知っておきたいギフトマナー「水引(みずひき)とは」

水引の色について


贈答品の包み紙の上に紅白や黒白などの帯ひもの飾りをよく見かけます。 帯ひもの部分の多くは紙で作られています。 しかし中にはプラスチック製であったり、包み紙に印刷がされていることもあります。 このような飾りは水引(みずひき)と呼ばれ、用途に応じた色が使用されています。 例えば慶事の場合には「赤白」「赤金」「金銀」などの色が使用されていますし、また弔事の場合には「白黒」「黄白」「藍白」などが用いられております。



水引の2つの種類


水引の種類は大別して「祝い結び」と「結びきり」がありますが、お祝いの内容によって使用する水引が変わりますので注意が必要です。 詳しくは別の章にて改めて説明をしておりますので「祝い結び」の場合はこちら、「結びきり」の場合はこちらをご覧ください。



古来からの作法


ちなみにこの水引の起源は室町時代から続く歴史のある贈答の作法からとされています。 海外との貿易がきっかけで、贈り物に赤と白の紐をかけたことから始まったとか。 日本人が昔から贈り物の文化を大切にしていたことがわかりますね。