出産内祝いを郵送するときのマナーとは?

<質問>
出産内祝いを郵送で贈りたいと思っています。
その場合、注意すべきポイントは何でしょうか?





<回答>

初めに、出産内祝いを郵送(または宅配)するのは失礼にあたりません。かつては直接届けるのが習わしでしたが、現在はギフト専門店などを通じての配送が多く利用されています。遠方に住む方に贈る場合、どうしても配送に頼らざるを得ませんし、近隣の方に渡すにしてもわざわざ時間を取っていただかずに済みます。

では、郵送を選んだ際のマナーを紹介していきます。
まず、贈るタイミングに気を付けましょう。赤ちゃんの生後1ヵ月頃にお贈りするのが一般的です。地域によって異なりますが、ちょうどお宮参りの頃が目安になります。11~2月生まれの赤ちゃんの場合、季節柄少し時期をずらしてお宮参りをする方も多いようです。遅くても生後2ヵ月頃までには贈りましょう。産後は何かと忙しいので、贈り物選びや贈り先の確認などの準備はゆとりのある産前にしておくと安心です。また、もし先方が喪中の場合、四十九日の忌明けが過ぎて落ち着いた頃に贈るのがマナーとなります。

次に、事前確認を怠らないこと。贈る相手にまず電話やメールで予め確認を取り、在宅している日時を指定して送ることが大切になります。日時指定便を利用して、相手の希望どおりに品物が届くよう手配しましょう。先方にもそれぞれ事情があるので、こうした細やかな心配りが必要となってきます。なお、目上の方や親戚に贈る場合は、両親を介して希望日などをお伺いしたほうがスムーズに運ぶこともあるので、お願いしてみるのもいいでしょう。

続いて、内祝いの金額。いただいたお祝いの半額を基本とし、これを半返しといいます。半返しは、一般的な通例なので、それより予算を下げるのはおすすめできません。ただ、両親や祖父母などといわゆる身内からいただいた高額のお祝いについては、いただいた金額の3分の1程度でも構わないとされています。その場合は、赤ちゃんが生まれた記念となるもの、ずっと大切に使っていただけそうなものを選ぶと良いでしょう。ただし、返し過ぎるとかえって失礼になる場合があるので、周りの人や慣習に詳しい人に相談するのが賢明です。

最後にのしや包装をきちんと整えましょう。出産内祝いに付ける「のし紙」には、表書きに「内祝」もしくは「出産内祝」と書き、下段に赤ちゃんの名前とふり仮名を記載します。のし紙の水引きは「5本または7本の紅白蝶結び」がスタンダード。「紅白蝶結び」は、何度もほどいて結び直せることから、何回あってもおめでたい事を祝うときに利用します。
内祝いを贈る夫婦の名前ではなく、赤ちゃんの名前を書くのは、出産祝いをいただいた方に、赤ちゃんの名前をお披露目するという意味合いもあります。読みやすい名前でも、読みにくい名前でも、必ずふりがなをふっておくことを忘れないようにしましょう。
なお、人気のカタログギフトでも、きちんとのし紙をかけて送ることができます。配送の場合は、個人情報保護や配送中にのし紙が破れたり汚れたりするのを避けるため、「内のし」が選ばれることが多くなっています。