お祝いをもらった、もらわないにかかわらず贈ります。「お返し」という言葉は使わないことだけ気を付けましょう。出産祝いをいただいてから、3日以内には贈るようにします。


1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 18