入学祝いを渡すときのマナーとは?

<質問>
入学祝いを渡そうと思っています。
その際、気を付けるポイントは何でしょうか?





<回答>

入学祝いは基本的に、身内にとっての慶事なので、贈る相手は親戚の子供や甥・姪、孫などに限られるのが一般的です。ただし、特に親しい友人の子どもになら贈っても構いません。

入学祝いを渡す時期は、入学先が決まった後、できれば入学式の2~3週間前(3月初旬頃~中旬)、遅くとも式の1週間前までに贈るようにしましょう。卒業祝いと入学祝いが重なったら、入学祝いを優先して、一度だけ贈るのが一般的です。

ところで、高校や大学に進学する場合は、志望校への入学が叶わないケースもあるため、入学が正式に決まったことを確認してから贈るようにしましょう。なお、遠方に住んでいるなどの事情で会う機会が少ない場合は、年末年始に集まったときに入学祝いを渡すパターンも最近増えつつあります。公立の小学校、中学校に進学するのなら確実なわけですから、早目に渡してもマナー違反とはいえません。

次に、入学祝いの相場を知っておきましょう。
入学祝いは5,000~10,000円が目安で、贈り先との関係と進学先によって判断します。 基本的に、贈る相手の血縁が近く、贈る側の年齢が上になるほど、入学祝いの相場は高くなると考えておけばいいでしょう。また、小学校、中学校への入学の際には、少し多めに贈ることもあります。例えば、祖父母が孫に入学祝いを贈る場合は、幼稚園・高等学校・大学では10,000円程度、小学校で20,000円程度(それにランドセルを加える場合も)、中学校で30,000円程度が相場です。叔父・叔母として兄弟の子どもに贈る場合はすべてのケースで10,000円程度、友人の子どもに贈る場合は幼稚園では3,000~5,000円程度、他は5,000~10,000円程度が目安となります。
ただ気を付けたいのは、相手に高額と思われてしまい、負担を感じられないようにすることです。一般的に、子どものお祝いはお返しが必要ないとされています。相手に「お返ししたほうがいい」と感じさせない心配りも忘れてはなりません。

続いて、のし紙や包装をきちんと整えるのもマナーです。気軽なプレゼントなどとは異なり、お祝い事は日本の伝統に則ったもの。のしや包装紙を省くのは失礼にあたります。たとえ親しい間柄であっても作法を守りましょう。のしの表書きは、幼稚園なら「祝御入園」、小学校や中学校、高等学校、大学、専門学校なら「入学御祝」「祝 御入学」「御入学御祝」などを記し、下段に贈り主のフルネームを書き入れます。水引きは「5本または7本の紅白蝶結び」がスタンダード。「紅白蝶結び」は何度でも結び直せることから「何回あっても喜ばしい」という意味を持っており、慶事に用いられる様式です。

最後に、入学祝いは基本的に本人へ直接手渡しするのがマナーとなります。例外は小学生に渡す場合。かわいい子どもの成長の節目に贈る入学祝いですが、小学生へのお祝いはいわばご両親に渡すに等しいもの。原則としてご両親に渡すのが一般的です。どうしても直接渡して「おめでとう」を伝えたい場合は、先にご両親に承諾を得てから本人へ渡すようにしましょう。