ブランドの個性が活きるカタログギフト2017年版
結婚式、内祝いなど様々なシーンで選ばれています

結婚内祝い・引出物、出産内祝い、入学内祝い、新築内祝い、快気祝い、香典返し、誕生日や結婚記念のプレゼント、そして永年勤続表彰や周年・創立記念など…ギフトを贈り、「おめでとう」「ありがとう」「お疲れさまでした」の想い伝える機会は1年をとおして何度も訪れます。そんなさまざまなシーンでは、「贈り先の方が好きな品物を選べる」というメリットを備えたカタログギフトが大活躍します。人気ブランドアイテムをはじめ、名店グルメ、温泉・エステといった体験ギフトなど多様なジャンルの商品が掲載されているので、若い方はもちろん、子ども〜お年寄りの方まで“どなたにも喜んでいただける”ギフトの代表格となっています。


では、多種多彩なカタログギフトの中から、有名ブランドや人気雑誌とコラボレーションした、スタイリッシュなカタログギフト、個性溢れるカタログギフトを厳選して紹介します。



結婚内祝い・引出物にふさわしいブランドカタログ

結婚式の引き出物は、お祝いのお裾分けと感謝を込めて披露宴に来てくださった方へ贈る品物で、ゲストに持ち帰っていただくものです。結婚内祝いとは、いただいたお祝いのお返しに当たります。結婚式に招待しなかった方からのお祝いや、多くご祝儀をいただいて引き出物だけでは不十分な場合に、感謝の心を伝えるギフトです。


ウエディングコンサルタント・ワキリエさん監修!
ブライダル専用カタログギフト

『ラ・マリエ(La Marie)』

<全7コース>
3,300円〜10,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
ウエディングコンサルタント&クリエイティブ・ディレクターとして注目されるワキリエさん監修のもと、有名雑誌で活躍中のスタイリスト、フラワーアーティストたちが手掛けた特別で華やかなウエディングストーリーが巻頭を飾ります。
◎おすすめPoint2
業界初のウエディング専用カタログギフト。ここでしか手に入らないオリジナルアイテムや世界の有名ブランドが満載。結婚内祝い・引き出物で人気No.1、ブライダルギフトの決定版です。贈り分けに最適な7コースを用意。送料・ラッピングとも無料です。





出産内祝い・出産祝いにふさわしいブランドカタログ

出産祝いをいただいた場合、内祝いとしてお返しをするのがマナーとなります。その場合、いただいた金額のおよそ半額程度を目安にするのがポイントです。一方、出産祝いとは、赤ちゃんの誕生を祝って贈るお金や品物のこと。贈る時期は、配送ならば産後7日~1ヶ月以内に届くように心得ておきましょう。


日比谷花壇の花も贈れる!
自然志向のカタログギフト

『日比谷花壇くらしのスタイルブック』

<全2コース>
5,600円〜10,600円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
1872年創業、常に新しい「花のある生活文化」を創出してきた日比谷花壇。そんな日本のパイオニアがプロデュースした生花、そのまま飾れる鉢植え、人気の胡蝶欄、ドライフラワーのリースなどが豊富に掲載されています。
◎おすすめPoint2
オーガニック&ナチュラルな素材にこだわり、毎日をもっと自然体で過ごせるアイテム満載。コスメやファッション小物、人気のスーパーフードなど、女性に喜ばれる品揃えが魅力です。誌面デザインも美しく、自然志向の暮らしを満喫したい方におすすめ!






香典返し、法要・法事にふさわしいブランドカタログ

法要・法事とは、亡くなられた方の冥福を祈って供養をする儀式です。主なものに、初七日(葬儀当日に行なわれることが多い)、四十九日、一周忌などがあります。この際、参列された方に引出物を贈るのがマナーです。一方、香典返しは、お通夜やご葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお返しです。


カタログギフト

食を追求する雑誌「自遊人」とのコラボ企画も。
ブランドグルメ満載のカタログギフト

『ア・ラ・グルメ』

<全11コース>
4,000円〜51,000円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
有名ブランドグルメをはじめ、日本全国の名店の味を最大約400点掲載したグルメ専門カタログ。また、一度は耳にしたことのあるカフェやレストランでお食事が楽しめるご利用券も豊富にラインアップ。グルメ通な方にもご満足いただける上質な食の贈り物です。
◎おすすめPoint2
1冊から2つの美味しさが選べるダブルコースも人気。大人には「お酒」など、お子さんには「お菓子」と、家族全員に喜んでいただけます。また、大人のオフタイムの楽しみを提案する有名誌「自遊人」とのコラボ企画では、こだわりの日本の食が厳選されています。






各種内祝い・お祝い、返礼品などにふさわしいブランドカタログ

内祝いとは、結婚、出産、新築、入学、病気快気など、家庭の内部(=内)で起こったおめでたいことについて、日頃お世話になっている方や親族に対して「喜びのお裾分け」をするために記念となるような品物などを贈る慣習。日本の良き贈答文化の代表格のひとつです。内祝いの金額は、地域によっても異なりますが、いただいたお祝いの3分の1~半額ほどを目安とすると良いでしょう。


ギフトで差を付けよう!
BEAMSコラボカタログ

『BEAMS CATALOG GIFT』

<全3コース>
3,800円〜10,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
セレクトショップの先駆けであるBEAMSとの共同企画により、新たな選べるカタログギフトが誕生。このカタログ限定の「BEAMSオリジナル商品」を多数掲載、「ギフトで差を付けたい」方にも満足していただける特別な1冊です。
◎おすすめPoint2
ひと味違うハイセンスなファッション・アイテム、リビングで過ごす“くつろぎの時間”を自分流にセンスアップできるアイテムなど、BEAMSの世界観で選び抜かれたスタイリッシュな商品が満載です。






慶び事やお悔やみ事、記念日などは、1年オールシーズン訪れます。そして四季折々、さまざまな節目やイベントも控えています。マナーを押さえ、それにふさわしいカタログギフトを贈れば、きっと感謝や祝意の想いが伝わるはずです。ぜひ、この記事を参考にお気に入りのブランドカタログギフトを選んでください。