卒業祝いの相場とマナー|金額・贈る時期・おすすめの品物


「卒業祝い」は、入学祝いや就職祝いと並ぶ、人生の節目のお祝いのひとつです。
ただ、「入学祝いや就職祝いと別々に祝う必要があるの?」「友人の子供にはあげるべき?」
「何を贈れば喜んでもらえるの?」といった疑問も出てくるのではないでしょうか。

そこで、ほかのお祝いと時期が重なったときの対処法から、卒業祝いを渡す相手、渡す時期、贈り方、相場、おすすめの品まで、卒業祝いに関するマナーをまとめてご紹介します。





卒業・入学・就職祝いが重なったときは、入学・就職祝いを優先する


入学祝いや就職祝いが卒業祝いと重なったときは、入学祝い・就職祝いを優先します。
ただし、厳密なルールが決まっているわけではないので、祝う側がどちらもお祝いしてあげたければ、両方祝っても問題ありません。「どちらかひとつを選ぶとすれば入学・就職祝いにする」程度のものだと考えてください。

なお、入学や卒業は身内のお祝いなので、基本的にお祝いは家族や親戚のあいだだけで行います。
友人や知人の子供には、言葉でお祝いを伝えれば十分です。もっとも、お祝いをあげてはいけないということはありませんので、とても親しい友人の子供にお祝いを贈りたい場合は、あまりに高額な物は避け、相手に気を使わせない程度の贈り物をするといいでしょう。



卒業祝いを渡す時期は?


卒業祝いを贈る場合、卒業式の直後に渡すのがベストです。
遅くとも卒業後、1週間以内に贈るようにしましょう。



卒業祝いの金額の相場は?


卒業祝いの金額は、贈る相手の年齢と相手との関係性によって変わります。
入学祝いと同じで、基本的に血縁が濃いほど、また、贈る側の年齢が上になるほど、相場は高くなると考えておけば間違いありません。

例えば、大学卒業のお祝いなら、祖父母が孫に贈る場合は10,000~50,000円程度、おじ・おばとして兄弟の子供に贈る場合は10,000円程度、その他の親類として贈る場合や友人の子供に贈る場合は3,000~5,000円程度という具合です。



卒業祝いの贈り方は?


品物を贈る場合でも、現金や商品券を贈る場合でも、のしをつけて紅白の蝶結びの水引をかけます。
表書きは「祝御卒業」「卒業御祝」「御卒業御祝」「御祝」などとします。



卒業祝いに何を贈ればいいの?


卒業後は上の学校に進んだり就職したりするのが一般的ですので、新生活で役立ちそうな物を贈るのが基本です。卒業の時期は何かと物入りなことが多いので、自由に使ってもらえる現金や商品券、ギフトカード、図書カードなども喜ばれます。
品物で贈る場合は、相手の年齢に合わせて次のような物がおすすめです。

・小学校の卒業祝い
中学から電車通学を始めるなら、定期入れや腕時計は使われることが多いでしょう。進学を機に、文房具を買い換える子も多いため、文房具やボールペンもおすすめです。ただし、小学校を卒業するころになると、趣味や個性もはっきりしてきているので、その子の好みに合わせて選ぶことが大切です。事前に好みを聞いたり、いっしょに買いに行ったりするといいでしょう。
また、各家庭の教育方針がありますので、スマートフォンなどの電子機器を贈る場合は、事前に両親に相談して承諾を得るようにします。

おすすめの品:辞書や電子辞書、定期入れ(電車またはバス通学をする場合)、腕時計、財布、ハンカチ、名前入りのボールペン、ポーチ、革靴、文房具、スマートフォン


・中学校の卒業祝い
おすすめの品物は小学校の卒業祝いと大きな差はありませんが、大人っぽい品物がより好まれます。やはり事前に好みを聞いて、本人の趣味や嗜好に合う物を贈ることが大切です。

おすすめの品:辞書や電子辞書、定期入れ(電車またはバス通学の場合)、腕時計、財布、ハンカチ、名前入りのボールペン、ポーチ、革靴、スマートフォン、タブレット、携帯音楽プレーヤー


・高等学校の卒業祝い
大学や専門学校に進学して一人暮らしを始める人に贈るなら、新生活に必要な家電類がおすすめです。洗濯機や冷蔵庫という大きな物は値が張りますが、コーヒーメーカーや電子レンジ、掃除機などは、贈りやすい価格帯の物が多くそろっています。本人がすでに買った物と被らないように、事前に確認してから贈りましょう。進路が進学と就職のどちらにしても、スーツや財布、ハンコなどは活躍の場の多いアイテムですが、スーツは職種や環境によっては、あまり使われない場合もあるので注意してください。

おすすめの品:アクセサリー、化粧品、新生活で使う家電(コーヒーメーカー、電子レンジなど)、電子辞書、スーツ、靴、ハンコ、手帳、財布、スマートフォン、タブレット、携帯音楽プレーヤー


・大学の卒業祝い
これから社会人となることを想定して、ビジネスシーンで使える贈り物が喜ばれます。シンプルなデザインやベーシックな色使いで、自分で買うには少し高価で上質の物を贈るといいでしょう。大学を卒業する年齢ともなると、新生活に必要な物を自分で選べるカタログギフトもおすすめです。

おすすめの品:高級ボールペンや万年筆、上質な革の定期入れやキーケース、財布、腕時計、ネクタイ、アクセサリー、スマートフォン、タブレット、携帯音楽プレーヤー、カタログギフト


卒業は、周りの大人たちにとっても、子供たちの成長を実感できる大事な節目です。
この記事を参考に、お祝いの言葉とともに、相手にぴったりのプレゼントを贈ってあげてください。