結婚式の引き出物はこれで決まり!
引き出物人気ギフトランキング


結婚式の「引き出物」は、新郎新婦から披露宴に出席してくれたゲストに感謝の気持ちを込めて贈る、大事な記念品でありお土産です。 しかし、年代も背景もさまざまな人が集う披露宴で、一人ひとりに喜んでもらえる引き出物を用意するのはたいへんなことです。引き出物をどうするかは、新郎新婦にとって悩みの種でもあります。
そこで、引き出物に関する悩みの解決に役立つ基本マナーや、「もらってうれしい」引き出物のランキングのほか、人気のアイテムをまとめてご紹介します。





引き出物の基本マナー


引き出物の歴史は古く、元々は平安時代の貴族の宴席で、主人が招待客をもてなすために庭に馬を引き出し、客に贈ったのが始まりとされています。
時代が経つにつれて、徐々に「宴会の出席者に配るお土産」という形で定着し、明治時代に入ると結婚式の普及とともに、次第に庶民にも広がるようになりました。第二次世界大戦を経て、1980年代頃までは「結婚式のめでたさや幸福を招待客の家族にもお裾分けする」という意味を込めて、招待客に宴席料理の一部を持ち帰ってもらうのが引き出物の定番でした。
しかし、バブル崩壊後、この習慣は変化し、今日では新郎新婦または両家から披露宴の出席者に「お土産」または「記念品」として渡す物として定着しています。

引き出物を贈る際の細かいルールは、地域や家庭によって、違いが大きいのが特徴です。
全国共通の傾向は、かける金額は披露宴の飲食代金の3分の1から半額程度が目安になります。メインとなる品物のほかに、「引き菓子」と呼ばれるお菓子をつけて渡す物とされています。以前は、ゲスト全員に同じ物を渡していましたが、最近では、新郎新婦との関係性や性別などによって、ゲストを2~5つほどのグループに分け、それぞれ別の引き出物を用意する「贈り分け」が主流になっています。
品物は実用的な物が好まれ、また披露宴当日にゲストに渡して持って帰ってもらうという性質上、かさ張らず持ち運びがしやすい大きさであることが重要なポイントになります。

ただし近年では、「引き出物宅配サービス」が登場したため、「当日、ゲストに持ち帰ってもらう」という引き出物の常識は、必ずしもあてはまらなくなってきました。引き出物宅配サービスは、披露宴当日には引き出物を渡さずに、後日ゲストの自宅に宅配するというものです。新郎新婦の側の「遠方からの出席者に気兼ねしなくて済むのがうれしい」「渡し間違える可能性がないので便利」という感想や、ゲスト側からの「足元が悪い日などは、特に荷物が少なくて助かる」「(みんな同じ袋なので)二次会に出席しているうちに、自分の引き出物がどこかに行ってしまうことがなくなった」といった声があり、注目を集めています。

しかし、賛成意見ばかりというわけではなく、「披露宴当日に手ぶらで返すのは失礼にあたる」と考える人も多いですし、「業者がダンボールで梱包された引き出物を届けてくれるのは興ざめ」「後日届くので、結婚式の感動が薄れる」という声も根強くあり、引き出物宅配サービスはまだそれほど市民権を得ているとは言い難いのが現状です。高齢の方や遠方からのゲストが多い場合はいいかもしれませんが、取り入れる場合には、出席者や親族への配慮が必要といえるでしょう。



「カタログギフト」は引き出物に最適!


これまでご紹介したように、引き出物選びのポイントとして重要なのは、「実用性」があり「かさ張らない」品であることです。この2つを満たし、幅広い年代に人気の品物は、何といっても「カタログギフト」です。

カタログギフトの魅力と最大のメリットは、「自分で好きな物を自由に選べる」ことです。ほしい物を選べるので無駄がなく、何にしようか選ぶ楽しみがあります。また、自分では買わないようなアイテムを選べるのが楽しいことなどが人気の秘密となっています。加えて、かさ張らずに持って帰れるので便利だということから、多くの人に支持されています。

贈り手である新郎新婦側から見れば、ゲスト全員の趣味に合ったぴったりの物を贈るのは、不可能ではないにしても至難の業です。例えば、食器を贈るなら、家族構成やブランドの趣味などを知っておかなければいけませんし、スイーツや食べ物を贈るなら、食の好みや糖尿病などで食事制限がないかなども、事前に確認しておく必要があります。この難しい問題を、ゲストに選択を委ねることで解決してくれるカタログギフトは、何かと忙しい新郎新婦にとっても、非常にうれしい物といえるでしょう。

カタログギフトは金額や中身が変わっても大きさは変わらないので、贈り分けがしやすいというメリットもあります。一般的には、友人・同僚向けには3,000円相当、親戚や上司向けには5,000円相当のカタログギフトを贈ることが多くなっています。また、グルメ専門カタログや体験専門カタログなど、相手の好みに合わせて内容を変えることもできます。



