古希祝いとは? お祝いの金額・相場、贈る時期、おすすめの品物


日頃から、両親や義理の両親の誕生日祝いを特にしていない場合でも、「古希」といった特別な長寿のお祝いはきちんとしておきたいものです。 そこで、古希のお祝いをしたいけれど、相場やどのように行うべきなのかがわからないという人向けに、古希の由来やお祝いの仕方についてまとめました。





古希とは?


中国の詩人、杜甫の詩句に、「人生七十古来稀なり」というものがあります。
これは、「昔から人生を70年生きる人は稀である」という意味の言葉です。古希は元々、この句が由来で、「稀」と書かれていたものが、常用漢字の「希」に変化したといわれています(現在でも、「古稀」と書く場合もあります)。栄養状態が悪く、医療も発達していなかった時代には、70歳まで生きる人は珍しかったのです。そこで、70歳まで生きた長寿の人に対して、古希という特別なお祝いをするようになりました。

もっとも、現在では70歳まで生きるというのは珍しいことではなくなっています。そのため、古希も「長寿のお祝い」というよりは、「節目となる年齢の誕生日祝い」というようなとらえ方をするといいでしょう。

元々、長寿のお祝いには、還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿など、さまざまなものがあります。このうち、満60歳を祝う還暦以外は、それぞれ数え年の70歳、77歳、80歳、88歳を祝うものでした。
しかし、現在では、数え年を使う人が少なくなり、年齢といった場合は満年齢を示すことが一般的になったため、古希や喜寿なども、満年齢で祝うケースが増えています。
これは、「数えが正しい」「満年齢が正しい」というものではありませんから、それぞれの家庭ごとに、本人や周囲の人が祝いたいと思うタイミングでお祝いをするのがいいでしょう。



古希祝いはいつ渡せばいいの?


古希のお祝いは、お正月にすることもあれば、本人の誕生日にすることもあります。
また、敬老の日などに行う場合もあります。

古希のお祝いを行う時期、お祝いを渡すタイミングには、決まったルールはありません。
家族や親族のあいだで、都合のいい日時を相談してお祝いの日を決めましょう。
お祝いの品はその日に持っていき、直接本人に渡すのがおすすめです。



古希祝いの相場は?


古希祝いの相場は、1~10万円程度と、非常に幅広いです。
それぞれの家庭の台所事情や、ほかの親族のお祝い金額とのバランスなどを考えて決めましょう。



古希祝いの贈答マナーは?


古希祝いの贈り物には、紅白の蝶結びの水引に、のし付きのかけ紙を使います。
表書きは「祝古希」や「御祝」「寿」などが適しています。
名前には、贈り主の名前を記します。夫婦で贈る場合は、夫の姓名を右側に記し、左側に妻の名前を書き添えます。兄弟や姉妹の場合は、兄や姉の姓名を右側に、弟妹の姓名を左側に書きましょう。また、「子供一同」などとすることもできます。

金封を贈る場合も基本的にはこれと同様で、紅白もしくは金銀の蝶結びに、のし付きの金封を使います。記名もかけ紙と同様に記します。



古希祝いの定番商品とおすすめ品


古希祝いの定番は、紫色の物です。昔は、紫は高貴な色で、身分の高い人しか身に着けることができませんでした。その高貴な色を贈ることで、長寿を祝い、尊敬の意を表すというのが紫に込められた意味です。最近ではこのような意味合いは薄れたものの、紫の小物類やアクセサリー、花束などは定番の贈り物となっています。

そのほか、お酒やバッグ、電化製品など、古希祝いの贈り物には、こうでなければいけないという決まりはありません。古希祝いを贈る相手は、多くの場合、自分の両親などの近しい相手ですから、好みやライフスタイルもよくわかっているはずです。相手に合わせて喜ばれる物を選びましょう。

また、物ではなく、家族旅行などをプレゼントして思い出づくりをするというのもおすすめです。
最近の70歳はまだまだ若いとはいえ、だんだん体も動きづらくなってきます。元気なうちに、楽しい思い出づくりに出かけてみてはいかがでしょうか。

なお、古希祝いでは現金を贈ることも失礼にはあたりません。しかし、贈られる側が、「現金よりも記念になるような物がほしい」「お金には不自由はしていないから、子供からもらおうとは思わない」ということもあるでしょう。そのような場合は、現金ではなく、旅行券やギフトカード、カタログギフトなどを贈るようにしましょう。
特にカタログギフトは、好きな品物を選ぶ楽しみも贈れますし、体験型ギフトが充実しているカタログであれば、レジャーの提案にもなるのでおすすめです。品物とカタログギフトを組み合わせて、いっしょに渡すのもいいでしょう。

最近では、親族が皆、近くに集まって住んでいるということは少なくなってきました。
親族が一堂に会してお祝いの食事会を開催するだけでも、いい古希祝いとなります。
大切なのは、お祝いをしたいという気持ちです。古希を迎えた人が喜び、次の節目まで元気に暮らしていこうと思えるようなお祝いを目指しましょう。