退職祝いを郵送するときのマナーとは?

<質問>
退職祝いを郵送したいと思っています。
その場合、注意するポイントは何でしょうか?





<回答>

まず初めに、退職祝いを郵送(または宅配)するのは失礼ではありません。本来なら本人に直接渡して、長年の労を心からねぎらい感謝し、新たな生活へのスタートを温かくお祝いするものです。しかし、遠方に住む方に贈るときやお互い時間の調整がつかない場合などには、どうしても配送に頼らざるを得ません。また、近年はギフト専門店などを通じての配送も多く利用されようになっています。

では、退職祝いを郵送する際のマナーを紹介していきます。
直接渡せないので、必ずお祝い状や送り状を書き添えて送るのがエチケットです。ギフトショップやデパートから配送を依頼する際は、品物だけが先に相手に届くことなく、先にお祝い状が届くように注意しましょう。別々に送ることになるわけですから、まず手紙が先に着くのがマナーとなります。

次に、贈るタイミング。退職日またはその前日までに届けるのが一般的です。ただ、あまり早く品物が到着してしまうのは失礼にあたるので、日時指定便を利用して配送する日を確実にしておきましょう。

続いて、退職祝いの金額の相場。地域や職場、お付き合いの度合い、年齢などによって異なる場合があります。以下をおおよその目安としてください。
・会社の同僚に個人で贈る場合:3,000~10,000円
・会社の上司に個人で贈る場合:5,000~20,000円
・親戚・その他身内:5,000円~~10,000円
・友人・知人:3,000円~5,000円

結婚、出産、転職、独立など、いわゆる自己都合による退職祝いは、送別するというよりも退職理由そのものに対する「祝福」や「激励」の意が強く、個々のお祝いを兼ねて贈ることが一般的です。ですから、金額の相場もそれぞれの事情、お付き合いの度合いによって大きく変わってきます。退職祝いを贈らずに、結婚祝い、出産祝い、独立祝いなどに含めて贈ることが多いようです。

最後に、退職祝い掛けるのし紙の水引は、「紅白蝶結び」が基本となります。定年退職は多くの人にとって人生一度切りのことですが、水引は「紅白蝶結び」を使用するのが正しいマナーです。定年退職はいわば第二の人生のスタートであり、近年では再就職される方も多くなっています。退職後の人生を祝福し、応援するという意味を込めて、「紅白蝶結び」を選びましょう。
表書きは「御餞別」または「祝定年御退職」「御礼」「感謝」「御祝」など、さまざまなパターンがありますが、基本的に「御礼」としておけば、マナー違反にはなりません。なお「御祝」も一見良さそうに思えますが、退職理由によっては適さない場合があるので、気を付けたいところです。また目上の方に贈る場合は、「御餞別」という表書きは失礼にあたるので、「御祝」「御礼」「おはなむけ」と記載するよう留意しましょう。ただし、例外的に結婚退職の水引は一度きりで良いお祝い事なので「紅白結び切り」を利用し、表書きは「御結婚御祝」と記して贈るのが一般的です。