「引き出物」を贈る際はここに注意!
知っておきたいエチケットと喜ばれる気配りの仕方

結婚式の準備のために考えなければいけないことは数多くありますが、
中でも頭を悩ますのが結婚式の引き出物です。

友人の結婚式でもらった引き出物を「これどうしよう…」と悩んだ経験があるだけに、「自分たちの結婚式では喜ばれる物を選びたい!」と思っている人は多いのではないでしょうか。
引き出物に悩んだときには、一度その原点に立ち返って考えてみるのがおすすめです。

結婚式の引き出物の由来から、贈る際のエチケット、選び方、喜ばれる気配りまで、引き出物を贈るときに押さえておくべきポイントをまとめてご紹介します。




そもそも「引き出物」とは?


現在の結婚式の引き出物は、結婚式に出席したゲストに対し、新郎・新婦から感謝の気持ちを込めて贈る「記念品」であり「お土産」です。

その起源は平安時代までさかのぼることができます。元々は貴族が、宴に参列した客をもてなし、感謝の意を示すために、庭に引き出した馬を贈ったことが由来とされています。

「引き出物」の習慣はその後も受け継がれ、貨幣が流通し始めた室町時代には「馬の代わり」という意味の「代馬」という名前で、宴会の出席者にお土産が配られるようになりました。
戦国時代の武家では、武運が高まるようにとの意味を込めて、武具が贈られるようになったといわれています。

庶民に広がったのは明治以降で、結婚式の広まりとともに、多くの人たちがこの習慣を取り入れるようになりました。
戦後、昭和後期までは、ゲストの家族にまで福が及ぶようにとの願いを込めて、ゲストに宴会料理の一部を持ち帰ってもらうのが「引き出物」の定番でした。

しかし、バブル崩壊後、平成に入るとこのスタイルは徐々に変化し、現在のように結婚式の「記念品」または「お土産」として、新郎・新婦または両家からゲストに品物を贈るというスタイルが定着し、今に至っています。



「引き出物」のルールは地域差が大きい


「引き出物」の内容や贈り方は、地域や家のやり方が色濃く反映され、「こうするのが正解」というものはありません。

ただし、金額については全国共通で、列席者一人あたりの飲食費の3分の1から半額程度が目安とされています。なお、品物には「引き菓子」と呼ばれるお菓子をつけて贈るのが普通です。
品数は「分ける」や「別れる」を連想させる偶数を避け、同じ理由でガラスや陶器などを避けるのも、全国共通で見られるルールです。
そのほかの細かいルールとしては、ひとつは新郎・新婦名に、もうひとつは両家名にして2品贈るところもあれば、両家名または新郎・新婦名だけで1品を贈るところもあります。

しかし、このような結婚式のルールも、地域を越えた結婚が増え、しきたりよりも実用性が重視されるようになった現代では、徐々に変わってきています。例えば、現在の結婚式では引き出物にティーセットなどの食器が好まれるようになったり、昔から縁起物として使われてきたかつお節がさほど重要視されなくなったりしてきたのは、その表れといえるでしょう。
ただし、食器など、昔はタブーであった品物を引き出物にした場合、年配の方などから「割れ物を引き出物にするなんて」と眉をひそめられる場合もありますので、引き出物を選ぶ際には、地域や贈る相手の年代に配慮する必要はあります。

昔に比べると、違った地域出身で、違った考えを持つ人同士が結婚する機会が増えており、披露宴の出席者の中にも、さまざまな年代・地域の人がいますので、ゲスト全員を満足させることは難しくなってきているのが現状です。



引き出物は「持って帰ってもらえること」が前提


引き出物ならではの特性として、「披露宴当日にお土産を持って帰ってもらうものである」ことが挙げられます。友人の結婚式など、いくつかの結婚式に出席した経験のある人の中には「結婚式の引き出物は、個性がなくてつまらない」と感じた人もいるのではないでしょうか。

そのおもな原因は、引き出物が「当日に持って帰ってもらう物」であるからなのです。

引き出物は結婚式の「記念品」または「お土産」という位置付けですから、披露宴の当日にゲストに渡して持って帰ってもらう必要があります。そうなると、必然的に手軽に持ち運べる重さと大きさの物でなくてはなりませんから、どうしても似たり寄ったりのアイテムになってしまうというわけです。

ただし、最近のトレンドとして、ゲストの自宅に引き出物を宅配便で贈る「引き出物直送便」が増えており、必ずしも「引き出物=お持ち帰り」の図式は成り立たなくなっています。
贈り主からすれば、重さや持ち運びに配慮しなくていい分、品物の選択の幅が広がりますし、もらう側からすれば持ち運びの手間が省ける。つまり、双方にメリットがある方法なので、今後も増えていくことが予想されます。



