内祝いを郵送する際、押さえておきたいマナーとは?

<質問>
内祝いを郵送で贈りたいと思っています。
そのとき、気を付けるべきポイントは何でしょうか?





<回答>

まず初めに、内祝いを郵送(または宅配)するのは失礼にあたりません。遠方に住む方に内祝いを贈る場合、どうしても郵送に頼らざるを得ませんし、近隣の方に手渡しするにしてもわざわざ時間を取っていただかずにすみます。また、郵送なら相手の希望日に品物が届くというメリットもあります。

では、郵送を選んだ際、注意しておきたいマナーを紹介していきます。まず、郵送するタイミングに気を付けましょう。結婚内祝い(挙式をしない・招待しない場合)なら、結婚式や入籍の1ヶ月後までが目安です。出産内祝いは、誕生後1ヶ月~2ヶ月以内。入園・入学・進学内祝いは、入学式後1カ月以内。新築内祝いや引っ越し内祝いは、転居してから1ヶ月以内。快気祝いは、退院後10日~1ヶ月が目安となります。そして、贈る相手に電話やメールで事前確認をし、在宅している日時を指定して送ることも大事。先方にもそれぞれ事情があるので、こうした細やかな心配りが必要となってきます。

次に、のしや包装をきちんと整えるのも忘れてはならないマナーです。気軽なプレゼントなどとは異なり、内祝いは日本の伝統に則ったもの。のしや包装紙を省くのは失礼にあたります。たとえ親しい間柄であっても作法を守ることが大切です。なお、のしには包装された品物の上に掛ける「外のし」と、包装紙の内側に掛ける「内のし」の2種類がありますが、郵送する場合は配送中に破れたり傷などがつきにくい「内のし」が一般的とされています。ただし、ギフトショップやネットショップから直接配送する場合は、お店が責任をもって対応してくれるので、お任せしましょう。

最後に気を付けたいのは、必ず「手紙を添えること」。一筆箋でも構いませんし、メッセージカードでも良いでしょう。できれば手書きのほうが 「本当にありがとう」という心が伝わるもの。相手がご年配の方なら、なおさら好印象を与えます。 手書きができない場合は印刷でも許容されるので、あいさつ状やカード類は必ず添えるように心得ましょう。ただ、これらの手紙類は包装紙の最後の折り目あたりに「さりげなく」添えるのが礼儀。くれぐれものし紙の上に置いたりしないよう注意してください。