出産内祝い

出産内祝いについてのマナー

出産内祝いの「時期」と「金額の目安」について

出産祝いをいただいた方へお贈りする出産内祝い。贈るタイミングはいつなのか、どのくらいをお返しするべきなのか、悩まれる方も多いと思います。
この記事では、一般的な出産内祝いの「時期」と「金額の目安」についてご紹介します。
 
※地域の慣習などにより異なる場合もあります。ご両親や身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談しましょう。
 


 
 

 1. 出産内祝いとは

 
内祝いは本来、「内々の祝い」「身内の祝い」という意味があり、お祝い事のあった人がその喜びを分かち合うため、親しい人や身内へ贈り物をすることでした。

 

現在は「お返し」の意味が強くなり、出産内祝いも「出産祝いをいただいた方へのお返し」という意味で使われるのが一般的です。


 
 

 2. 出産内祝いを贈る時期

 
赤ちゃんの生後1ヵ月の頃にお贈りするのが一般的とされています。地域によって異なりますが、ちょうどお宮参りの頃が目安になります。遅くても生後2ヵ月頃までには贈りましょう。

 

産後はなにかと忙しいので、贈り物選びや贈り先の確認などの準備はゆとりのある産前にしておくと安心です。
 
遠方の親戚や友人など、直接手渡しすることが難しいお相手には当サイトのようなギフト専門店などを通して配送しても問題はありません。ただし、そうした場合には事前にお返しの品をお贈りすることをお伝えしましょう。


 
 

 2-1. 贈るのが遅れてしまった場合

 
育児に手一杯で内祝いの時期を過ぎてしまった場合や体調が整わず贈るのが遅れてしまう場合、内祝いの品をお贈りする際にお詫びの言葉を添えたお礼状を一緒に贈ります。

 

出産内祝いのお礼状に適した便箋・封筒はこちら

 
お贈りする前には連絡を入れ、遅れたことのお詫びと内祝いの品をお贈りしたことを伝えるとより良いでしょう。


 
 

 2-2. 出産祝いをあとからいただいた場合

 
出産祝いは産後1ヵ月頃までに贈るのが一般的ですが、赤ちゃんの誕生をあとで知った方などに後からお祝いをいただくこともあります。
 
そういった場合は、その都度個別に内祝いを贈ります。
いただいてから1ヵ月くらいまでにお贈りすると良いでしょう。


 
 

 3. 出産内祝いの金額の目安

 
出産内祝いは、お祝いにいただいた額の半分程度を目安にお返しするのが一般的です。
 
いただいたお祝いの金額に関係なく、一律で品物を統一してもかまいません。金額が大きく異ならない場合は、一番多い金額の半分程度の品物を贈ってはいかがでしょうか。


 
 

 3-1. 高額のお祝いをいただいた場合

 
ご親戚などから高額のお祝いをいただくことがあります。
その場合は3分の1程度を目安にお返しします。
 
返しすぎるとかえって失礼になる場合があるので、気を付けましょう。
贈る相手との関係や地域の慣習など状況に応じてそれぞれ対応しましょう。


 
 

 4. まとめ

 
■出産内祝いを贈る時期
産後1ヶ月頃が目安。遅くとも産後2ヵ月頃まで。
ゆとりのある産前にある程度の準備をしておくと良い。
贈るのが遅れた場合は、お詫びの言葉を添えたお礼状を品物と一緒に贈る。
後からお祝いをいただいた場合は、その都度個別にお返しする。

 
■出産内祝いの金額の目安
お祝いにいただいた金額の半分程度が目安。
高額のお祝いをいただいた場合は3分の1程度が目安。返し過ぎに注意。

 

出産内祝いのマナーや選び方はこちら


 

ハーモニックでは、出産内祝い専用のカタログギフトをご用意しております。
詳細・ご購入はこちら→出産内祝い用カタログギフト「コロン」|ハーモニック[公式]

出産内祝いについてのマナー 関連記事

出産内祝いの「贈り先」について

出産内祝いを贈る対象は、出産祝いをいただいた人 出産内祝いは、以前は無事な出産を知らせる品として、身近な人やお世話になっている人たち全員に…

→記事を読む

出産内祝いの「お礼状」について

出産内祝いは、お礼状を添えて贈ります 出産祝いをいただいた方には、お礼のメッセージ(添え状)を同封し、出産内祝いを贈ります。出産祝いで品物…

→記事を読む

出産内祝いの「のし紙・表書き」について

出産内祝いには紅白蝶結びの水引ののし紙を使用し、 内祝いと表書きします 出産内祝いの品物を、贈り先様のご自宅へ持参する場合は、紅白蝶結び…

→記事を読む

PAGE TOP ↑