入学祝いはどんな物を贈ればいい?
入学祝いの贈り方


「入学祝い」とは、読んで字の如く、子供が入学したことに対するお祝いです。
しかし、入学といっても、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校とさまざまな段階があり、それぞれで子供の年齢も異なります。「子供の進学先によって金額は変えるべき?」「何を贈れば喜んでもらえるの?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
入学祝いの相場や贈り方、おすすめの品物など、関連するマナーをまとめてご紹介していきます。





入学祝いは誰に、いつ贈ればいい?


入学は基本的に、身内にとっての慶事なので、贈る相手は親戚の子供や甥・姪、孫などに限られるのが一般的です。ただし、特に親しい友人の子供になら贈っても構いません。
入学祝いを渡す時期は、入学先が決まったあと、できれば入学式の2~3週間前、遅くとも式の1週間前までに贈るようにします。
卒業祝いと入学祝いが重なったら、入学祝いを優先して、一度だけ贈れば構いません。
入学先がわからない場合は、卒業祝いとして贈ってもいいでしょう。


卒業祝いの相場とマナーはこちら



入学祝いの相場は?


入学祝いは5,000~10,000円相当が目安で、贈り先との関係と進学先によって判断します。 基本的に、贈る相手の血縁が近く、贈る側の年齢が上になるほど、入学祝いの相場は高くなると考えておけばいいでしょう。また、小学校、中学校への入学の際には、少し多めに贈ることもあります。
例えば、祖父母が孫に入学祝いを贈る場合は、幼稚園・高等学校・大学では10,000円程度、小学校で20,000円程度、中学校で30,000円程度が相場です。おじ・おばとして兄弟の子供に贈る場合は、すべてのケースで10,000円程度、友人の子供に贈る場合は、幼稚園では3,000~5,000円程度、あとは5,000~10,000円程度という具合です。



入学祝いの贈り方は?


入学祝いを贈る際は、品物の場合も現金や商品券の場合も、のしをつけて、紅白の蝶結びの水引きをかけます。 表書きは、幼稚園なら「祝御入園」、小学校や中学校、高等学校、大学、専門学校なら「入学御祝」「祝 御入学」などとします。



入学祝いに何を贈ればいいの?


入学祝いには、「新しい学校や生活の中で使える実用的な物」を贈るのが基本です。
子供の年齢に合わせて、次のような物がよく入学祝いに贈られています。

・幼稚園の入学祝い

幼稚園入学の際には、すべての持ち物に名前を書くことを求められるのが一般的なので、名前を書く手間が省ける「名前スタンプセット」は人気アイテムのひとつです。

おすすめの品:文房具(クレヨン、色鉛筆など)、名前スタンプセット、タオル、ハンカチ、レインコート、長靴、図鑑、絵本、通園バッグ



・小学校の入学祝い

ランドセルや学習机といった値が張る物は、祖父母から贈られるケースがほとんどです。どちらも事前に大きさや色の希望を聞いて、本人や両親の希望に沿う物を贈ることが大切です。文房具や雨具などは、学校指定の物が決まっている可能性もありますので、事前に確認しておきましょう。

おすすめの品:ランドセル、学習机、図鑑、本、地球儀、文房具、リュック、靴、ハンカチ、洋服、雨具



・中学校・高等学校の入学祝い

中学生・高校生への入学祝い選びのポイントは、子供扱いせずに大人っぽい品物を選ぶように意識することです。この年齢になると趣味や個性もはっきりしてくるので、贈る相手の好みに合わせて選ぶことが重要です。事前に本人に希望を聞いてみるのもいいですし、親しい間柄ならいっしょに買いに行ってもいいでしょう。

おすすめの品:辞書、電子辞書、定期入れ、腕時計、財布、ハンカチ、名前入りのボールペン、ポーチ、革靴



・大学・専門学校

大学・専門学校は、一人暮らしをするのか、親元から通うのかによって、新生活の変化に大きな差が出ます。一人暮らしを始める人には、新生活で必要な物をプレゼントするといいでしょう。洗濯機や冷蔵庫という大きな電化製品は値が張りますが、コーヒーメーカーや電子レンジ、掃除機などは贈りやすい価格の物が多くそろっています。ただし、すでに本人が買いそろえている場合もありますので、やはり事前に確認してから贈るようにしましょう。 冠婚葬祭に欠かせないスーツや靴、銀行口座の開設などで必要になるハンコなども、大学生に贈るのにおすすめのアイテムです。例えば、スーツなら数年後の就職活動にも使える柄や色にするなど、将来的にも役立つ物にするといいでしょう。

おすすめの品:アクセサリー、化粧品、新生活で使う家電(コーヒーメーカー、電子レンジなど)、電子辞書、スーツ、靴、ハンコ、手帳


入学祝いで一番避けたいのは、すでに持っている物を贈ってしまったり、学校指定の学用品などが用意されているため、学校に持っていけない物を贈ってしまったりすることです。
このような事態を避けるために、受け取った人が自由に使える現金や図書カード、商品券、ギフトカードを贈るのもいいでしょう。
また、すでに持っている物や、贈られた物との重複を避けるには、好きな物を選べるカタログギフトが最適です。子供の好みがわからない場合にも使えますので、こちらも人気のギフトとなっています。



入学祝いをもらったら?


入学祝いは子供のお祝いなので、基本的にお返しをする必要はありません。もっとも、「お返しをしてはいけない」というルールはないので、お返しをしたい気持ちがあれば「入学内祝い」として贈っても構いません。

入学祝いをもらったら、できるだけ早く、お礼の電話をするかお礼状を送りましょう。どちらの場合も、子供本人からもお礼を伝えることがポイントです。
手紙の場合は、子供にもお礼状を書かせて、親のお礼状といっしょに贈ります。もし、まだ字が書けなければ、絵を添えても構いません。 電話の場合でも、途中で子供本人に代わって、直接「ありがとうございました」と言葉を伝えるようにしましょう。

入園・入学は、基本的には家族・親戚のお祝い事ですので、友人の子供に入学祝いを贈らなくても失礼にはあたりません。しかし、子供の成長をいっしょに喜びたいという思いから、友人の子供にもちょっとした入学祝いを贈る人は、近年増えているようです。
せっかく贈るからには、両親にも子供本人にも喜んでもらえる、気持ちがしっかり伝わる贈り物にしたいものです。これまでにご紹介した、入学祝いを贈る時期や贈り方、品物の選び方などを参考に、素敵なプレゼントを探してみてください。