入学祝いを郵送するときのマナーとは?

<質問>
入学祝いを郵送で贈ろうと思っています。
その場合、注意するポイントは何でしょうか?





<回答>

まず初めに、入学祝いを郵送(または宅配)するのは失礼ではありません。遠方に住む方にお祝いを贈る場合、どうしても郵送に頼らざるを得ませんし、近隣の方に手渡しするにしてもわざわざ時間を取っていただかずに済みます。また、配送の時間指定便なら相手の希望日時に品物が届くというメリットもあります。

では、郵送を選んだ際、注意しておきたいマナーを紹介していきます。まず、送るタイミングに気を付けましょう。入学する2~3週間前(3月初旬頃~中旬)の吉日(大安、先勝、友引)に届けるのが一般的とされています。高校や大学に進学する場合は、志望校への入学が叶わないケースもあるので、入学が正式に決まったことを確認してから贈る手配をしましょう。なお、遠方に住んでいるなどの事情で会う機会が少ない場合は、年末年始に集まったときに入学祝いを渡すパターンも最近増えつつあります。公立の小学校、中学校に進学するのなら確実なわけですから、早目に渡してもマナー違反とはいえません。また、贈る相手(入学祝いの場合はご両親)に電話やメールで事前確認をし、在宅している日時を確認することも大事。先方にもそれぞれ事情があるので、細やかな心遣いが必要となってきます。

次に、入学祝いの相場を知っておきましょう。
小学生・中学生・高校生に贈る場合:友人・知人なら3,000円~5,000円、叔父・叔母の間柄なら5,000円~10,000円、祖父・祖母の間柄なら10,000円~50,000円(小学生ならランドセル代金を含む)が目安です。
大学生に贈る場合:友人・知人なら5,000円程度、叔父・叔母の間柄なら10,000円~50,000円、祖父・祖母の間柄なら50,000円以上が目安です。
なお、小学生・中学生・高校生・大学生と年齢を重ねるにつれ、金額もアップしていくのが一般的です。ただし相手に高額と思われてしまい、負担を感じられないように配慮するべきです。一般的に、子どものお祝いはお返しが必要ないとされています。相手に「お返ししたほうがいい」と感じさせない心配りも忘れてはなりません。

続いて、のしや包装をきちんと整えるのもマナーです。気軽なプレゼントなどとは異なり、お祝い事は日本の伝統に則ったもの。のしや包装紙を省くのは失礼にあたります。たとえ親しい間柄であっても作法を守りましょう。のしの表書きには「入学御祝」「祝御入学」「御入学御祝」などを記し、下段に贈り主のフルネームを書き入れます。水引きは「5本または7本の紅白蝶結び」がスタンダード。「紅白蝶結び」は何度でも結び直せることから「何回あっても喜ばしい」という意味を持っており、慶事に用いられる様式です。ギフトショップやネットショップから直接配送する場合は、お店が責任をもって対応してくれるので、お任せしましょう。

最後に気を付けたいのは、必ず「手紙を添えること」。一筆箋でも構いませんし、メッセージカードでも良いでしょう。できれば手書きのほうが 「本当におめでとう」という心が伝わるもの。手書きができない場合は印刷でも許容されるので、あいさつ状やカード類は必ず添えましょう。ただ、手紙類は包装紙の最後の折り目あたりに「さりげなく」添えるのが礼儀。くれぐれものし紙の上に置いたりしないよう注意してください。かわいい子どもの成長の節目に贈る入学祝いですが、特に小学生へのお祝いはいわばご両親に渡すに等しいものです。マナーを守って贈り、気持ちよく受け取っていただきたきましょう。