『長寿祝い』末永い健康を祈年する

満60歳(数え61歳)の長寿祝いの始まり。この機会に祖父や祖母の好みを聞くなどして、いつもの会話にもっと花を咲かせてみてはいかがでしょうか。相手を想い選んだ品なら、感謝の気持ちが伝わるはずです。


長寿のお祝いと由来

年齢によってお祝いの名称や由来、基調色が異なります。

数え61歳 【還暦(かんれき)】
干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻る年。干支が赤子に戻るという意味や、太陽の色という意味もこめて基調色は赤。


還暦祝いに関するマナーや相場はこちら


数え70歳 【古稀(こき)】
唐の詩人杜甫の詩にある「七十年生きる人は古くから稀である」が由来。冠位十二階の制度で紫が最高位であることから紫が基調色。

数え77歳 【喜寿(きじゅ)】
「喜」の草書体が「七十七」に見えることが由来。基調色は紫。

数え88歳 【米寿(べいじゅ)】
「米」の字を分解すると「八十八」になることが由来。基調色は金茶。

数え90歳 【卒寿(そつじゅ)】
旧字体「卆」は縦に読むと九十になることが由来。基調色は紫。

数え99歳 【白寿(はくじゅ)】
九十九は、百から一を取ることから、百の上部の一を取ると白の漢字になることが由来。神事などで用いられる厳かな色として白が基調色。

数え100歳 【百寿(ももじゅ)】
百寿(ももじゅ)は上寿と呼ばれることも。決まった基調色はありません。

※数え歳で祝うのが慣わしですが、近年では満年齢で祝うケースも増えています。


お相手に応じた心配りを。


特別な厚情を賜った方へのお返しは、それぞれの年齢などを考えた品を選びたいところです。カタログギフトは、豊富な商品ラインナップからお相手の方が好きな商品を選べるので、どなたにも喜んでいただけます。即日返し・香典返しには、今、カタログギフトが大変喜ばれています。



和風総合版カタログギフト『和 なごみ』

和はグッズ、食品、体験まで選べる総合版カタログギフトです。誰にでも喜ばれる豊富な品揃えで年配の方から若い方まで、年代・性別を問わずご満足いただける内容です。

◎ アイテム満載、内容充実のカタログギフト
◎ 有名ブランド、名店・グルメなど豊富なラインナップ
◎ 温泉旅行やお食事ご利用券など、
  素敵な時間を楽しむチケットがいっぱい。

和風総合版カタログギフト「和 なごみ」
→『和 なごみ』の紹介ページを見る