ギフトのマナー

「内祝い」って何?その意味や意義を知って喜ばれる贈り物を



結婚祝いや出産祝いなど、「お祝い」とセットで語られることの多い「内祝い」ですが、本来はどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。また、内祝いとは、どのようなときに贈るものなのでしょうか。
あいまいな理解のまま内祝いという言葉を利用して失礼にあたることがないよう、内祝いの意味や、「お返し」との違いについて知っておきましょう。



この記事の続きを読む

知っておきたいギフトマナー「水引(みずひき)とは」

水引の色について


贈答品の包み紙の上に紅白や黒白などの帯ひもの飾りをよく見かけます。 帯ひもの部分の多くは紙で作られています。 しかし中にはプラスチック製であったり、包み紙に印刷がされていることもあります。 このような飾りは水引(みずひき)と呼ばれ、用途に応じた色が使用されています。 例えば慶事の場合には「赤白」「赤金」「金銀」などの色が使用されていますし、また弔事の場合には「白黒」「黄白」「藍白」などが用いられております。



水引の2つの種類


水引の種類は大別して「祝い結び」と「結びきり」がありますが、お祝いの内容によって使用する水引が変わりますので注意が必要です。 詳しくは別の章にて改めて説明をしておりますので「祝い結び」の場合はこちら、「結びきり」の場合はこちらをご覧ください。



古来からの作法


ちなみにこの水引の起源は室町時代から続く歴史のある贈答の作法からとされています。 海外との貿易がきっかけで、贈り物に赤と白の紐をかけたことから始まったとか。 日本人が昔から贈り物の文化を大切にしていたことがわかりますね。

知っておきたいギフトマナー「のし袋の基本的な書き方」

表書きを書く際の注意


まずのし袋に表書きを書く際には、祝儀、不祝儀ともにできれば毛筆や筆ペンを使って書きましょう。 万年筆やボールペンでは不作法となるために使わないように気を付けてください。 また筆記具の色には黒色を使うことが一般的です。 お祝い事には濃い黒色を使い、葬式や法事などの仏事には薄墨を使用することがあります。 ちなみに薄墨を使用する理由としては、あまりの悲しみで墨を摺る力が入らないからという説があります。



表書きはバランスが重要です


次に表書きと言われる個所をご紹介します。 「御祝」や「出産祝」などの表書きは祝儀袋と水引の位置とのバランスを整えて書きましょう。 文字が水引にかかることがないように字配りやスペースの配分などを考慮してください。 同様に表書きの氏名を書く際には、結び目の中央下に上書きより小さく書きます。 通常の御祝ではフルネームを書きますが、お返しや内祝いでは名字だけを書くのが一般的です。 なお複数の名前を記載する場合には、格上の順に右から左へ並べて書いてください。 同格の方が並んだ場合には、五十音順で書くと良いでしょう。



心を落ち着けて


ところで毛筆や筆ペンを使う機会が少ないと、文字を書く際に緊張しませんか? たまにしか使わない筆文字だとつい緊張してしまうものですね。 上手・下手よりも、まずは丁寧に心をこめて書くことが求められることと思います。 受け取る人の事を思いながら、人の手ならではの文字で一文字ずつゆっくり書いていきたいものです。

知っておきたいギフトマナー「水引で使用される結びきりとは」

結びきりとは


結びきりとは本結び・真結び・固結びとも呼ばれており「一度きりで繰り返さない」事に使用される結びです。 固く結ばれてほどけないことから転じて、何度もあるべきでは無い事柄にはこの水引を使用します。



結びきりに込められた意味


結びきりは例えば結婚式や弔事、快気祝いの際に使用されています。 お祝い事では「赤と白」の紐が交わり、基本である5本結びが使われるのが一般的です。 婚礼関係では「赤と白」の結びや「赤と金」の水引を良く見かけないでしょうか。 特に引き出物では、この結び目のように両家が固く結ばれることを意味します。 固結びと呼ばれる所以がここにあります。 この場合、基本の5本結びの倍である十本結びが多く使用されております。 この理由は5本の指を両家で重ねる縁起の良い意味合いがあります。



2度起こらないことを願います


同様の考えにより、快気祝いや病気祝いも一度きりであるべきとの意味から結びきりが使用されます。 香典も二度と起こらないよう願いを込めてこの水引を使います。このように弔事である通夜や法事には「白と黒」「黄と白」「藍と白」の色の結び目が用いられます。 この結び紐をよく見ると、5本の紐が絡んだ結びが基本となっております。 より丁寧な品や大きめの包み紙の場合には7本結びのものを使用することもあります。

知っておきたいギフトマナー「水引で使用される祝い結びとは」

祝い結びとは


祝い結びは花結び・蝶結びとも呼ばれる一般的な結び目が特徴の結びです。 簡単に結びなおすことができることが転じて、「何度あっても良い」祝い事に使用されます。 ぜひ出産祝いや入学祝いの際にはこの祝い結びをお使いください。



祝い結びに込められた意味


例えば出産祝いでご利用頂くと、子宝に恵まれますようにという意味になります。また入進学祝いにお使い頂きますと、さらなる進学を願っています、という意味になります。 さらに賞品に使うと、何度も賞を獲れることを願う非常に縁起の良い意味になります。 しかし結婚などの一度きりの祝い事では、この結び方を使ってはいけません。 その場合には、別章に記載しております「結びきり」と呼ばれる水引をお使いください。



祝い結びの色


多くの祝い結びの水引では「赤と白」の結びや「赤と金」の色合いが用いられています。 この結び紐をよく見ると、紐が5本、7本が絡まっている水引があります。 基本的には5本の結び目を使用し、より丁寧な品や大きめの包み紙の場合には7本の結びのものを使用する場合もあります。 ちなみにこの基本である五という理由には指の本数に由来しているとの説、または色の基本が青・赤・黄・白・黒の五つの色に由来する説があります。

1 2