カタログギフト掲載商品・ブランドのご紹介
<加島屋>

新潟の食文化を受け継ぐ、老舗の味。

加島屋は安政2年(1855年)、信濃川や阿賀野川で穫れる鮭や鱒などの塩干物を商う店として創業しました。
明治20年代には地元の酒蔵の酒粕を利用した鮭、筋子、鱈の子の粕漬けを日常のお惣菜として売り出しました。現在の看板商品である「さけ茶漬け」は昭和30年代、即席ブームが浸透していく中で、手作りの味をご家庭にお届けしたいとの願いから生まれた商品でした。
以来加島屋では、昔ながらの手作りの味を大切にし、しっかりとした素材を厳選し、新潟の風土や食文化の中から生まれ、受け継がれてきた郷土の味を作り続けてきました。
材料の吟味や丁寧な作業など、当たり前のことをいつまでも大切にし、多くの皆様に親しんでいただける新潟の味と、安全で安心な食品を提供していきたいと考えている加島屋がお届けするこの瓶詰セットは、白いご飯が良く合う一品です。

加島屋 瓶詰セット <左画像>
手塩にかけて漬込んだ脂ののったキングサーモンを丁寧に焼き上げてほぐした「さけ茶漬け」をはじめ、素材をいかした味わいの山海の幸を詰め合わせにしました。
一尾一尾を見極めて尾から頭に向かってしっかりと塩をすり込みます。
塩加減と熟成にかける時間が素材をより一層いかす決め手になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブランドは、下記のカタログギフトでお選びいただくことができます。
【 新潟の贈り物 】
詳しくは、各カタログギフトのWEBカタログにてご確認ください。
※価格帯により掲載のないコースもございますのでご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※この情報は、公開日時のものとなりますのでご了承ください。