知っておきたいお中元のマナーと
贈って喜ばれるおすすめカタログ2018年版

夏のご挨拶の定番といえば「お中元」です。最近では、こうしたしきたりにとらわれない暮らしを送る若い世代も増えていますが、やはり、昔ながらの季節のご挨拶を大切にする方も多いのが実情のようです。お中元を贈るかどうか迷っている、何を贈ったらいいかわからない方へ、お中元の由来や現在の傾向についてご説明します。


お中元は、中国の「三元」という行事が起源です。「上元、中元、下元」のうちの「中元」が、仏教の行事であった「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と結び付くことで、ご先祖様のためのお供え物を近隣に配る行事となりました。宗教行事の色合いが強かったお中元は、その後、「お世話になった方への贈り物」という風習に変化していったといわれています。現在、お中元は、冬のお歳暮と並ぶ日本の贈答文化の代表格といっていいでしょう。

では、お中元の詳しいマナーとそれにふさわしいカタログを紹介していきます。

いつ贈るかに注意を払いましょう


お中元を贈る時期は、関東では7月上旬~7月15日、関西などの西日本では1ヵ月遅れの8月上旬~8月15日を贈る時期としていましたが、現在ではいずれも7月上旬〜中旬くらいに贈るが一般的になってきています。ただ、最近は全国的に贈る時期が年々早まる傾向があり、6月下旬から7月15日頃までに届くようです。その理由の1つとして、デパートのお中元商戦の開始が早くなっていることも関係しています。
もし手配の遅れなどで贈る時期を過ぎてしまった場合は、表書きを立秋(8月6日~8日。年によって変わる)までは「暑中御見舞」に、立秋以降は「残暑御見舞」に変えれば失礼にあたりません。贈り先が目上の方の場合は、それぞれ「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。その場合、相手にお中元として贈れなかったことをお詫びし、遅れて贈る旨を手紙か電話、メールなどで一言伝えるのがマナーです。




どのような物を贈ればいいか気配りしましょう

何を贈るか品物選びは案外難しいもの。とかく贈る側の好みによってどの相手にも同じようなものを贈ってしまうケースが多くなりがち。贈り物は、感謝の気持ちが相手に伝わり、喜んでもらってこそ意味があります。自分好みの「あげたいもの」を贈るのではなく、相手の好み、家族構成、年齢などを十分に考慮して、「喜んでいただけるもの」を贈る相手ごとに選ぶように心がけると良いでしょう。たとえば子どもがいる家庭には、子どもも大人も食べられるお菓子類を。三世代同居の家庭には世代を問わず喜ばれるものをといったように、贈り分けするのがベストです。相手の家族構成や好みがわからないなどの場合は、「贈った相手が自分の好きな品物を選べる」カタログギフトがおすすめです。



送り先と贈る物の金額に心遣いしましょう

お中元用の商品には、2,000円程度の気軽な物から20,000円を超える物まで、さまざまな価格帯が用意されています。しかし、一般的には、贈る側も受け取る側も負担になりにくい、5,000円程度の価格帯の物がよく利用されています。
お中元は、継続して毎年贈る物ですから、あまり高額な品物のやりとりが続くと家計に響くこともあります。また、受け取る側も、いかにも高そうな品物だと、「お返しをしないと悪いかもしれない」といった気遣いをさせることもあります。相手との関係や家庭環境などを加味した上で、無理のない予算での贈り物を検討しましょう。




「のし紙」は正式なものを選びましょう

お中元の、のし紙には「紅白の蝶結び」にのしが付いたデザインを用います。「紅白蝶結び」は、結び目が何度でも結び直せることから、何度繰り返してもよいお祝い事やお礼などに用いる様式です。表書きは水引中央結び目の上に「御中元」と書き、水引中央結び目の下にやや小さめに姓名を記載します。お中元の時期を過ぎてしまった場合には、のしの表書きを変えて贈るのは、上述のとおりです。
ただし、贈り先が喪中である場合は、無地ののしか、短冊を利用しましょう。
なお、お中元を相手の自宅まで持参する場合は「外のし」、郵送(または宅配)する場合は「内のし」とするケースが多いようです。


お中元を渡すおきのマナーとは?


お中元を持参する場合は、お世話になったお礼や挨拶を口頭で述べることになります。品物は風呂敷に包んで持参するのが正式なマナー。また、風呂敷に包んで持参した品物を、先方に手渡す際は、風呂敷を解いて風呂敷のみを持ち帰るのが作法です。渡す際は、相手の前で風呂敷を解き、品物が相手から見て正面になるように向きを変えて両手で手渡します。ただし、昨今ではほとんどのお中元は配送業者によって届けられるようになっています。そのため、挨拶状を同封するか、はがきを別送することになります。デパートや通信販売サイトなどからお中元の配送を注文した場合は、挨拶状を同封できない場合が多いため、相手に品物が届く前に到着するよう送りましょう。また最近では、挨拶状も送らないという人も増えており、電話やメールで済ませたり、品物だけを贈ったりするケースも珍しくありません。とはいえ、お中元は基本的にお世話になった方に贈る物ですから、やはり、一筆したためるのが正式なマナーとなります。


喪中のときのお中元はどうする?

