誕生日プレゼントを郵送する場合のエチケットとは?

<質問>
誕生日のプレゼントを郵送しようと思っています。
その際、気を付けるべきことは何でしょうか?





<回答>

家族や親戚、友人や知人、彼女や彼氏…大切な人の誕生日にプレゼントを贈る機会は1年を通して何回も訪れます。そんなとき、便利な郵送(または宅配)でプレゼントを送るのも喜ばれるのではないでしょうか。誕生日の贈り物は、その人を大事に想っている証です。妻や彼女といった親しい間柄では、たとえば内緒にしておいて郵送すれば、それは大きなサプライズ。感動もひとしおでしょう。また、友達や同僚に郵送で送れば、「誕生日を覚えていてくれた!」と喜びは倍増するに違いありません。

では、誕生日プレゼントを郵送する際、心得ておきたいマナーを紹介します。まず、プレゼントは誕生日当日に必着で相手に届けること。そのため、配達の日時を指定できる発送法を選びましょう。郵便局なら「郵パック」、その他の宅配会社も同様に日時指定が可能です。指定可能な時間帯は、午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~21時から選べます。サプライズで驚かせたい気持ちもあるでしょうが、ごく親しい間柄でない場合は、可能な限り相手の都合の良い時間帯を指定したほうがスムーズ。そうした気遣いが大切になります。

次に、誕生日のプレゼントには、昔からタブーとされる品物があるので、心得ておきましょう。

【縁起が良くないとされる物】
「縁を切る」を連想させるナイフ、ハサミ、包丁など 「割れる」「壊れる」を連想させるガラス製品、陶磁器など 「手切れ」「別れ」を意味するハンカチ 「死・苦」を連想させる櫛 「香典返し」の定番であるお茶・紅茶・海苔、石鹸・洗剤など後に残らない物 (消えて無くなる物) 

【年寄りの印象を持たれやすい物】
メガネ、ルーペ、老眼鏡、ステッキ、杖など

【目上の方に失礼と誤解されがちな物】
「足で踏む」という意味合いから靴、スリッパ、ソックス、足袋などの履物 「もっと勤勉に」の印象を与える万年筆、ボールペン、腕時計、辞書など 「相手を低く見ている」と思われる商品券、金券、プリペイドカードなど

上記の品は、一般的には避けるべきといわれてきました。ただし、最近は本人の好みを尊重する傾向にあるので、本人が喜ぶのであれば必ずしもNGとはいえないようです。ただし、上司にあたる方やご年配の方は、まだ慣習を気にかける傾向もあります。プレゼントを贈る場合は、くれぐれも失礼のないように気配りしましょう。