快気祝いを贈る時期

退院直後は、病院から自宅への移動疲れや、生活環境の変化などで体調が落ち着かない場合もあるでしょう。また、通院が続くなど、回復までに時間がかかることも少なくありません。 「退院したのだから、すぐに快気祝いを準備しなければ」と焦ってしまうと、ストレスになってしまいますので、まずは自分の健康を取り戻すことを第一に考えましょう。

 

退院後、1週間から10日ほどすると、徐々に生活も落ち着いてくると思います。快気祝いは、そのころに贈る手配をするのがおすすめです。

 

なお、いくら毎日の生活が落ち着かないからといって、退院してから何ヵ月も経って「快気祝い」を贈るのは失礼です。退院後、1ヵ月以内には贈れるように準備を進めましょう。ただし、中には1、2週間のうちに贈るべきという風習の地域もあるため、詳しくは親族や贈答のマナーに精通した地元の人などに聞いておくと安心です。

 

※地域の慣習などにより異なる場合もあります。迷ったときは、ご両親・身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。

 

 

 

 → 快気祝い(内祝い)・お見舞い返しのマナー全般を詳しく知る

 

 

快気祝い・快気内祝い・お見舞い返し関連記事

お見舞い返しに商品券はNG?
内祝いの金額相場・おすすめの品物とは

        <質問> お見舞い返しに商品券を渡しても構いませんか?     <回答>   商品券は、そもそもお金の代わりに渡す物ですから、特に目上の人…

→記事を読む

快気祝いの相場と金額の目安

現在では、お見舞いをもらった人に対して快気祝いを贈ることが一般的になっています。そのため、快気祝いの相場も、もらったお見舞い品の金額から算出するケースが多くなっています。   …

→記事を読む

快気祝いのマナー・相場・時期
(快気内祝い・お見舞い返し)

「お見舞い」や「退院祝い」といった言葉はよく使われますが、「快気祝い」や「快気内祝い」は、やや聞きなれない言葉です。   どんなときに使うのが適切なのか、また、2つの…

→記事を読む

快気祝い・快気内祝い・お見舞い返しに人気のカタログギフト