お歳暮にお返しは必要? お礼状の書き方・例文、贈る時期とマナー


自分が贈っていない相手からお歳暮をいただいたり、思わぬ相手からお歳暮が届いたりしてしまったら、どうすればいいのでしょうか。せっかくお歳暮を贈ってくれた人に対して、不義理をすることがないよう、予定外の人からお歳暮が届いた場合の対応方法について知っておきましょう。





お歳暮をもらったらお礼は不要?


お歳暮は、「日頃お世話になっています」という感謝の気持ちを示すために贈られるものです。
教え子から先生、部下から上司など、目下の人が目上の人へ贈ることが多いのはそのためです。

そもそもお礼の品物という意味があるお歳暮ですから、原則として、お返しに物品を贈る必要はありません。しかし、物を贈る必要がないということと、お礼をしないということは同じ意味ではありません。贈り物を受け取ったときは、すぐにお礼をするのが礼儀です。お歳暮が届いたら、すぐにお礼状を出しましょう。親戚など、特に親しい人が相手の場合は、電話でお礼をしてもかまいません。

とはいえ、同僚や友人、知人など、同じ立場の相手からお歳暮が届いた場合は、「こちらもお世話になっております」という感謝を込めて、お歳暮を贈る場合があります。ただし、この場合も、お返しをするわけではなく、お互いにお歳暮を贈り合うという形であることを忘れないようにしましょう。



お礼状のみを送る場合


お歳暮をもらったお礼にお礼状だけを送る場合は、遅くとも受け取ってから3日以内には出すようにしましょう。お歳暮が贈られてくるのは、年賀状を送り始める時期と重なりますが、年賀状にお礼を書き添えるというのは失礼にあたります。必ず別に送るようにしてください。

通常、お礼状にははがきが利用されます。
封書で送るとより丁寧になるため、特に目上の人や特別な相手には封書で送ってもいいでしょう。

文面には、品物の感想や相手を気遣う言葉なども添えて、丁寧に感謝の気持ちを表します。
下記に文例をいくつか掲載しますので、参考にしてください。

なお、名前の下に「内」とつけるのは、夫宛てのお歳暮のお礼状を妻が代筆しているという意味です。この場合、文中に「主人」という言葉を使っても問題ありません。

また、会社などでお歳暮の受け取りが禁止されており、次回から断りたいという場合は、文例3のようなお礼状を送ります。

<お歳暮のお礼状の文例1>
拝啓 年の瀬も押し迫ってまいり、なにかと気ぜわしい毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日はご丁寧なお心遣いの品をお贈りくださいまして、ありがとうございました。
さっそく、家族でおいしくいただきました。
主人もたいへん喜び、くれぐれもよろしくと申しております。
時節柄、ご自愛ください。

敬具 
山田一郎 
内 


<お歳暮のお礼状の文例2>
寒さもひとしお身にしみる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、私どもは元気に過ごしております。
さて、この度は、ご丁寧にお歳暮のお品をお贈りいただき、ありがとうございました。
以前、リンゴが好きだとお話ししたことを覚えていてくださったこと、
たいへんうれしく思っております。
しばらくは寒さが続くことと思いますので、お体にお気を付けておすごしください。
略儀ながら、とり急ぎ書面にてお礼申し上げます。

山田一郎 


<お歳暮のお礼状の文例3>
拝啓 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
この度は御丁寧なお心遣いを頂き、ありがとうございます。
しかしながら、当社では公正なお取引きのために、
お取引先様からの贈り物は辞退させていただいております。
今回に限りまして、ありがたく頂戴いたしますが、
どうか今後のお気遣いはなさいませんようお願い申し上げます。
誠に申し訳ございませんが、何卒御理解の上、ご了承賜りたくお願い申し上げます。
今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
略儀ながら、書中をもちまして御礼ならびにお詫びを申し上げます。

敬具 
株式会社〇〇 
代表取締役 山田一郎 



こちらからも品物を贈る場合


相手からのお歳暮に対し、こちらからも品物を贈る場合は、お歳暮の時期に間に合うようであれば「お歳暮」、間に合わないときは、「お年賀」として渡します。用途に合わせた表書きを選ぶようにしましょう。また、水引はどちらの場合も紅白の蝶結びで、のし付きのかけ紙を使用します。

贈る品物の金額は、贈られた品物の半額から同額程度を目安にします。
それ以上の贈り物をすると、「今後はお歳暮は不要」という断りと取られてしまい、失礼にあたる可能性があるので注意してください。
なお、あくまでもお返しではなく、お歳暮やお年賀ですから、添え状には「(お歳暮に対する)お礼の品」「お返し」といった言葉を使わないようにしましょう。



お歳暮の定番品


お歳暮の定番は、季節を感じられる鍋もののセットや、地元の名産品、お酒などです。

お歳暮を選ぶ上で大切なのは、「贈った相手に喜んでもらえるかどうか」ということです。
そのため、相手の家族構成や好みによって、選ぶ品物は変わってきます。小さい子供がいる家庭であれば、家族みんなで楽しめるスイーツや食べ物、レジャー体験ギフトなどがいいでしょう。反対に、老夫婦に贈るのであれば、体験ギフトのようなアクティブな贈り物や、調理がたいへんな物、量が多い物などは適さないでしょう。

好みがわからないという場合は、カタログギフトを利用するのもおすすめです。
カタログギフトは、たくさんの選択肢から好きな商品を選べるので、相手が本当に必要な物や、ほしいと感じた物を受け取ってもらえます。年末年始に、家族でわいわい話し合いながら、何にするか決めてもらうというのもいいのではないでしょうか。

お歳暮は、基本的にお返しの必要のないものです。とはいえ、気持ちのやりとりが大切ですから、贈ってもらった人に対して失礼がないよう、十分なお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。こちらからもお歳暮を贈る場合は、お返しということではなく、「感謝の品を自分からも贈る」という立場をはっきりさせておくことが大切です。