地域差や年代差を越えて好きなものを選んでもらえる「カタログギフト」はおすすめ


これまで見てきたように、引き出物は「地域や年代の異なるゲスト全員に喜ばれる選択が難しい」ものであり、基本的には持って帰ってもらう以上、重さや大きさに制約がある物であることから、何を贈ればいいか非常に悩みます。

そこで、これら2つの問題点を解消できるものとして引き出物の定番となっているのが「カタログギフト」なのです。

友人の結婚式の引き出物などでもらったことがあるかもしれませんが、カタログギフトとは、贈り主は予め、価格帯別・ジャンル別にさまざまなアイテムが掲載されたカタログを贈り、受け取り主がカタログの中から自分の好きな物を注文するというサービスです。
登場したのは1980年代後半と比較的新しく、引き出物が「料理の折り詰め」から「記念品」へと意味を変えていく中で、「何を贈ったらいいか迷ってしまう」という、贈り主の悩みを解消するために生まれました。

そのメリットはいくつかありますが、まずは受け取り主に好きな物を選んでもらえることが最大のメリットといえるでしょう。品物を贈る場合、例えばスイーツを贈るなら、ゲストに糖尿病などで食事制限がないかを事前に確認しなければいけませんし、グラスや茶器などの食器を贈る場合は、割れ物を引き出物にすることがマナー違反にならないかどうか事前に確認する必要があります。

しかし、カタログギフトは、数多くのアイテムの中から自分の好きな物を選んでもらえますので、このような年代差のみならず、地域差にも対応でき、確実に喜んでもらえる品を届けることができるというわけです。

また、持ち運ぶのにもかさ張らず、それでいて適度な大きさ・重さがある点からも、カタログギフトは引き出物にぴったりの品だといえるでしょう。



カタログギフトは最近の主流である「贈り分け」にも最適!


披露宴に出席いただけるゲストは、親戚に上司、同僚、友人と、背景も年代もいただいたお祝いの額もバラバラの人たちです。昔は全員に同じ引き出物を贈るのが普通でしたが、それでは全員が喜ぶ品物を贈ることは難しいでしょう。

そこで現在は、友人や同僚、上司、親戚など、ゲストをいくつかのグループに分け、それぞれのグループごとに品物や金額を変えた引き出物を贈る「贈り分け」が主流になっています。
一人ひとりの趣味や個性に合わせて、贈り物を準備できればいうことはありませんが、さすがにそれは非現実的ですので、「友人・同僚」と「上司」「親族」の3つに分けるパターンや、性別によって分けるパターンなど、2~3種類に分けるのが一般的です。

カタログギフトのもうひとつの利点は、このような贈り分けとも非常に相性がいいことです。
一口にカタログギフトといっても、低価格帯では約500円刻みで、高価格帯では10,000円刻み程度で、幅広い価格別のラインナップがあります。その範囲は、2,500円相当から10万円以上相当まで、通常の引き出物として使われる範囲はほぼ網羅されています。

内容も、食器や衣服、キッチンツール、バス用品など実用的な物から、ブランドコラボのスキンケア用品やスイーツまで、幅広くそろったカタログもあれば、多くの女性が好むオーガニック素材や自然食品を集めたカタログ、全国のグルメに特化したカタログ、ホテルの宿泊券や日帰り温泉の利用券といった旅行関係の商品を集めたカタログなど、豊富な種類があります。
贈る相手に合わせて選ぶことで、新郎新婦の心遣いを伝えることもできるでしょう。

加えて、掲載されたアイテムの価格やカタログの種類が変わっても、カタログの厚さや重さに大きな違いはなく、見た目は同じでありながら内容を変えられますので、ゲスト同士に余計な思いを抱かせないで済むという点もメリットです。

カタログギフトには、おもに次のようなものがあります。





カタログギフト

・ブライダルコース


ブランドとのコラボスイーツからアクセサリー、財布やバッグなどの身の回りの品々、クルーズ船の乗船券、日帰り温泉の入浴券、キッチンツール、美容用品、インテリア用品、ベビー用品、お取り寄せ食材まで、さまざまな品物を網羅した定番のカタログ。






カタログギフト

・グルメコース


有名料理店やレストランのお取り寄せ品など、グルメに特化したカタログです。和食・洋食はもちろん、天然野菜や果物などの素材も含まれ、食事制限などがある人のニーズにも合うように配慮されています。また、人気レストランの食事券なども載っています。






カタログギフト

・日本の贈り物コース


日本全国47都道府県の名産や特産品を集めたカタログです。旅する機会でもなければ知らなかった名産品に出合う楽しさや、現地へ行かなければなかなか手に入らない品を手に入れられるうれしさがあります。





年代や地域がそれぞれ異なる多彩な披露宴のゲストに対して、それぞれが納得する品物を用意するのはたいへんです。引き出物を決める際には、地域や家々のルールを踏まえた上で、カタログギフトも検討してみてはいかがでしょうか。