引き出物に人気のある「ハーモニック」カタログ掲載商品ベスト5


カタログギフトは、同じ3,000円相当コースでもスイーツ、グルメ、コスメ、ファッション、キッチン用品、テーブルウェア、スポーツ用品、体験型アクティビティなどが満遍なく掲載された「総合カタログ」もあれば、ブランド食器やキッチン用品、アクセサリーなどを掲載し、ひと目で結婚式の引き出物とわかる、美しい写真を多く使った「ブライダル専用カタログ」など、さまざまな種類があります。

5,000円相当コースだとさらに選択肢は広がり、47都道府県の名産品を集めたカタログや洋風グルメ・和風グルメの専門カタログ、オーガニック素材の食品やキッチンツールなど、女性に人気のアイテムを集めたカタログなどよりどりみどりです。例えば、友人や同僚には約1,750点と品数豊富な総合カタログ、年配の方には品数約310点のグルメ専門カタログというように贈り分けることで、気遣いを示すことができます。

それでは、ハーモニックの物品カタログに掲載されている商品で、引き出物に人気のベスト5を紹介しましょう。

第5位 ロクシタン シア モイスチャーセット
南仏プロヴァンス地方の暮らしをテーマにした人気ブランド「ロクシタン」のスキンケアセットです。そのブランド力と、受け取る人を選ばない汎用性の高さが人気です。

第4位 フローズンキューブ 二重タンブラー&キューブ2P
凍らせると氷の代わりになる金属のキューブ2個と、二重構造のタンブラーのセットというおもしろい商品で、ブライダルフェアなどでもよく展示されています。 結婚式の引き出物は縁起物ですから、昔は「割れる」や「壊れる」につながる、食器やガラス製品はタブーとされていました。しかし、最近ではあまり気にされなくなり、食器類やガラス製品も引き出物の定番となっています。
特に人気があるのは、「ウェッジウッド」や「ノリタケ」といったブランドメーカーの高級食器です。「普段使いとして自分では買わないけれど、素敵なデザインで使い勝手がいい物」が好まれる傾向にあります。

ただし、ブランドやデザインには好みがありますし、贈る相手の家族構成を知らなかったために、必要な枚数が足りなかったりすると、かえって失礼になりますので、食器類を贈る場合は、事前に情報収集をしておきましょう。

第3位 カタログギフト5,000円コース
5,000円相当のカタログギフトは、ベーシックカタログ「テイク・ユア・チョイス」シリーズの「ローズ」をはじめ、良質な和のアイテムをそろえた「日本の贈り物」シリーズの「橙」、ブライダル専用カタログ「ラ・マリエ」シリーズの「ラディアント」、グルメに特化した「ア・ラ・グルメ」シリーズの「レッドアイ」など、さまざまな種類から選ぶことができます。
3,000円コースのカタログに掲載されているブランドでも、よりグレードが高い物を紹介しています。おもに上司や親戚向けに使われることが多く、3,000円コースと同じく贈りやすさが人気です。

第2位 至福タオル タオルセット
木箱に入った今治タオルのセットです。今治タオルが持つブランド力と高級なイメージ、手触りの良さに加え、タオルはいくつあっても困らないので、ほとんどの人に歓迎されます。
タオルやコンパクトな日用品は、どの家庭にも必ずあり、実用性のあるアイテムであることや軽くて持ち運びが負担にならないことなどから人気があります。これらを贈る場合は、見た目に上品なデザインで、自分ではなかなか買わないようなちょっと高級な物を意識するといいでしょう。

第1位 カタログギフト3,000円コース
3,000円相当となるベーシックカタログ「テイク・ユア・チョイス」シリーズの「アマリリス」は、約1,750点のアイテムを掲載。「ロイヤル コペンハーゲン」や「ウェッジウッド」「ル・クルーゼ」の食器、「ダロワイヨ」のマカロンや「ゴディバ」のチョコレートといった、ブランドキッチン用品からスイーツ、コスメ、温泉ギフト、アウトドア、ガーデニング、ベビー用品、グルメまで、バランス良くまとまっています。
どんな人にも好まれる贈りやすさが人気で、おもに友人向けの引き出物として使われています。



誰もが喜ぶ贈り物を目指して進化するカタログギフト


昔と違って、今は世の中に物があふれており、好き嫌いや趣味の個人差が広がっているので、誰もが喜ぶ贈り物をすることは難しくなってきました。また、近隣の地域での結婚が多かったころに比べ、地域や国を越えての結婚も増えてきた現代では、同じ物を贈っても、すべての人に喜んでもらうことは難しくなっています。ゲストの年代・性別による引き出物の贈り分けが主流になっていることやカタログギフトの人気の高さも、そんな状況を表しているといえるでしょう。

そんな中、ゲストの趣味・嗜好の多様化に合わせて、よりその人に合った物を選べるように、カタログギフトにも変化が起こっています。「BEAMS(ビームス)」などのブランドオリジナルの商品をそろえたカタログや、50~60代の女性を対象に上質な物をそろえた「家庭画報」とのコラボカタログ、エコ&ナチュラルがテーマのカタログなど、個性的なカタログが次々と登場し、より気持ちを伝えやすくなっています。

新郎新婦はゲストのためを思ってカタログを選び、ゲストはそこから自分の好きな物を選ぶ。そんな心遣いが感じられる引き出物の選び方はいかがでしょうか。