【出産祝いと出産内祝い】喜ばれる気配りと知っておきたいエチケット

LINEで送る
Pocket



出産祝いをいただいた場合、いただきっぱなしではなく、内祝いとしてお返しをするというのが一般的なマナーとなっています。 そこで、内祝いの相場やおすすめアイテムのほか、本来の意味などについてご説明します。





出産内祝いの金額とマナー


出産祝いをいただいた方に対して、内祝いとしてお返しをする場合、その金額が、いただいた金額を上回ることがあってはいけません。およそ半額程度を目安にお返しするのがポイントです。
なお、親族などから高額なお祝いをいただいてしまったときは、3分の1程度など、少なめのお返しでも問題はないでしょう。

ただし、内祝いはそもそもお返しという意味ではありませんから、内祝いに添えるメッセージカードには、お返しという言葉は使わないようにしましょう。もちろん、いただいた品に対する感想やお礼を書き添えることは問題ありません。

内祝いの品物には、紅白の蝶々結びの水引がついたのし紙を使います。表書きは「内祝」で、名前は誕生した子供の名前を書きしるします。双子の場合は、兄弟の順に右と左に並べて二人分の名前を記しましょう。

のしに名前を書くことは、子供の名前の披露も兼ねたものですから、名前の横にはふりがなを振ります。また、出産祝いをいただいた母親の名前などを、のしにしるす必要はありません。



出産内祝いのタイミング

出産内祝いは、お宮参りが終わった生後1ヵ月過ぎを目処に贈りましょう。
近隣の方や、お会いする機会のある方には、直接ご自宅に届けるのが丁寧です。

しかし、遠方の方や、都合が合わない方に対しては、郵送しても失礼にはあたりません。
ただし、品物だけを送るのではなく、メッセージカードなどを添付して、いただいた出産祝いへのお礼や、赤ちゃんの名前、現在の様子などを伝えるようにしましょう。

また、もしもお宮参りのあとで遅れて出産祝いや誕生祝いをいただいた場合は、いただいてから1ヵ月以内を目処に内祝いを渡すのが一般的です。もし、育児で忙しくてすぐに用意ができないという場合は、通信販売などを利用してお品物を手配したり、取り急ぎお礼状を出したりするようにしましょう。



出産内祝いのお品物選び


出産内祝いは、元々身内のお祝いのお裾分けであったという観点から、紅白まんじゅうなどの縁起物が多く利用されていました。しかし、昨今では、食べ物やタオルなどが選ばれることがほとんどです。

最近の傾向としては、より実用的で、ハイブランド、ハイクオリティな物が好まれるようになっています。定番の焼き菓子などのほか、自分ではなかなか買わない高級な食品類や、赤ちゃんの体重分のお米なども、内祝いの品物として利用されることが増えています。予算の範囲内で、相手に喜んでいただける品物を選びましょう。

品物の選び方のポイントとして、いただいた出産祝いを参考に、先方の好みを推しはかるという方法があります。ナチュラル系やシック系、ポップ系など、「何を良いと思うか」は人それぞれです。
親しい方であれば、その方の持ち物や日頃の言動などから、趣味や好みを推察するといいでしょう。
お贈りする方の家族構成や年齢についても考慮した上で、ふさわしい物を選びましょう。



悩んだときはカタログギフトが便利!


どのような物が相手に喜んでもらえるのかわからないという場合は、カタログギフトを贈るのもおすすめです。
カタログギフトには、一般的な商品が掲載されている物もあれば、グルメ関係やファッション関係など、ジャンルを絞った物もあります。「グルメに興味があることはわかるけれど、どのような食べ物が好きなのかまではわからない」という場合などは、ジャンルを絞ったカタログを贈ると、お楽しみいただけるのではないでしょうか。

カタログギフトは、金額設定の幅が大きいため、高額のお祝いをいただいてしまって、物でお返しをするのが難しいという場合にも便利です。商品券などでお返しをするのは、額面がはっきり見えてしまうので抵抗があるという場合は、カタログギフトを検討してみてください。
高額な宿泊券やレジャーチケットなども、通常は、相手の日程の都合やお好みなどを詳しくお伺いしなければ贈ることができません。しかし、カタログギフトであれば、このような商品であっても、先方にカタログが届いてから自由にお選びいただけるため、贈られる側にとっても都合がいいのです。



地域のしきたりに注意


地域によっては、出産内祝いとして決まった縁起物がある場合などもあります。遠方の方への内祝いに関しては、特にこのような地域のルールを気にする必要はありません。しかし、ご近所の方にお贈りする場合などは、このようなルールへの配慮も必要です。
特にご年配の方の中には、最近のカジュアルなお祝いに対して抵抗を感じられる方もいらっしゃいます。内祝いを考える際は、まず、地域のルールに詳しい身内や、年上の方にこのようなしきたりの有無について確認しておくと安心です。
お祝い事や贈り物は、粗相があるとその後の関係に長く影響してしまうおそれもあります。お受け取りになる方が不快に思われることのないよう、十分注意しましょう。



内祝い=お返しではない!?


出産祝いは、女性の無事の出産を祝うためのものです。一方の「内祝い」は、家庭の内部(=内)で起こったおめでたいことについて、日頃お世話になっている方や親族に対して喜びのお裾分けをするために行われるものです。そのため、出産祝いは多くの場合、出産を経験したお母様宛てに贈られますが、出産内祝いについては、生まれて来た赤ちゃんの名前で行われます。
つまり、お祝いをもらった本人(=お母様)が、お祝いに対するお返しとして、本人名義で内祝いを贈るというわけではありません。

とはいえ、贈る物の金額の決め方といった面から見ても、現在では、出産内祝いは出産祝いのお返しという側面が強くなっています。しかし、地域によっては、本来の内祝いの意味で、お祝いをいただいていない方に対しても内祝いを渡す慣習が残っている場合もあります。
ですから、もしも、お祝いを贈っていないのに内祝いをいただいてしまったとしても、「お祝いの催促かな?」「嫌味ったらしい」などと、ネガティブにとらえないようにしましょう。

内祝いをいただいて、初めて出産を知った場合や、お祝いをしたかったのに出産日から長く日が空いてしまったという場合は、出産祝いではなく、誕生祝いとしてお祝いを贈るのがおすすめです。
また、1歳のお誕生日祝いや、ご自宅を訪れた際のお土産としてなど、別の理由として渡すのもいいでしょう。 ただし、赤ちゃんはどんどん成長していくものですし、成長スピードにも個人差があります。お洋服などを差し上げるときは、サイズが合うかどうか、すぐに着られなくならないかといった点に配慮する必要があります。

出産祝いを贈っていないのに出産内祝いをいただいてしまうと、「早く何か買ってこなければ」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、最初にすべきことは、赤ちゃんの誕生を祝うことです。慌てて商品を探しに行くよりも、まずはメッセージカードなどを送り、お祝いの気持ちを伝えることが大切です。
きちんとお祝いをしたい気持ちがある場合や、高額な物をいただいた場合は、改めてお祝いを贈ることになるとは思いますが、こうしたやり取りは、「おめでとうございます」という気持ちの上にあるものだということを忘れないようにしましょう。


LINEで送る
Pocket