結婚内祝いのお礼状に適した便箋・封筒、書き方のマナーとは



<質問>
結婚祝いをくださった方に内祝いを贈ろうと思います。
品物に添えるお礼状は、どんな封筒に入れればいいのでしょうか?



<回答>

結婚内祝いに添えるお礼状は、普通の手紙とは違い、感謝を伝えるための物ですから、封筒は何でもいいというわけにはいきません。便箋は白の無地か罫線のみが入ったシンプルな物を選び、封筒は、最も格式が高い、白の二重封筒を用意するのが一般的です。今では横書きの手紙も増えていますが、年上で目上の人に出す場合は、縦書きを選んでおくのが無難でしょう。

一方、筆記具は、万年筆か毛筆が正式とされていますが、ボールペンか筆ペンでも構いません。
文面には「感謝の気持ち」と「結婚生活の報告」「もらった品物を役立てていることの報告」「今後もよろしくお願いしますという挨拶」を必ず盛り込み、結婚式から1ヵ月以内には先方に届くように贈りましょう。