香典返しを郵送する際、心得ておきたいマナーとは?

<質問>
香典返しを郵送で送りたいと思っています。
その場合、注意するべきポイントは何でしょうか?





<回答>

通夜、葬儀・告別式にいただいた金品(香典)のお礼として品物などを贈るのが香典返し。
地域・慣習・宗派により異なりますが、仏式においては慣例として、七七日忌(いわゆる四十九日)の法要が済んだ「忌明け」に弔問へのお礼の気持ちを込めて、香典返しを贈るが一般的です。一方、最近では四十九日を待たずに、香典返しを通夜、葬儀・告別式の式場で当日に渡すいわゆる「即日返し(即返し、または当日返し)」も増えてきています。ただその場合でも、一律の金額でお返しをする関係上、いただいた香典が高額だった方には忌明け後に改めて香典返しを贈る必要があります。

では、香典返しを郵送(または宅配)するにあたって、押さえておくべきマナーを紹介していきます。

まず、忌明けの報告とお礼を兼ねて、品物と一緒に必ず挨拶状やお礼状を添えるようにしましょう。正式には奉書紙に毛筆の薄墨で書きますが、故人の氏名や戒名、喪主の氏名に加え、無事に供養が済んだこと、郵送で挨拶を簡略化にしたことへのお詫びを記載すれば、定型書式の挨拶カードなどを使用しても問題ありません。最近は、ギフトショップやネットショップでも文面や印刷の相談に応じてくれるところが多いので、そういった専門家に頼むのもひとつの方法です。また、挨拶状は香典返しの品物に添えても構いませんが、より丁寧に贈りたいのであれば、あらかじめ挨拶状を送付してから品物が届くように段取りをしましょう。ただし、「弔辞をお願いした方」や「故人が特にお世話になった方」など、挨拶に伺って直接手渡したほうが良いケースもあるので、周りの人や慣習に詳しい人に確認をとることをおすすめします。

次に、贈る日時に注意しましょう。香典返しは、贈り物とはいえ不祝儀です。四十九日が年始に当たるのであれば、年始は避けるのが一般的。また、贈る相手に誕生日や結婚式などの祝い事があるとわかっている場合は、贈るのをいったん控えるべきです。四十九日の法要明けであれば、多少遅くなっても失礼ではありません。むしろ相手の祝賀気分に水を差すほうが失礼になります。相手の事情や気持ちを考慮し、贈る日時に気を配ることが大切です。最近は配送日時を指定ができる便があるので、ぜひ有効に活用しましょう。