「内祝い」って何?その意味や意義を知って喜ばれる贈り物を



結婚祝いや出産祝いなど、「お祝い」とセットで語られることの多い「内祝い」ですが、本来はどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。また、内祝いとは、どのようなときに贈るものなのでしょうか。
あいまいな理解のまま内祝いという言葉を利用して失礼にあたることがないよう、内祝いの意味や、「お返し」との違いについて知っておきましょう。





内祝いとは?


内祝いは、「身内の中で起こったおめでたいことや、喜びをお裾分けする」という意味の言葉です。
ですから、本来は「お返し」という意味は内祝いにはありません。近所の方や、日頃お世話になっている方、親族などに、喜びのお裾分けとして贈り物をするのが内祝いなのです。

しかし昨今では、いいことがあったからといって、お祝いをいただいていない方に対して内祝いを贈るということはあまりしません。これは、いただいたお祝いへのお返しとして内祝いを利用することが多くなったためで、かえって「お祝いをしなければいけないのか」と気を使わせてしまうことにもなりかねないため、安易に利用することは控えたほうが良いでしょう。
また、いくらお返しの意味合いが強いといっても、お返しという言葉を使うのは失礼にあたるため、内祝いに添えるお礼状などにも、そのようなことは書かないように気を付けなければいけません。



内祝いの種類

内祝いには、さまざまな種類があります。次のような事柄については、内祝いという形で返礼品をお贈りするケースがあるということを覚えておきましょう。

・結婚内祝い

披露宴にお招きした方のご祝儀に対しては、披露宴でのお食事や引き出物がお返し代わりとなるため、それ以外に内祝いを贈る必要は原則としてありません。お招きできなかった方からお祝いをいただいたときは、内祝いとして半額程度をお返しするのがマナーです。



・出産内祝い

おもに、出産祝いをいただいた方に出産内祝いを贈ります。この場合も、いただいたお祝いの半額を目安にするのがいいでしょう。 内祝いは、お祝いをいただいた人の名前で贈るのが基本ですが、出産内祝いに関しては、いただく際は出産をした母親の名前、内祝いは生まれて来た赤ちゃんの名前で贈るという特徴があります。間違えないようにしましょう。



・新築内祝い

新築や引越しをしたときに、お祝いをいただくことがあります。こうしたお祝いに対しては、「新居に招く」ということがお返しになります。家にお招きして、おもてなしをすることで感謝の気持ちを表しましょう。予定が合わなかったり、遠方で自宅に招けなかったりした場合は、内祝いとして半額程度のお返しをします。



・開店、開業内祝い

お店や事務所などの開店・開業祝いをいただいたときのお返しは、セレモニーを開催するかどうかによって異なります。お祝いのパーティーを開く場合は、そこに招待することがお返し代わりになります。また、招いた方がお帰りの際には、簡単な引き出物をお渡しするといいでしょう。このような会を開かない場合や、来られなかった方に対しては、内祝いやお礼として品物を贈ります。この場合も、予算はいただいた物の半額を目安にしましょう。



・快気内祝い

病気に対してお見舞いをいただいたときは、病気が治癒してから1~2週間ほどあとに、快気祝いとしてお返しをします。また、快気祝いが一般的ですが、快気内祝いとするのも誤りではありません。なお、病気が全快していないという場合は、お礼とするのがよいでしょう。



そのほか、就職や昇進、退職、子供のお祝い事など、お祝いをいただくシーンは多々あります。こうしたお祝いのお返しをする場合も、内祝いが使われることがあります。これは、お返しという言葉が失礼にあたるためです。



内祝いにふさわしい品物選び


内祝いには、食品類やソフトドリンク、日用品など、気軽に使えて好き嫌いの少ない物が好んで選ばれます。また、出産内祝いであれば赤ちゃんの体重分のお米や写真がプリントされたお菓子、取引先からいただいた開業祝いへのお返しであれば、社内で分けられる小分けのスイーツなど、お贈りする相手や内祝いの名目によっても、適した品物は変わります。

以前は、仏事に利用される緑茶などは、お祝い事には適さないとされてきました。また、別れを想起させるハンカチも、お祝いには不向きという考え方もありますし、足で踏むことから、目上の方への靴や靴下のプレゼントも失礼にあたるとされています。

このように、タブーとされる品物は多岐にわたります。受け取られた方に嫌な思いをさせないよう、贈り物にふさわしくない物については避けるようにしましょう。 何がいいかわからない場合は、カタログギフトや商品券などを利用するのも便利です。

なお、親族などから半返しが難しい、高額のお祝いをいただくこともあります。
このような場合は、律儀に半額をお返しすると、かえって気を使わせてしまうこともあります。
両親などに相談した上で、3分の1程度や、それ以下の金額に抑えて内祝いをお贈りし、改めて直接お礼に伺ったり、写真や手紙をこまめに送ったりするといった形で感謝の気持ちを表すのもいいでしょう。