結婚内祝いのマナー|知っておきたい贈り方のルールとトレンド


披露宴に招待できなかった人や、招待したものの事情があって欠席された人から結婚祝いをいただいた場合、「結婚内祝い」を贈るのがマナーです。しかし、いったい何を贈るべきなのか、披露宴の出席者に渡す引き出物と同じでも構わないのかなど、お悩みの方は多いのではないでしょうか。
結婚を祝福してくれた人たちに、感謝を込めて贈る「結婚内祝い」を成功させるために、贈り方のルールから、喜んでもらえる品物の選び方、トレンドまでをまとめてご紹介します。





基本は「実用的」で「自分ではちょっと買わないような少し高級な物」を選ぶ


結婚内祝いのトレンドについて見ていくまえに、基本的なルールをおさらいしておきましょう。

結婚内祝いを贈る時期は、挙式から1ヵ月以内が一般的です。金額は、結婚祝いでいただいた品物の半額程度が目安となります。もし、どのくらいの値段なのか見当がつかない物をいただいた場合は、大まかな予想で構いません。贈る物は、披露宴の参加者に渡した引き出物とまったく同じ品を贈っても構いませんが、実用的でありながら「自分ではちょっと買わないような品物」を選ぶのが、喜ばれる贈り物をするコツです。

贈る際には、紅白10本の「固く結ばれ解けない」ことを意味する結び切りの水引が描かれたのし紙を掛け、表書きは「内祝い」か「結婚内祝い」とします。その下に書く名前は、二人の新しい姓のみでも、夫婦連名にしても構いません。ただし、品物を贈るだけでなく、いっしょに手紙を添えるか、内祝いを贈るより先に先方に着くように、手紙を別に出すのがマナーです。


個人の趣味に走りすぎた品物はNG

「結婚内祝い」の内容は、基本的には実用的な物がいいとされている程度で、特に細かいルールはありません。しかし、受け手の立場になって考えると、次の4つのどれかにあてはまる物は避けたほうがいいといえます。

・大きすぎる
自宅が狭い人に観葉植物を贈ったり、一人暮らしの人に日持ちのしないグルメの詰め合わせを贈ったりするなど、相手のスペースや状況を考えずに大きな物を贈ってしまうのはNG。
相手の環境を考えて、負担にならない物を贈ることが大切です。

・全員に同じ物を贈る
ひと昔前までは、結婚祝いのお返しといえば、誰でも同じ物を贈るのが一般的でした。
しかし、当然贈り主の状況は一人ひとりまちまちで、一人暮らしの人もいれば大家族の人もいますし、年代も性別もさまざまです。
そこで、今では贈る相手の家族構成や好みに合わせて、何種類かの品物を贈り分けするのが主流となっています。どれくらい細かく分けるかは人それぞれですが、例えば親族・上司と同僚・友人の2つに分けたり、関係性や性別、年代などでもう少し細かくパターンを設定したりするのがおすすめです。

・あまりに個性的な物を贈る
「結婚内祝い」は、二人の結婚の記念品でもありますから、個性的な絵画やインテリア、雑貨など、こだわりの品を贈ることが悪いわけではありません。しかし、いくら自分たちは気に入っていても、受け手の自宅の雰囲気や好みに合わなければ意味がないので、あまりにも個性的な物を贈るのは避けましょう。二人の名前や似顔絵入りのグッズを贈る際にも、同様の注意が必要です。

・商品券を贈る
商品券は現金に次ぐ実用性の高い贈り物であり、贈ること自体は悪くはないのですが、金額がダイレクトに伝わってしまうという問題があります。例えば、10,000円相当の品をいただいたと思い5,000円の商品券を送ったけれど、実際は20,000円相当の品だったという場合は失礼にあたります。
現金をいただいた場合や高価な品をいただいて、品物で返せない場合のお返しに商品券を使う分には問題ないのですが、それ以外は避けたほうが無難でしょう。

