香典返しをお渡しするとき、押さえておきたい
マナーとは?

<質問>
香典返しを訪問して渡そうと思っています。
その場合、気を付けるべきポイントは何でしょうか?





<回答>

通夜、葬儀・告別式にいただいた金品(香典)のお礼として品物などを贈るのが香典返し。地域・慣習・宗派により異なりますが、仏式においては慣例として、七七日忌(いわゆる四十九日)を過ぎた「忌明け」に故人に関する一切の仏事が滞りなく済んだという報告とお礼を兼ね、直接会って手渡しするのが正式なマナーです。
一方、最近では四十九日を待たずに、香典返しを通夜、葬儀・告別式の式場で当日に渡すいわゆる「即日返し(即返し、または当日返し)」も増えてきています。ただその場合でも、一律の金額でお返しをする関係上、高額の香典いただいた方や生前ことさらお世話になった方には、忌明け後に改めて香典返しを渡す必要があります。

では、香典返しを渡す際、気を付けておきたいマナーを紹介していきます。

まず香典返しの金額ですが、従来のしきたりでは「半返し」といって、いただいた香典の半分くらいをお返しするのが目安。 しかし、一家の主人が亡くなった場合などは「3分の1」くらいの予算でお返しをすることも許容されています。

続いて注意したいのが、お返しの品物選びです。香典返しはあくまで不祝儀なので、縁起を担いでお茶や紅茶、石鹸や洗剤などの後に残らない物 (消えて無くなる物)が良いとされます。また、不幸を塗りつぶすといった意味合いの漆器、人間は土に帰るという意味合いの陶器も好適といわれています。
他に、実用品としてタオルセットやハンカチなども一般的です。最近では、贈られた相手が好みの品を選べるカタログギフトもよく利用されるようになっています。

次に、のしや包装をきちんと整えるのも忘れてはならないマナーです。東日本では、「志」と表書きして「黒白5本の結びきり」の水引を用いるのが一般的。関西では、「満中陰志」と表書きして「黄白5本の結びきり」の水引を用いるのが一般的です。表書きの下に記す名前は、喪主の姓か「○○家」とします。

最後に、渡す日時に注意しましょう。香典返しは、前述のとおり、贈り物とはいえ不祝儀です。四十九日が年始(松の内)に当たるのであれば、その期間は避けるのが一般的。また、贈る相手に誕生日や結婚式などの祝い事があるとわかっている場合は、渡すのをいったん控えるべきです。四十九日の忌明けであれば、多少遅くなっても失礼ではありません。むしろ相手の祝賀気分に水を差すほうが非礼になります。相手の事情や気持ちを考慮し、渡す日時に気を配ることが大切です。

なお、香典返しは、本来は出向いて行って直接渡すべきものですが、遠方に住まわれているためお伺いするのが難しい、また返す件数が相当数あるなどといった場合は郵送(または宅配)しても失礼にあたりません。ただし、郵送する際には必ず「通夜や告別式に参列して香典をいただいたことに対するお礼、法要などが滞りなく済んだことの報告」を盛り込んだ挨拶状を添えるように心がけましょう。