お中元は慶事の贈り物ではなく、日頃お世話になっていることに対する感謝の心を贈るもの。ですから、当方または先方のいずれか(または双方)が喪中であっても、贈ることは一向に失礼にあたりません。忌中(仏教では忌明け前)の時期やどうしても気になる場合は、事前にお断わりをして先方の承諾を得た上で、時期をずらして「暑中御見舞」 (立秋まで)として贈るという選択肢もあります。


では次に、贈る相手に応じたおすすめのカタログを紹介していきます。


特にお世話になった方や目上の方にふさわしいカタログ

こだわりの美味しさ満載。
名店の味を自宅で楽しめるグルメ専門カタログギフト

『ア・ラ・グルメ』

<全11コース>
4,000円〜51,000円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
日本全国の名店の味を自宅で楽しめる、上質な食の贈り物。老舗の一品や憧れの人気店のスイーツをはじめ、グルメな方にもご満足いただけるこだわりの美味が満載です。

◎おすすめPoint2
1冊から2つの美味しさが選べるダブルコースも人気。大人には「お酒」など、お子さんには「お菓子」と、家族全員に喜んでいただけます。1冊で最大約400点を掲載。




全国47都道府県をコンプリート。
“美味・名品”を選べるカタログギフト

『日本の贈り物』

<全8コース>
3,800円〜15,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
全国47都道府県が誇る「美味・名品」を厳選して掲載。豊かな風土に育まれた美食や長年培われてきた職人の技、匠の技巧が詰まった日本にしかない品物を発見できます。

◎おすすめPoint2
多くのMade in Japanを掲載している『日本の贈り物』は、「安心・安全」なものを贈りたい方や、受け取った方に「品質の高さ」で満足していただきたい方に最適です。




親・親類、友人・知人にふさわしいカタログ

ユネスコ無形文化遺産「和食」。
全国の名店の味を自宅で楽しめるカタログギフト

『美食万彩』

<全6コース>
4,000円〜11,000円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
老舗の日本料理店や有名な中華料理店など、和食を中心に最大で約 320 点のグルメを1冊に掲載。全国の名店の料理を自宅でご堪能いただけるグルメ専門カタログです。

◎おすすめPoint2
産地直送品や有名店の名品・名菓などこだわりの美味が満載。豊富に取り揃えたメニューは、子どもから大人まで世代を問わず喜ばれるラインナップです。




北海道の海の幸、山の幸。
北のグルメ満彩のコンパクトタイプカタログギフト

『グルメTHE北海道』

<全3コース>
4,000円〜11,000円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
毛がに、いくら醤油漬け、ホタテバター焼き、ジンギスカンなど「食の王国」北海道を代表する美味しさを厳選。食通をも唸らせる品揃えで、夏を乗り切る元気を贈ります。

◎おすすめPoint2
カタログギフトをコンパクトタイプにすることで、「本物志向」や「贈り物らしさ」を届けることができます。高級感ある専用パッケージにて配送します。




勤務先の上司、学校の先生、医師・看護師にふさわしいカタログ

本物志向の大人へ。
「家庭画報」が選んだ特別感あるカタログギフト

『家庭画報の贈りもの』

<全3コース>
5,800円〜15,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
販売部数・知名度ともにトップクラスの高級誌とコラボしたこのカタログギフトは、50~60代の大人の方への「信頼」と「安心感」のある贈り物として絶好です。

◎おすすめPoint2
家庭画報の考える「夢」、「美的」、「暮らし」をコンセプトに、それぞれのスタイルに合わせた選りすぐりの商品をセレクト。特別感のあるギフトで感謝の気持ちを伝えます。




ナチュラル&オーガニック。
環境に優しく、自然志向のカタログギフト

『やさしいきもち。』

<全3コース>
3,800円〜10,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
オーガニック&ナチュラルな素材にこだわり、毎日をもっと自然体で過ごせるアイテム満載。パソコンやスマホから“いつでも”“どこでも”申し込みができるe-bookも新登場。

◎おすすめPoint2
自然素材を使ったコスメ、インテリアやデイリーグッズ、有機野菜やスーパーフードなどが勢ぞろい。ナチュラルな暮らしを志向する方におすすめです。




取引先や格別な方にふさわしいカタログ


洗練された和風デザイン。
細やかなおもてなしの心を届けるカタログギフト

『和(なごみ)』

<全16コース>
2,800円〜50,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
高級感ある落ち着いたデザイン。年配の方から若い方まで、年代・性別を問わずご満足いただける商品を数多く取り揃え、贈り先様一人ひとりに「本当に欲しいギフト」を贈れます。

◎おすすめPoint2
有名ブランドのアイテムや名店のグルメ・スイーツなどコース最大2,550点掲載。温泉旅行、エステ、クルージング、乗馬体験など普段の生活ではできない体験も充実。




「最上級の贅沢」を贈る。
10万円カタログギフト

『THE PREMIUM GIFT』

<全1コース>
100,800円(システム料込・税別)

◎おすすめPoint1
大切な贈り先様を心から“おもてなし”するという想いがこもった、高額カタログギフトの決定版。取引先への贈り物にふさわしいラグジュアリーな逸品が揃っています。

◎おすすめPoint2
日本が世界に誇る観光地の宿泊プランをラインナップした「文化遺産の旅」、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」に選ばれている高級温泉旅館・ホテルも多数掲載。




お中元は、ちょうど一年の半分ほどが終わった頃に行うので、「今年の前半もお世話になり、ありがとうございました」という上半期の感謝を込めて贈る「志」です。つまり、お中元を贈った人に対しては、1年の終わりに贈る「今年もありがとうございました」という感謝を示すお歳暮も、贈る必要があるということです。お中元だけを贈ってお歳暮は贈らないというのは失礼にあたるため、贈り忘れがないように気を付けましょう。

この記事を参考に、贈る方にふさわしいお中元カタログをぜひ選んでください。