●空気清浄機・加湿器
「これまでは、空気がきれいかどうかをさほど気にしていなかったけれど、子供が生まれてから使うようになった」という人が多く、特に出産を計画している二人に喜ばれるアイテムです。
キッチン用品と同じく、すでにある物を贈ってしまわないように、また本当に必要な物をプレゼントできるように、事前のリサーチは必須です。


現在の「結婚内祝い」人気ギフト

実用的でちょっとした高級感が求められる「結婚内祝い」。
最近ではどのような商品が人気なのでしょうか。結婚内祝いの最新トレンドをご紹介します。

●グルメギフト
食べ物という実用品でありながら、自分ではちょっと買わないような高級グルメは、まさに結婚内祝いにぴったりのギフトです。「飛騨牛」や「松阪牛」などの高級肉から一流料亭の味の詰め合わせ、高級フルーツ店のデザートセットなど、さまざまな種類がありますので、受け手の好みに合わせて選ぶといいでしょう。
特に親戚や兄弟、上司などから高額の結婚祝いをいただいた場合のお返しに適しています。

●ブランドの食器やタオルなど
食器やタオルは自分でそろえようとすると、意外と後回しになってしまうものです。
そこで、ブランド食器や「今治タオル」といった有名ブランドのタオルも、結婚内祝いとして人気があります。食器は、イギリス王室御用達の「ウェッジウッド」や、デンマーク王室御用達の「ロイヤルコペンハーゲン」のほか、「王者たちのクリスタル」と称される「バカラ」などの洋食器はもちろん、焼き物や漆塗りなどの和食器も人気があります。価格帯も5,000~20,000円程度と幅広いので、さまざまなケースで選ぶことができるのも魅力です。家族が多い人には食器のセット、友人夫婦には2個セットのタンブラーといった選び方もできます。

●土地の名産品
例えば、北海道なら海産物やスイーツ、佐賀県なら焼き物というように、新郎新婦の出身地やゆかりの土地の特産品を贈ることは徐々に人気が高まりつつあります。二人の出身地が違う場合は、お互いの親戚に、もう一方の出身地の特産品を中心としたギフトを贈るのもおすすめです。

●スイーツや食品
和菓子・洋菓子やドレッシングの詰め合わせ、クッキーやチョコレートなどの詰め合わせなど、少し高級な食品の詰め合わせは、根強い人気のある定番ギフトです。価格帯としては2,000~5,000円ぐらいの物が多いので、友人や知人へのお返しに最適でしょう。
お酒が好きな人にはビールやシャンパン、洋菓子が好きな人にはクッキー、和菓子が好きな人には水菓子など、同じ予算の中で選べる商品が多いので、贈り分けに便利です。

●カタログギフト
受け取った人が自分で商品を選べるカタログギフトは、実用性も十分ですし、何より自分で選ぶという楽しみがあることから、流行に左右されない定番ギフトのひとつです。
価格帯ごとに細かくコースに分かれていますので、半額返しもしやすいですし、大きすぎて受け取った人の邪魔になることもありません。
また、同じ価格帯でも、グルメや旅行、オーガニック製品に特化した物、ベビー向け商品をたくさん集めた物など、さまざまなコンセプトのカタログが用意されていますので、個人の好みや家族構成に合わせて贈り分けをすることも簡単にでき、贈り手の配慮や個性を伝えることもできます。結婚内祝いのギフトで迷ったら、最初に検討してみるのがおすすめです。


「結婚内祝い」の贈り物を成功させるのに大事なことは、自分の贈りたい物を優先させるのではなく、受け手の立場になって、どういう物ならうれしいかを考えてみることです。
その上で「実用的」且つ「自分のためには買わないけれど、あるとうれしい」、ちょっと高級感のある物を選択するのがポイントです。

昔はグルメやスイーツなど、形の残らない物はマナー違反だとする地域もありましたが、今は問題にされず、むしろ高級グルメや滅多に食べることのないスイーツなどは歓迎されています。
ただし、地域によって多少の違いはありますので、贈り物を選ぶ際には地域の習慣や伝統にお気を付けください。